トップへ 山行INDEXへ

   
大峰山

川合〜狼平〜弥山〜山上ヶ岳〜吉野

B班 上原 文明

またも突然に計画し実行してしまいました。年の初めに「赤牛の会」より五月の連休に白山にでも…と連絡があったのでその連絡を待っていたが連休に入っても遂に連絡は来ず、五月に入りテレビの天気予報を見ているとまっかかのお日さんマーク。じっとしていられず、あわただしく決定、飛び出した。

5/4(日) 川合9:30〜狼平〜弥山15:30/50〜テン場16:30
ザックの重さ約20kgの山行は昨年秋以来。荷物も重いが体も重い。やはりブランクは応える。川合〜弥山のコースは約二十年ぶりではないだろうか? 当時と比べずいぶん様変わりしたものと驚く。狼平〜弥山の間は木道となり、この周辺の立ち枯れは凄いし、ただ、枯れ木の横には幼木、若木も育っているのでちょっとは安堵したのだが、このまますくすくと育ってくれるかどうか? 気になるところである。
ほったて小屋であった弥山小屋も大きく立派になり、三日の夜の宿泊は百九十人だったとか、すれ違った前夜泊の人に聞きまた驚く。

5/5(月) テン場6:10〜行者還8:13/20〜大普賢11:40〜あみだが森13:00〜山上ヶ岳14:50 テント
  やはり久々の山行でかなり疲れたのか、四時出発の予定が"ツーピピーピーとなく小鳥のさえずりに起こされる始末。約九時間ぐっすり寝たようだ。よく寝て軽快な足取りのはずだが今日も体は重い。しかし高度を1500m以下に下げるとミツバツツジのピンクと新緑が映えて美しいし、コバイケイソウがついこの間まで雪に埋もれていたと思われる地表からグリーンの葉っぱを突き上げていたり、数ヶ所の雪渓に驚いたり、しっとりとした大峰山らしさを漂わすあれやこれやの雰囲気、景色に感動し元気つけてくれる。
  潰れかけだった行者還小屋が建てかえ中でほぼ完成間近い様子。丸太作りのなかなか立派な建物である。きっと有料の小屋になるのであろうと想像。これも様変わりの一つか。

5/6(火) 山上が岳テン場5:30〜四寸岩11:15/35〜吉野温泉入浴〜吉野駅16:00 

  朝一番から絶壁で知られる"西の覗き"で亀がゆっくり首をだすようにこわごわ覗き込む。何度みてもスリルがある。やはり大峰の名所である。デジカメで縦に横にパチパチと撮る。
  大天井が岳の手前の分岐点、五番関に指しかかった時、昨日から抜いたり抜かれたりの単独行の人が追いついてくる。聞けば枚方の人で「前鬼」、「弥山」と小屋利用の山行とか。このコースを熟知している模様。前鬼小屋の経営者は寝屋川の末広町の人であるとか、この店の"葛きり"がうまいとか、この宿の露天風呂の眺めが最高とか、山岳ガイドのごとく案内をうけながら、実際にもそのとおりの行動を共にした。
  本場、吉野で食った"葛きり"は、大げさでなく、その味と食感に感動したし、露天風呂の眺めも素晴らしかった。旅は道ずれ というが、単独行にはこういう偶然から友達に発展する、まさに一期一会の喜びがある。ほんとに嬉しいし楽しいものだ。
  今回の山行で、やりのこしていた大峰山奥駆け道 吉野〜熊野本宮までの踏破が達成できた。
好きな山、大峰山、愛する山大峰山、いつまでも登り続けたいと思う。