トップへ

第 164 回平日山行   三十三間山 ( 842 m)

日 時   2005 年 11 月 16 日 (水)  天 候 晴れ(大阪)、曇り(現地)

集 合  蛍ケ池  7時 00 分

参加者  浅居、 北村 、佐々木( 正躬) 、新保、高橋 (美 ) 、田中、田村 順三 、田村( 香 )野下、藤本、松田、森野、渡辺、・・・以上 13 名

行 程  蛍池→→中国豊中→→京都東→→皇子バイパス→→湖西道路→→ 303→→ 27 号( 三方町倉見 )→登山口( 9 : 30 )

出発 9 : 45 ・・・・分岐・・・水場・・・夫婦松・・・風神・・分岐 尾根(ススキ、笹原)・・・頂上(昼)・・(折り返し)・・登山口→→

帰路 27 号→→ 367 →→ 15 : 30 (てんくう温泉) 17 : 00 →→ 367 →→ 477 →湖西道路→→皇子 バイパス →→京都東→→中国豊中→蛍池 19 : 00

  二年越しの企画、寒さが今年一番という予報・・・。しかも日本海は典型的な冬型の天気図、イマイチの天候とあって心穏やかではない。当初の参加人員からワゴンからバスに切り替えたものの、参加者も一進一退で気がもめる・・・。

 ま、成るようにしかならない・・・。覚悟を決めた。今回は松田さんが主役!豚汁をしてくれると言うので本当に嬉しかった。みんな楽しく参加をしてくれて 心からやっていて嬉しい!!

 登りでは冷たい風に汗もかかないほどだったが、頂上では風も止み、早速豚汁の支度、暖かい汁物は最高でした。具沢山はお代わりで二度作るはめに・・・。

12 月は粕汁に決定!した。新たに参加をした佐々木さん、渡辺さん、浅居さんも常連となること請け合い。山と鍋と温泉は平日ハイクの醍醐味・・・。今後とも続けようと心新たにする。

20 分程でジグザグの登りとなったが、登山道はとても歩きやすく、フアミリーハイクに最適のコースであった。とりわけ尾根道はススキと背の低い笹の草原、展望は、北は三方五湖から若狭湾、南は京都の峰々(百里ガ岳、三国ヶ岳)。

 今日は、若狭はどんよりと曇った北陸特有の冬空に黒ずんだように三方五湖が墨絵のごとく浮かんでいる。南は色づいた紅葉が、明るい日差しを背にした京の峰に影絵のようだ。春の登山はきっと素晴らしいだろうなあ!!!

 改めて挑戦しよう。