トップへ 山行報告INDEXへ
大峰山脈縦走

笠捨山―玉置山―熊野本宮

大城正盛

日 時   4月28日〜30日

コース

【 4月28日】大阪8:43発―(王寺経由)−五条10:25―十津川村役場13:13分発―上葛川13:45着−登山口14:15−分岐16:05−葛川辻16:55−笠捨山17:25−17:40−葛川辻18:05(テント泊)

初日、 3時間コースという気楽さもあってバス会社の乗客へのサービス20分の間、谷瀬の吊橋を渡ったりのんびりムードのスタートでしたが笠捨山のピストンでは傘もリュツクも投げ捨てて、ピークにたどり着く。

【 4月29日】葛川辻8:00発―地蔵岳9:00−四阿宿跡9:50―菊ヶ池分岐10:00―上葛川分岐10:20−精香山10:35−貝吹金剛11:17−岩ノ口12:55−花折塚14:10−玉置山展望台15:00−玉置山15:20−玉置山神社15:40−本宮辻―16:10−大森山17:45−切畑辻18:25−18:30(日没テント泊)

寒くて夜中何回か目を覚まし、明け方ぐっすり寝てしまい寝過ごしてしまい、8時出発約1時間で地蔵岳に到着。釈迦岳、孔雀岳が展望できた。地蔵岳は鎖でがんじがらめにされた山でした。香精山山頂で昨日より初めて登山者に会う。稜線は細尾根があって結構おもしろい。玉置山展望台で始めてカメラを取り出す。近くは地蔵岳、笠捨山で南八人山、中八人山、釈迦岳、遠くには台高山脈、西には果無山脈が延々と続いている。玉置神社でおいしい水を補給させてもらい、安全山行を祈願して、玉置神社を後にする、目前に大きく立ちはだかる大森山をクリヤ、切畑辻を過ぎたところで日没テント泊。

【4月30日】テン場6:30発―五大尊岳―6:55−金剛多和の宿跡8:15−大黒天神岳8:50−吹越宿跡9:45−七越峰10:15−熊野本宮12:40−竜神バス14:20−紀伊田辺16:41−新大阪18:51

ホーホケキョウ、ホーホケキョウ、の声でさわやかに目を覚ます、初めての体験、テント泊冥利に尽きます。本宮の温泉で汗を流し18時51分無事着

今回上葛川トラバースコースを選択したのは正解でした登山口から30分と120分の所に水を補給できる場所あり、補給していたからです、地図上水場は遠い様に思います。