トップへ 山行報告INDEXへ
B班山行        雪の霊仙へ
                            1月担当 南埜智代
日    1月12日(日)午後〜13日(月)
参加者  田中猛  太田輝男  南埜智代 
コースタイム
 12日 大阪駅12:00〜〜米原13:18(乗換)13:28〜〜醒井13:33(バス)13:55〜〜醒井養鱒場バス停14:05
醒井養鱒場バス停14:15――― 榑ヶ畑15:20――― カナヤ15:55(幕営)
 13日 カナヤ7:30――― 汗フキ峠7:40――― 5合目(展望台)8:33―――
 お虎ヶ池9:20――― 経塚山9:50――― 霊仙頂上10:20――― 
経塚山10:50――(昼食)―― 柏原道分岐11:55――― 井戸ヶ洞12:35――― 漆ヶ滝13:30――― 二の谷14:10――― 上丹生バス停15:35

B班1月山行は 諸般の都合で はじめの予定と日程も山もかわり 霊仙山行となった。私個人としては 1月4日女性委員会(霊仙山行)で時間不足のため頂上まで行けなかったリベンジとなり まずはめでたしめでたしとなった。この山に積雪期に行くには車でよほど早朝に出発しないと無理なようだ。

12日 大阪駅12時の新快速で米原へ。(実際はダイヤがみだれていた)。醒井経由
で養鱒場バス停へ。林道を歩いていると下山して来る何人かに出会う。殆どは車で来てピストンのようだ。榑ヶ畑から山道になる。カナヤの前で幕営。トイレあり水場あり、その上なんとうれしいことに缶ビール・缶ジュースの無人販売があるではないか。ここは最高のテン場だ。予想外の冷えたビールはいつもよりなお喉に心地よい。持参の食糧とバス停前の店で仕入れた鱒の甘露煮で宴会。夜半樹間よりの星が美しい。

13日 5:30起床。7:30出発。ほんの少しかたい雪を踏んで汗フキ峠から頂上を目指す。5合目展望台で広い眺めを楽しむ。頂上は少しガスっぽい。琵琶湖や伊吹も上の方に雲がかかっている。天候が下り気味のようだ。お虎ヶ池から経塚山へはなだらかな稜線が続く。登山道のトレースの後を通らず雪の上をわかんで近道を行く方が面白そうだ。田中さんはそうしたかったみたいだが、かえって時間をくうだろう。正直わたしは体力的に自信がなかったのでトレースの後を行くことにした。
 経塚山で引き返す人が多いのか、ここを越えるととたんにトレースが少ない。風で雪が飛ばされるのか思ったよりも雪の層が薄くかたい。こうなると体重の軽い者が有利なようで私はかたい雪の上をストックで重みを分散しながらヒョイヒョイと歩けた。
 10:20頂上。風もあまりなくガスもすっかり切れ願ってもない登山日和となった。しばらくは360°の視界を楽しむ。ただ先日は見えた琵琶湖・伊吹・比叡・比良等の眺めはすっきりしない。やはり下降気味の天候だろうか。
 谷山谷コースを下る。登ってくる人は十数人だったろうか。タイムを聞くとみんなけっこう時間をくっているようだ。漆ヶ滝の横をへつるときはかなり緊張した。所々ロープは見えるが雪に埋もれている所も多い。気をつけないと踏み外し雪もろとも滑落の危険もある所だ。トレースをつけてくれた人はよほど夏道に詳しい人だろう。何度か沢を渡り、上丹生バス停に15:35着く。