トップへ 山行INDEXへ

初級おもしろシリーズ
          室内壁の体験

日 時:2002年12月1日(日)
場所:天王寺「レベル10」にて
参加者:松山、畑、田中、川津一二三、川津勉、藤原    6名参加

高所恐怖症だけれど一度はやってみたかった室内壁。
「機会があれば声をかけてください」と松山さんに言っていたのが、ついに実現する事になった。嬉しいような怖いような、「登れませ~ん、降りれませ~ん」状態になるのではと、あれこれ考えているうちに当日がやってきた。
動きやすい服装に着替え、柔軟体操をして身体をほぐす。松山さん、一二三さんの身体の柔らかい事、どうしてそんなに曲がるのさと感心しきり。
天井まで10mくらい、一面にカラフルな突起物が取り付けられている。
一番バッター?は一二三さん、難なくするすると登りきる。映画のスパイダーマンのように軽やかな身のこなし、さすが経験者。田中さん、勉さんも成功、最後に私の初挑戦、取り付いたのはいいけれど手足を動かす順番がわからなくなってしまいせみが木にしがみついた状態になってしまった。下から松山さんのアドバイスがあり何とか上にたどり着く事ができたものの、下を見れば目もくらむばかりの高さ、おしりのあたりがスーッと寒くなりました。
ランクを上げて何本か登るうち、少しは恐怖心も取れたのは良かったけれど腕に力が入らなくなりリタイヤ。足で登るものだというけれど手に力がなくなったらどうしようもない。貴重な初体験をありがとう!!         
藤原和子

 楽しかった、おもしろかった室内壁
始めは「垂直な壁に登れるのか?」と心配でしたが、ザイルで確保してもらっているため怖くもなく、いい初体験をさせていただきました。コーチをしていただいた松山さん、ありがとうございました。             
 川津勉

三年前に一度経験し今回は2度目のチャレンジ。他の人は未経験。まずは私から松山さんの確保でチャレンジしてみる。"見るよりはやるが易し"で1本目は難なく成功! 順番にチャレンジ、回数を重ねるごとに難しくなる。肝心な箇所で腕が疲れて力が入らない。昼食休憩を挟んで3時頃まで全員果敢に壁に挑んだ。    全員再チャレンジを約束した。はまってしまったようだ。
松山さん、畑さん、お世話になりました。          川津一二三