トップページへ 山行INDEXへ

山の辺の道を辿る

(A班) 市川 伸彌
日時:10月13日(日)9:00 興福寺・五重塔下集合
参加者:今西純朗(CL)、高田富久男、善積憲明、善積雅子、宮本猛徳、竹下真登、
市川伸彌

コ−ス:興福寺9:15−新薬師寺9:55−円照寺11:20−弘仁寺12:10−
     白川ダム12:35(昼食)−石上神宮14:10−祟神天皇陵15:20−
     檜原神社16:25(夕陽観照)−大神神社17:40−近鉄桜井駅18:20

"あおによし 奈良の大路は 行きよけど この山道は 行き悪しかりけり"(今西CLより当日頂いた万葉集抜粋より)と歌われた「山の辺の道」は、奈良時代に開かれた古代人の道である。三輪山麓の海柘榴市から巻向山、竜王山、青垣山、高円山、春日山の麓を縫って平城京に達する。この日興福寺五重塔下に集まったのは、歴史と文化を愛する(?)労山メンバ−7人。今日はこの道を奈良から逆に辿ることになる。
 先ず春日大社からささやきの小道を抜け、旧志賀直哉邸を横目に見て国宝の宝庫、新薬師寺へ。快晴で9月中旬の陽気。ここで衣替えをして一路南下する。椿の白亳寺はスキップ、紅葉の正暦寺は文字通り省略して、とりあえずの目的地、天理市の石上神宮を目指す。コスモスの群生とたわわに実った柿の木が目を慰めてくれるが、この北・山の辺の道は随所で途切れて舗装の国道と重なり合うので足にこたえる。2時間ばかり歩いて後水尾天皇の皇女の門跡寺院、円照寺で一休み。ここは拝観は出来ないがトイレは自由に使わせてくれる。
 弘仁寺を経てまた一時間ほど歩き、白川ダムで昼食。青垣山を背景に碧く澄んだダムには釣り人多数。そしてなんとビ−ルを売る屋台が出ている。7人全員が冷えたビ−ルで喉をうるおし(新保会長ごめんなさい!)充実した昼食後、勇躍石上神宮に向かう。布留御魂を祀るこの神社は物部氏の氏神であるが、天理教一色の天理市にあってはむしろ異教の匂いがする。これまでの歩行時間3時間40分。一旦ここで解散することにして、天理市散策・買物組と全路踏破組に分かれる。
 南・山の辺の道は、古道の面影が色濃く残っていて歩きやすい。陽もすっかり優しくなって来た。祟神・景行天皇陵の傍を通り、柿本人麻呂の歌碑を辿りながら、あっという間に三輪山麓の檜原神社に到着する。ここは竹下さんお薦めの、二上山に沈む夕陽の観照ポイントである。約一時間、卑弥呼の墓といわれる箸墓の彼方、大津皇子の悲劇の山に沈み行く秋の入陽の神秘的な荘厳さに見惚れる。大神神社に今日一日の平穏無事の感謝を捧げて(?)40キロの全行程を終え、近鉄桜井駅に到着したのが6時20分。駅前で飲んだ2杯の生ビ−ルの美味しかったこと。CLと全メンバ−に乾杯!