トップへ  山行報告INDEXへ
 

鈴鹿峠〜仙ヶ岳

 

B班 大西 勤

日 時:平成16年5月1日〜5月3日

参加者: CL 大西、平野(紀)

コース

5月1日 大阪駅 15:30 −草津駅 16:24 −柘植駅 17:08 −関駅 17:24−タクシー鈴鹿峠幕営

5月2日 幕営地 6:40 −三子山 7:25 −四方草山 8:41 −霧ヶ岳 9:25 −安楽越 11:00 −幕営地 15:00

5月3日 幕営地 6:55 −御所平 7:30 −御所谷分岐 8:20 −白谷出合 9:15 −造林小屋 10:10 −仙ヶ岳登      山口バス停 11:06

5月1日 JR 大阪駅で平野さんと落ち合い新快速で草津へ向かう。草津線と関西本線を乗り継いで関駅からタクシーで鈴鹿トンネルを抜け、夕食を摂るためのドライブインまで行くがなんと閉店していた。近くのコンビニまで足を延ばして弁当とビールを買ってドライブインで下車。 20 ほど歩いてトンネル上の公園で幕営。

5月2日テントを撤収して朝食を食べていると雲が低く山にかかっている。 茶畑を抜けて分岐を左に取り三子山へ向かう。登山道はあまり人が入っていないようだ。安楽越までアップダウンが続く。雨は降らないが 曇り空で東側の山並みは稜線に雲が掛かっている。霧ヶ岳手前を左に取ると下り道で展望が開け前方に仙ヶ岳が見えている。安楽越を過ぎ

ると公園のような整備された道が 10 分ほど続く。幕営地は原っぱで風が強く寒い。熊笹のような草の上にテントを張ったために床面がフラットにならずテント内でコンロを使うのにも苦労する。

5月3日ガスで見通しが悪いため仙ヶ岳まで行かずにエスケープルートで下山することを決めて出発。稜線は緩やかな登りや下りで歩きやすい。

1/25000 には御所平辺りに分岐があるのだが廃道になっているのか見つからない。御所谷は沢筋のため滑りやすく白谷出合までは緊張する。
造林小屋からは林道になり緑鮮やかな木々やひっそりと咲いている藤を見ながら石水渓へ下る。