トップへ  

三尾山(丹波富士)讃美

市川伸彌  (新保行征)

日時 : 10月19日(日)7:00 阪急蛍池駅集合

参加者 : 新保行征(CL)、 北村 文男、植木宏、市川伸彌、藤本隆一、渡辺守、森野ますみ、野下まち、岡阪陽子、鮫島よし子 (以上A班)

平野紀雄、佐々木正躬(以上B班) 計12名

コース : 阪急蛍池駅 7:00− 正覚寺 (三尾山登山口)8:55− 前峰 (530m)10: 10− 中峰 (550m)10:25−10:40 主峰 (586m)〜(昼食)〜12:00− 鏡峠 13:10―(鏡谷)− 正覚寺 14:55  

( ネット歩行時間 3時間20分)

 今回の平日ハイクは、岳友(10月号)案内では「越前富士(日野山)」としていたが、9月の由良ガ岳の帰路、久し振りに「三尾山」の山影を見て懐かしくなり、急遽この山に登ることに変更したものである。「平日ハイク」は当日の天候・気分次第で変更なんでもあり、なのだが、今回は結果的に成功であったと思う。

天候不順な今年の秋にしては絶好のお天気。正覚寺から一路前峰(東峰)を目指す。殆んど直登であるが我ら労山会員は難なく小一時間で前峰に到達する。ここからの眺望はなかなかのものであったが、休憩時間はたったの5分。ユックリズム派のメンバーから異論も出たが、どうも我らの登山のやりかたは自然鑑賞などには時間配分を考えない、つまり余裕がなさ過ぎるのかもしれない。(反省!)

その埋め合わせではないが、主峰の山頂では異例の1時間半の昼食休憩をとり、ここでやっと、此処まで担いできた3パックのソーメンを参加者のお腹に分担して貰うことが出来た。(幸い味噌仕立てのにゅうめんは好評だった)食後は植木さんが挽いて持参頂いたコーヒーを飲みながら、360度の快晴の眺望を全員が満喫した。

真東に見えるのは丹波最高峰の「三嶽」(793m)である。是非一度登りたいとの希望が多かったので来春には計画をしたい。主峰からの帰路も岩石道の登り下りの連続でなかなか馬鹿に出来ないコースであった。途中で植木さんが採取したアケビの実を皆で分け合って、懐かしい故郷の味を思い出したり、山麓の農家で古代米や白菜を買ったりしたのも「平日ハイク」ならでは、である。

 締めは当然のことながら「温泉」。近くの国領温泉“七助”でゆっくり汗を流す。左党は浴後生ビールがないのと、自販機のビールのお高い(350 ml が400円)のにブツブツ。次回からは生のある温泉を探そう。6時過ぎには蛍池に無事帰着。