トップへ 山行報告INDEXへ

七種三山の  七種薬師(薬師峯)に登ってきた 

羽馬芳壽

11月20日   羽馬芳壽+一般2名

コ−スタイム 岡町 6:30 → 三枝草集落(路肩に駐車) 8:17 → 明王池 8:40 → 稜線 9:07 → 地獄尾根末端 9:40 / 9:55 → 地獄尾根上端 10:40 → 七種薬師頂上 11:05 / 11:45 → 薬師槍 12:20 / 12:25 → 休憩 12:45 / 12:47 → 397mピ−ク 13:22 / 13:30 → 板坂峠 14:00 / 14:04 → 車道 14:20 → 車 14:40 → 帰阪

 

いよいよマラソンシ−ズン突入。11月6日に「淀川市民マラソン」、13日には、阪急の始発で岐阜県まで行って「揖斐川マラソン」を走った。さすがに疲れた上、風邪気味。予定していた20日の天気はインタ−ネットによると「雨」、ありがたい休める。と思ったが、当日は快晴。

数年前、平日ハイクで新保さんに案内されて初めて登った「七種山」。その後、2回登り、登山靴が加水分解するアクシデントがあったものの、私にとって魅力ある山となった。その縦走路から眺めながら、コ−スや時間的に一気には登れかったのが、この「七種薬師」こと「薬師峯」である。

10月号の「山渓」の記事に掲載された記事によると、七種川の谷からではなく、一つ西側の谷、夢前川の支川の谷からがル−トとなっていた。夢前川は雪彦山を源流とする川である。

とにかく、晴れてしまったので、車で出発。渋滞もなく福崎ICから、前之庄に向かい、少し行き過ぎたが、登山口の三枝草集落につく。集落といっても、小さな集落を過ぎると牛舎と鶏舎ばかり、それも相当大規模な建物である。鶏舎は窓に目張りのような物が施してある。鳥インフルエンザへの対策だろう。空を流れる雲も見ないで、ただひたすらに卵を生みつづける鶏、この建物は、卵の製造工場でしかないのだ。

路肩に車を留め、鶏糞、牛糞の匂いに包まれながら歩きはじめる。20分ほどで、七種薬師を美しく水面に映す明王池に着く。この堤防を渡って山道に入り、登りが始まる。

のっけから急登。それも30分足らずで稜線にでる。七種槍への登りと同じようなペ−ス配分で登れる。稜線に出ても、風の向きでは鶏糞、牛糞の匂いが漂ってくる。

木立の稜線を行くと、突然、視界が開ける。ナイフの刃のような岩尾根。この山のハイライト「地獄尾根」の始まりである。稜線の上を歩くとスリル万点。もちろん怖がりの人には巻き道がある。

地獄尾根の最後の部分は、柱状節理の発達した40度近くあるような傾斜。同じような岩尾根といえば、小野アルプスや高御位山などが浮かぶが、距離は短いにせよこちらの方が急斜面。ただ、靴底のフリクションは、よく効いてすべる心配はない。はがれた岩はタイルか瓦のごとく薄い板状となって散らばっている。

急傾斜を登りきると、「ここで地嶽鎌尾根終わり。無事通過おめでとう!(薬師峯まであと30分)」の看板があった。十字峰への道と分かれ、少し歩くと薬師峯の頂上に着く。頂上南面の直下に、ベンチかと思えば薬師如来が奉ってあった。

昼食を摂っていたら、団体さんが登ってきた。聞けば堺市のハイキングクラブだということ。結局、出会ったのは、この団体だけの静かなコ−ス。団体の到着で、居場所も狭くなったので出発。

倒木の多い僚船を、少し下って登ると「薬師槍」のピ−ク。ここから東に向かうと「そうびろ山」を越えて、七種山への登り口の野外センタ−へ出るということだが、我々は南に向かう。

下りも、すこし歩くと岩尾根となった。正面の斜面はすざましい量の倒木が見える。昨年の台風の影響だろう。歩いてきた縦走路も、倒木が道をさえぎっていたが、この斜面を見ると、台風のエネルギ−の大きさを思い知らされた。板坂峠からは道が広くなる。鶏糞の匂いがしてきたら、車道にでた。出発前は、おっくうだったが、登ってみれば、本当にいい山だった。いまさらながら、故郷、播州には魅力ある山々が多い、と少し嬉しくなった山行であった。