トップへ 山行報告INDEXへ
(自然保護部ハイク)


丹波大江山に笹百合を訪ねる♪

画像をクリックしてください。

A班 市川伸彌 
日時:6月29日(日) 7:00am 阪急蛍池駅集合
参加者:相原宣美、安藤幸一、池田茂、池田多喜子、池田純子、池田孝子、田村順三、田村香寿美、新保征正、大谷寿恵、澤村泰子、中山太子、中村和子、野崎茂太郎、宮本猛徳、山本幸子(以上A班)森岡敏征(B班)井上すみ子、小手川滋子、中島こすみ、桂、松田(以上一般参加)合計24名
コース:大江山憩いの広場(双峰公園)10:00−赤石岳10:55−千丈嶽登山口12:00(昼食)12:50出発−千丈嶽頂上13:30−鳩ヶ峰14:00−千丈嶽14:30−大江山憩いの広場15:10 
 
源頼光の鬼退治と、和泉式部の娘、小式部の内侍の百人一首の和歌で有名な大江山は初めてなので大いに期待してこの日を迎えた。天気予報では梅雨の晴れ間とて、新保会長のバスに集結したのは24名。大江山の麓に9時半頃到着するとなにやら怪しい雲行きで、全員スパッツを装着。しっかり準備体操をして先ず赤石岳を目指す。全山煙霧に霞む中、前夜来の雨をたっぷり含んだ熊笹道をほとんど藪漕ぎ状態で、下半身びしょ濡れになりながら約1時間登攀する。滑りやすい岩場もあり意外に時間がかかる。しかし本日のハイライト「笹百合」にはたっぷりお目にかかれた。熊笹の中に、二輪、三輪と白地に羞じらうような薄紅色を帯びた清楚、可憐な姿には全員ただただ
感激するばかり。頂上では一瞬の晴れ間もあったが日本海は全く眺望できず。
 同じ道を何人かが尻餅をつきながら下って、千丈嶽へ向かう林道の入口で昼食。風もなく視界はようやく開け始める。ウツボ草とブタ菜が咲き乱れるちょっとした広場で昼食。野崎講師から「笹百合」は関西の山にしか生育しない。(関東の山は「山百合」)「小百合」という言葉は「笹百合」から来ている、など興味あるお話をうかがう。
 昼食後大江連峰の最高峰千丈嶽までは、擬宝珠の花を探しながら40分の緩やかな林道を辿るだけであったが、833mの頂上から次なる「鳩が峰」までの往復は半端ではなかった。新保会長の片道「10分」というご託宣に騙されて出かけた約半数のメンバーは、高低差200mを往復するしんどさを「十分」に味わわされる破目になった。しかし途中でより大輪の笹百合の群生を見つけたり、宮津湾の眺望をしっかり楽しんだりできた満足感の方が強かったようだ。
 帰路は淡々、ルンルン。登山口から30分の「リフレかやの里」でゆっくり汗を流して楽しい一日を終えた。
総括して一句。"笹百合や 大江の鬼ら いまいずこ"