トップへ 山行INDEXへ


高岳(北摂シリーズ)

                                                       

 
3月24日
川津 一二三
参加者 赤木 川津 橋本正 藪 一般1名 計5名
行程  杉生→不動尊→山頂→北方尾根→杉生新田
3月15日は雨にたたられ中止。「高岳に登らずして北摂は語れない」と、熱い要請と協力で、  25日だ、24日だと(天候の関係で)ニ転三転しながら、結局24日に決行!
午後から雨との予報があったので日生中央、8時集合とし、当初は杉生新田から登り、杉生に下山の計画だったが、バス停に来たバスが杉生止まりだった。バス停の時刻表にもちゃ〜んと表示があり、なおかつ、猪名川営業所でも確認したバスがないとは。納得できず、運転手さんに文句を言ったら、運転手さんも困り、私達も困る。運転手さんは私達に日報?のような物をみせた。それには杉生止まりになっている。が、納得できないのは私達???。
仕方がないので急遽コース変更と言うことになり、猪名川変電所経由、不動尊、山頂へと向かう。気温が高く、汗を掻きながら、桜の頃はこの道、良いんじゃないと、変電所まで歩き。不動尊までは林道を。そこからは急に、登山路らしくなり、高度を増す毎に、北摂の山並みに感動しながら、貸し切りの高岳をゆっくり楽しみました。山頂は5人のためのような場所で、ゆっくりと食事。雨の心配もないようなので、北方尾根を下りることになり、最初は地図と現在地も確認しながら進みましたが、進むにつれ、現在地に自信が(私だけなのかも)持てなくなり(間違ではないと思いながらも)、不安な気持ちで進んでいたところへ、、人に出合い、現在地を確認したいのでその人に、矢継ぎ早に「何処から来ましたか?」「この道を下ると何処へ着きますか?」質問すると、その人も、私達に会っただけでも、ビックリした様子で、「このルートはハイキングコースではありませんよ。ハイカーに会ったことはありませんよ。」などと言う。「とにかくあなたは、何処から来たのですか?」確かめた所、どうも杉尾新田のように思われるので、そこへの道を教わり、一安心で、歩けるようになりました。先は見えたので、麗しの雑木林(ガイドブックにそう書いてあった)で休憩していると、鉄塔の工事関係の人と思われる人が3人通りかかり、私達を見て、狐かタヌキとでも思ったようで、本当にビックリした様子で、「こんな所で、ハイカーに会ったのは初めて」といっていました。鉄塔の標示の読み方・高圧線の種類を、教わりました。蕗のトウを採りながら、バス停を目指し、時間があれば、温泉に入ろうと……。1時間以上待ち時間はあるのに、温泉はやすみ!じっとしているのも寒いし、先に歩けるだけ歩こうと、歩いていると、先ほどの人達の車に、便乗させてくださり、大助かり。と今回の山行はと考えるに「終わり良ければ総べて由では」と言う結論になりました。最初の計画では、登山口がわからないのでは?などの意見も出た。、でも、もし、「もう1度機会があれば、最初の計画で歩こう」と、1件落着しました。
PS. バスの時刻が納得できないし、今後のこともあるので阪急バス本社にTelしました。
「日生中央から、後川行きのウィークデイの時刻が、知りたいんですが」「後川行きですねしばらく……8:10」と答えがありました。「確かにありますか?」「はい」「私達昨日、「日生中央でそこの時刻表にも表示されていますので待っていたら、なっかったんですよ。」「……しばらくしてスミマセン!杉生止まりですわ。」「困ります。こんな間違い。私達ハイキングのスケジュールがめちゃめちゃになってしまいました。」一応抗議しました。「スミマセン、気をつけます。さっそく時刻表も確認します」との返答でした。さて、時刻表はどうなったでしょう?