トップへ 山行報告INDEXへ

第174回 平日山行

秋晴れ但馬 妙見山

A班 市川 伸彌

日時: 9月20日(水)7:00 阪急蛍池集合

参加者: 新保行征(CL)、藤本隆一、高橋美明、塚本順一、上口久男、森野ますみ、松田武子、野下まち、鮫島よし子、吉岡和美、幡司

ちさと、御旅屋晴子、市川伸彌  以上13名

行程: 林道分岐登山口 10:20−(大ナル登山道)−11:40 妙見山頂(昼食) 12:40−(妙見新道)− 妙見峠 13:25−14:00 名草神社 (参拝) 14:20− 林道分岐登山口 14:45

ネット歩行3時間05分

       

 水曜ハイクとしては久し振りの雲一つない好天、どうやら暫くぶりに復帰の幡司さんがお天気を呼び戻してくれたらしい。鳥取へ帰郷の度にこの辺を通られるという上口さんのナビで、播但自動車道を和田山で下り八鹿から標高700mの登山口までバスで入る。人影はまったくない。

 ガイドブックによると、ここは日本三妙見の一つとか。いったい「妙見」ってなに? 広辞苑によると「妙見」というのは、北極星または北斗七星を神格化した菩薩で主として日蓮宗で尊崇する、とある。三大妙見は先ずお馴染み能勢の妙見山と此処。あと一つは去年登った丹波妙見山かなぁ?

 大ナル登山道はブナと杉の古木に覆われた腐葉土の、足に優しい緩やかな山道。釣舟草が咲き乱れている。空気がおいし〜い。なかには樹齢2、3百年かと思われるブナの木も。ルンルン登山も最後の急登で少し汗をかいた。頂上4等三角点(1139m)下の木蔭で例によってグルメ昼食。今日は素麺とそば、そして「味噌汁のようで味噌汁でない?」闇汁。全員の食欲が大いに進むのも晴天のせいであろう。日蔭に暫く居ると肌寒い。

 たっぷり休んで左手に蘇武岳を瞥見しながら妙見新道を下る。妙見峠からは一丁ごとに古拙な丁石地蔵が置かれていて目を慰めてくれる。1時間20分で名草神社に到着。ここの重文「三重塔」はこの山の杉を提供した見返りに出雲大社から贈られて移設したんだそうな。近くには平成3年の台風で倒木した樹齢1500年の夫婦杉の根株が顕彰されている。日本古来の信仰の里を巡るまたとない楽しい山行であった。

  “神々の ふるさと優し ブナの秋”