トップへ 山行報告INDEXへ

C班 冬山新人研修 第9回      霊仙山(鈴鹿山系)

日時  3月8日(土)〜3月9日(日)
 
メンバー   神田定信(CL) 三田村喜嗣(SL) 舛井勝 井上満鶴 中西妙子 小味典子
コースタイム
3/8(土) JR大阪駅8:00→JR柏原駅10:00→4合目避難小屋11:45 →7合目ママコ穴16:45(幕営)

3/9(日) 幕営地8:15→経塚山→最高点(1098m)9:45→霊仙山頂上(1083.5m)10:45→お虎ガ池10:         45→汗フキ峠12:00→醒ヶ井峡谷→醒ヶ井養鱒場13:00→JR醒ヶ井駅13:50

3月8日 天気はまずまずだが風は冷たい。雪は全然ない。柏原道でふきのとうを摘みながら、夜の水を心配する。「頂上なら少しくらい雪が残っているだろう。」しかし、30分ほど歩いたところで突然吹雪にみまわれ、あたり一面に雪が積もり始め、1合目では、真っ白の雪山に変身してしまった。
 新雪をキュッキュッと踏むのは快感である。4合目の避難小屋で休憩をとっていると、私たちの先を歩いていた男性二人が入ってきた。「道が分からなくなったから、引き返してきた。このまま下山します。」とのこと。もともと日帰りの予定らしく軽装備である。「先はそんなに厳しいのか。」と少し不安を感じる。12:00小屋を出発し、しばらくすると踏み跡はなくなり、たしかに少し迷う。しかし、ルート経験者がいるので自信をもって先を進む。5合目を過ぎ、藪こぎが始まる。
 6合目の標識はない。テープも見当たらない。鹿の足跡だけだ。「ここは登山道ではないらしい。」
やや平坦な場所に出た。テープがいくつもあり、「分岐点なのかな?」小さな標識に「谷山」とある。「このままテープの方へいこう。」風がきつく、雪で周囲が見えない。視界15mくらいか。どうも道を間違えているようだ。地図を広げ、コンパスで方角を確認し、もう一度「谷山」にもどる。そこで再度地図とコンパスで確認し、再び出発。境界線をあらわす、黄色い杭に沿って歩いている。「前はこんな道は通らなかった。おかしい。」「コンパスの方角と違う。」口々に言いながら、立ち止まって、地図を広げる。その様子を3頭の鹿がそうっと見ていたらしい。ぼんやりと目に入った鹿の姿が哀愁を誘う。寒さと疲れを感じ始める。このあたりで以前遭難者があったらしい。その時、三田村さんが地図を見ながら、にこやかに私の不安を消し去ってくれた。「さっきの『谷山』は少しルートから南にはずれた境界線上の山で、コンパスをあわせた地点がすでに間違っていた。」とのこと。皆の意見がまとまり、「谷山」にもどり、さらに引き返し、本来のルートを探し始める。吹雪が冷たく、凍傷になるから顔を覆うようにと、注意の声がかかる。ようやくテープを見つけた。次のテープを探しながらどんどん下っていく。「戻りすぎではないか?」と思った時、「ママコ穴」の看板を見つけた。「あーよかった。」とほっとしていると、コーチたちはすでにテントの設営にとりかかっている。16:45、ここから頂上に向かっても風がきつく、テントが張れないからだ。風を避けるため、樹林帯の斜面にスコップで雪をかき集め、土手を築き、丁寧に雪をならし、テントを設営した。前回の氷ノ山では寒い思いをしたため、皆寒さ対策は、厳重である。
3月9日  6:00起床。誰かがそうっとテントのファスナーを開いてみる。「よかった。今日はファスナーは凍ってない。」
 夜中は風が強かったが、雪は多くは降らなかったようだ。8:15出発。雪はちらつく程度で、視界は良い。「今回はルートを間違えることはないだろう。」とコンパスをあわせずに出発。9合目付近の避難小屋は、撤去されていた。みごとな樹氷の間を通りながら、トレースのない新雪をラッセルし、まず最高点に登頂。風が強くなり、視界が悪くなってきたため、早めに地図とコンパスで確認し、霊仙山頂に向かう。風が強くなり、新雪が吹き飛ばされ、アイスバーンとなっている登りがあり、キックの練習。10:15霊仙山頂。標識には10から15cmのエビの尻尾がついている。木々の枝々にはぎっしり樹氷がついており、弓なりになっているが、折れずに頑張っている。深い谷をまきながら、お虎ガ池まで下り、小休憩。ここからの霊仙山はすっぽり樹氷におおわれ、超自然美を呈する。「この景色をもって帰って皆にみせてあげたい。」と思いながら、醒ヶ井峡谷を下山。林道に出て振り返ると、霊仙が上から、白色、茶色、緑色のコントラストを描いており、自然の驚異に敬意をはらいつつ、醒ヶ井駅まで歩いた。

今回の山行では、たとえ雪がなくても、冬山は、突然悪天候の雪山に一変する可能性があり、十分な装備と、地図とコンパスの読図を怠ってはいけないということを、勉強することができた。
 9回に及ぶ冬山新人研修は無事終了できた。コーチより数多くの冬山での貴重なノウハウを教わった。特に、パーティーの一員として信頼を得、責任を果たすためには、より多くの知識、精神力、体力、技術を身につけることが重要であることを学んだ。どうもありがとうございました。
                               文責 小味典子