トップへ 山行報告INDEXへ

教育部主催 読図山行

報告:善積 寛明・雅子

日時:2003年1月26日(日)
参加者:講師:多田、CL:木村、平野ご夫妻、大城、市尾 以上B班6名。
     上口、川津(勉)、池田(純)、善積×2 以上A班5名。
場所:中山連山・大峰山   コースタイム:8:35山本駅→9:05/10岩場下→9:35/10:07岩場上,ここで読図@→10:32/11:15第2鉄塔過ぎ,読図A→11:45/12:05中山頂上・昼食→12:40/50十万辻出会い→13:30/14:05大峰山手前・読図B→14:15/20大峰山→16:02武田尾駅
寒さと雨を予想していたので重ね着をして来ました。予報に反し当日は穏やかな晴天になりました。最明寺滝への出合いで1枚脱ぎザックに詰め込んだ。岩場を攀じ登り、大岩の上まで来て振り返れば甲山がくっきりと浮かび上がっており裾野が長く尾を引いていました。大阪の最高気温が5℃と予想されたので防寒具や凍結に備えてアイゼンなど準備万端ととのえていたが当てがはずれた。暑くなった。岩場を越えたところの鉄塔の真下から少し離れたところで第1回目の読図練習をした。2.5万図を広げて水平にする。折りたたんだ折り目を真っ直ぐ伸ばす。このことが大切。コンパスを置いて地図上の磁北線を合わせる。目標物をあわせる。地図上で二つの目標点から引いた線の交点が現在地。現在地が稜線上の場合は比較的特定し易い。即ち2直線が稜線上で交差しない時はどこかで測定間違いをしている。再度やりなおして2直線の交点が稜線上に来るよう練習をする。何回も練習して正確に目標物を見通すことが大切。コンパスは胸の前で水平に構える。
幾つかのピークを越えて平らな地形で、北へ延びる電波線から少し左へそれ、よく見通しのきく地点で2回目の読図練習をした。東側の下にゴルフ場がみえる。五月山も見える。南には甲山が依然見えている。これら分かっている山や地点があれば自分がいま立っているところへ地図上で直線を引きます。3ヶ所からの直線が1点で交差すればうまく測定したことになる。これぞ完璧である。2.5万図なら4枚繋ぎ合わせたものを持つと便利である(5万図1枚の範囲を4倍に拡大したもの)。ここから北北西に向きを変えて登って行った。中山頂上で昼食をとった。上口さんご自身がお作りになっただし巻玉子をご馳走になった。玉子焼きなどは誰でも作るが実は非常に難しい料理である。玉子に始まり玉子におわると云われるが、プロの冴えた腕にみんな感心しきり。有難うございました。20分で昼食を終り、十万辻の方向にコンパスをあわせて慌しく出発。ゴルフ場の一部をかすめながらいったん車道におり、これを横切ってすぐに大峰山への登りにとりついた。急登である。やがて稜線に出てしばらくいくと樹林帯を抜けて頂上に近いところで鉄塔の下に出た。視界が開けた。ここで最後の読図練習をした。現在地の確定と山座同定を行った。名前の分からない山でもその角度を知り、その山の形や周辺の山の地形を見て地図上で探す。等高線の詰まり具合、山の形を想像して実際の山と比べて選び出す。コンパスでは高度・距離は分からない。しかし目線で山の高さは比較できる。目視で山並みが幾つ横たわっているかも見えます。こんなことを幾つか組み合わせていけば場合によっては大よその高さ、距離なども推定できるようになり、山座同定も出来る。読図は何度も回を重ね、慣れることが大切と思う。常にコンパスを首に架け、日常出かけるときでも使うようにすればよいと思います。大峰山から桜の園に下り、猪名川渓谷に出ました。まだこの季節でも敷きもみじがたくさん残っておりフワフワと心地よいくだり道を歩いて行きました。旧福知山線の廃線跡をトンネル二つ越えて武田尾駅に着きました。
宝塚へ帰り着いたら例によって反省会場へと急ぎました。 good でした。