トップへ 山行報告INDEXへ
 

小野アルプス

A 班  畑 ひで子

9 月 12 日(日)                      

参加者  CL 羽馬 川津(一二三) 松山(裕) 畑 一般 1 名

小野駅〜電波塔ピーク〜アダメ峠〜総山〜惣山〜紅山〜小野駅

 

小野の近く出身なのに小野アルプスは知らなかったのと、明石焼きに心引かれて参加しました。朝、出発前に急に雨が降り出してきましたが、雨の予報もなかったので、大阪駅まで出かけ、そのまま加古川まで JR で 1 人旅(集合場所間違えた)。明石大橋や海のすぐそばを走る列車からの風景は久し振りなので楽しかった。

誰が参加するかは聞いていなかったので、加古川でメンバーと出会ってビックリ!羽馬さんと 2 人だと思ったでしょう、 2 人で行きたかったでしょう、とイジメにあいました。

加古川発 9 : 00 気動車に乗り、目的地小野アルプスに小野駅 9 ; 30 発で向かった。

雨が降った後なので、ムシムシしていて風もなくとても暑苦しい。

途中地元の人とおしゃべりをしたりして、鉄塔までは車も通れる道だった。

台風の爪跡、折れた木、倒れた木等を痛々しく見ながら、結構道もふさいでおりました。

2つ目のピークの三角点峰でそっとタッチして総山、惣山(小野富士)へと登ったり、下ったりをくり返し、紅山の手前で休憩をして脅威の1枚岩、百聞岩を眺める。岸壁が頂上まで続き雄大な眺めです。登り易い岩山でしたが、湿気と暑さで私はバテていました。そんなに高い山ではないので、体調をしっかりと整えていなかったのです、山は本当に人を見抜いてくれます。

頂上からの展望は瀬戸内の海、淡路島、丹波方面の山々、池、池に浮かぶボート、ここちよい風にあたりながらの眺めは心安らぐひと時でした。下りは急な所もありましたが、あっという間に降りてしまいました。駅までの道中は萩の花、ワレモコウ、オミナエシ、彼岸花、熟れたイチジク、青い柿、名も知らない可愛い小さな花々が暑いけれども秋を感じさせてくれます。振り返ると小野富士と紅山が富士山の形で2つ並びとてもよい姿で見送ってくれました。

もう1度訪れたい山々です。次回は冬期に鴨池の鴨とコハクチョウ、古墳群も見たいと思っております。加古川の駅で気動車の写真を撮っている人がいましたが、これもなくなるのかな?

途中明石に寄って明石の玉子焼きを食べて大満足でした。明石焼きの板は何故斜めなのか?

•  洗った後水切りが良い

•  安定感がある

•  食べやすい

しっかりと勉強もして来ました。