トップへ 山行報告INDEXへ

六甲全山縦走 56km 踏破 

A班 川津 一二三 
              
行程 須磨浦公園→菊水山→摩耶山山頂→東六甲分岐点→宝塚ゴール
   6:30   11:35 14:55   17:55    21:30
参加者 川津勉 川津一二三
今年の目標に、六甲全縦に挑戦してみようかと、ひそかに考えていました。労山に入会して6年。何か記念にと思い、軟弱者の体力なるものがどのくらい増したか?(あまり自信はなかったが、連れ合いも、やってみるというので…) 
11月9日 天気予報では、午後から雨となっていましたので、リタイヤの口実になるかなと、考えたりしながら、曇天 今にも降り出しそうな中、出発しました。
噂の渋滞も無く、旗振山・鉄かい山・高倉団地・栂尾山と順調に進みましたが、横尾山山頂近く、渋滞で全然動かなくなり、事故でもあったのかな?と思うくらい。須磨アルプスまで、30分ほど、足止めされました。
制限時間があるのでいらつきながら、雨もぱらつき始めました。小雨の中、カッパを着たり、脱いだりしながら、高取山、鵯越 この辺りから足の故障者を、チラホラ見かけるようになりました。、お腹ももすいて、雨もひどくなってきましたが、いつもより調子よく、菊水山へ到着ジャスト5H 経過。ここで初めて、食べながら休憩10分。
次は、いよいよ最終難関といわれる摩耶山目指して、鍋蓋山・再山・市が原〜摩耶山頂到着。8H25経過。制限時間に1Hの余裕ができる。とても寒く、風がきつい。カッパ着用。たくさんの人がガスを囲んで、食事をしたり、リラックスしている雰囲気に混じってしまって、つい、長居をしてしまった。摩耶の長〜い登りと、凌雲台までの登りでは、ちょっと追い越す快感も味わった。
凌雲台で、雨を避け地下で、トイレ・夜に備えて腹ごしらえ・ヘッドランプの準備。
外へ出るともう真っ暗。雨も降るのに不思議にも、苦にならず、最終チエックポイント東六甲を目指した。東六甲分岐12H経過。あとは塩尾寺まで、一列縦隊で、ゆっくり行進。追い越すことも、追い越されることもできず。昼間でも長〜く感じる道のりを、夜景に感動しながら……塩尾寺から宝塚までのコンクリートの道では、ずいぶん足を痛めた人を見かけました。ゴールイン、感動のゴールイン21:30なんと15H歩き続けました。スローペースのお蔭か思ったより疲労感は少なかったが、電車から降りたときの足の裏の痛かったこと。やはり、足は疲れているんだ。翌日、足はどんな状態なのか、恐る恐る歩いてみたが……大丈夫! 私の足も褒めてやらねば。翌々日、ちゃ〜んとプールで1400m泳げたし(スクールで最後尾)、大満足!
でもすぐ壊れる身体なので、大切に扱いながら、又、希望に向かって少しづつ前進しよう。幸せは歩いてこない、だから、歩いていくんだよ〜       おわり