トップへ 山行INDEXへ

西山谷の沢訓練

                               石井 隆男

*コース内のF−** 印はザイルを使って登攀した滝  

実施日:7月22日(日)

参加者:6名

         CL・小見山、SL・藤村、SL・藤村、伊藤、降旗、石井

コース

阪急御影駅8:40→白鶴美術館→西谷橋→寒天橋→西山谷→F−3F−7西山大滝F−11そうめん滝F−14愛情の滝→15:10天狗橋15:30→15:50油コブシ山頂→17:00油六甲ケーブル下

千丈谷堰堤を過ぎ沢の入り口でハーネス、ヘルメット、沢靴を装着、装備をつけるとなぜか気持ちが引き締まる。雨具を着ていたがそんなに暑くもない。滝登攀時のザイルの脱着はCL,SLにして頂いた。

*  F−3、高さは約10m位だろうか4筋での流れ、右の2筋は水量も多く豪快である。登り始めは左からとってどうにか何歩かよじ登り、滝の水流を頭から被りながら流れの一番きつい右側の2筋を跨いで無我夢中で一番右に渡りまた左へ渡って登攀した。水藻は全く生えてなく気持ちの良い沢である。

  F−7(西山大滝)西山谷最大の滝であり高さ約18m位、豪快な水流と幅である。この滝も左側からわずかの3点確保で一段上の棚によじ登り、顔にあたる水飛沫を拭いながら一休み、また豪快な水流を頭から被って右に渡り、少し登ってまた恐る恐る左に跨いで登攀。水流の中での足掛かりは足裏を緊張させて岩のV字型、岩の棚を探れることが分かった。

 F−11(そうめん滝)滝幅は広いが名前のごとく細々した流れがいく筋にも分かれてあたかもそうめんのような流れである。やさしい感じのする滝であるが登り口に手足の掛かるところが見つからない。この際仕方なくザイルに少し頼って棚に手が掛かると後は緩やかな流れの岩を歩くような感じであった。

*  F−14(愛情の滝・・あなた一筋)最後に迎える滝である。滝名の由来は省くが名前からしてなんとなくなまめかしい滝である。流れは最上流に拘わらず豪快である。左から登り始めて本流の中のV字谷を足掛かりに頭から水を被りながら直登攀出来た。

*  沢登りを終えて家に着くまで涼しさが残った快適な訓練でした。このような楽しくまた有意義な沢登りが出来たのも事前に岩の基礎訓練をしていて下さったからである。小見山さん,藤村さんご夫妻ならびにC班の方々に感謝申し上げると共に習い覚えた技術、経験は一人でも多くの人に伝えるようにしたい。