トップへ    山行報告INDEXへ
 

とっておきの高見山(樹氷山行)

A班 市川伸彌

日時 :2月13日(日)7時45分近鉄鶴橋駅集合

参加者 :善積寛明(CL)、幡司ちさと、塚本順三、伊藤博介、市川伸彌     計 5名

コ−ス

榛原駅−(バス)−高見登山口 9:35 −小峠 10:55 −乳岩 分岐 11:15 −笛吹岩 11:50 −高見山頂 12:05 (昼食) 12:35 −高見杉 13:20−高見平野バス停14;00−(バス)−榛原駅14:50

 前夜のTVで紹介されていて期待はして出かけたのだが、「生きていて良かった!」が決してオ−バーでないほど(やはりややオ−バ−か?)、それは実に見事な樹氷群であった。数日前からの気象条件がドンピシャで一致した幸運!CL善積氏の絶妙の企画に先ず感謝するとともに、われら日頃の心掛けの賜でもあると痛感した(??)。

登山口から参勤交代も通ったという旧伊勢南街道の緩やかな登りを辿り、雲母曲を過ぎると約小1時間で小峠に着く。そこから左手のかなりな急坂を、幸いアイゼンなしに20分で攀じ登ると乳岩説明板のある分岐。ここでアイゼンを装着してやや下ってから山頂へのあまりきつくない登りにさしかかる。下山してきた岳人が「あと100mほどで樹氷ですよ」と教えてくれる。そして正にちょっと行った辺りから突如、えもいわれぬ純白の別天地が開けたのである。

それは実に荘厳、神秘的、夢幻的、ファンタスティック、如何なる形容も及ばぬ自然の造作の美であった。40分ばかり続く樹氷のトンネルにただただ感嘆し、笛吹岩では左眼下に広がる樹氷林と、南に霞む大峰山系の壮観に言葉もなく佇む。山頂(1249m)はやや風が強くて手指がかじかむ寒さであったが、360度の真冬の眺望が開け、西南に普賢岳が遠望され、北東に鎧・兜岳が玩具のように愛らしく見える。

幸い山頂小屋に座席が確保できて、ゆっくり昼食を味わった後は、来た樹氷道をピストンで折り返し、分岐から高見平野へ下りる。途中樹齢600年という雄大な高見杉を過ぎたところの小川で、アイゼンをはずして水洗いする。アイゼンを外すのが早すぎて、それから何度か皆それぞれに滑って転んだりもしたが、こんな素晴らしい山行を経験できる機会は何年に一度かであろう。まさに「とっておき」かつ「きわめつき」の山行きではあった。

純白の樹氷群の陰翳を俳句ではとても表現できないのだが。。。

“高見風 樹氷の夢に やさしかれ” “高見なる 樹氷に憂き世 捨て来たり”