トップへ  山行報告INDEXへ
 
月例B班山行

大峰山脈縦走

B 班 相原 吉男 

 

実施日  2004年7月17日 (土)〜19日(月) 

参加者   相原・徳原・広高

コース 
17日
天川川合 10:00 ⇒ 栃尾辻13:30 ⇒ 狼平16:00 ⇒ 弥山小屋17:10           (歩行時間 約5時間)

18日
弥山小屋 7:00 ⇒ 弁天の森8:10 ⇒ 分岐8:35 ⇒ 避難小屋 9:10 ⇒行者還小屋10:20 ⇒ 七曜岳11:55〜12:25 ⇒ 大普賢岳14:20 ⇒ 阿弥陀ヶ森分岐15:40 ⇒ 小笹の宿16:25

(歩行時間 約9時間30分)

19日
小笹の宿 7:00 ⇒ 山上ヶ岳7:50〜8:10 ⇒ 女人結界8:40 ⇒山上辻9:30〜9:45 ⇒ 法力峠10:50 ⇒ 三ツ塚12:00〜12:20⇒ 観音峰12:45 ⇒ 観音峰登山口14:45 ⇒ 白倉出合15:05⇒ 天川川合15:55    (歩行時間 約9時間)

いつも、ひざ小僧の調子が大丈夫かなと思いながら、山に行きます。今回も、元気で歩いてくれるかどうか? はたしてこんな歩速で無事目的地に着くだろうか? と思いながらとにかく歩きました。当初、前鬼口より釈迦岳から弥山、天川川合を計画していましたが、少人数の参加にとどまり、急きょ出発点に戻れるコースに変更しました。

さて、天川川合より、いつもの様に急登で、山行が始まり、栃尾辻より頂仙岳を経て、狼平に着いた時にはぐったり、水浴できそうな溜りもあり、ここで泊まるのなら飛び込みたいほどの暑さで、 7月の夏山トレーニング、カンカン照りの中、汗だくでの山行をと思っていましたが、天気も晴れの割には樹木の中を山行している時は、さほどの暑さでもなく、時折風も吹いてまずまずの山行で、弥山に着いて、夕食の用意をしていると、少し肌寒さも感じました。

2日目は終日ガスの中での山行で、気温も18℃くらいと日差しもなく、風も吹き荒れて、快適さを絵にかいて様で、行者還岳より大普賢岳では巻き道を通ってしまい頂上に登れず、阿弥陀ヶ森の女人結界は鳥居のような門があるだけで、ほどなく小笹(おざさ)の宿へ、水浴はできないけれど、美味しい水があり、お堂と真新しい避難小屋、テント場の様な平坦な所が何ヶ所もあり、樹木の中、別天地の様です。

3日目、山上ヶ岳、お堂が2ツ3ツあるものの、僧の姿も余り見かけず、女性の方も素通りできそうなくらいで、稲村小屋より白倉山へはまた急登で、天気も晴れに向かい暑い一日でした。見通しもきかない観音峰を経てすぐ下の観音平では、展望台があり、弥山・行者還岳・大日岳・山上ヶ岳が一望でき感激です。御手洗渓谷では暑さのあまり、服を着たまま泳いでしまいました。