トップへ 山行INDEXへ

由良川源流紀行

報告:善積寛明
日時 2003年9月5(金)〜7(日)
参加者 三田村喜嗣(CL、C班)・神田定信(SL、C)・神田幸枝(A)・上原文明(B)・相原吉男(B)・市尾元英(B)・善積寛明(A)・中川 弘(B, 9月7日9時、ゴンゾウ谷出会い近辺から参加)

行程
9月5日(金)19:00車2台で蛍ケ池出発−池田・能勢−園部−美山町−22:00須後(京大芦生演習林入り口)駐車−23:00小ヨモギ作業所(泊)

9月6日(土)6:50出−7:25/40カヅラ作業所−8:20/35七瀬谷出会−9:20/35アイノ谷−10:05/25休憩(小ヨモギ作業所から一緒の人がリタイヤ−)−10:40/55大谷出会−11:30/12:00一の坪(昼食)−13:15/30岩谷−14:15/30休憩−15:00中山−15:15長治谷作業所(テント泊)
9月7日(日)7:00出−8:15上谷源頭(由良川の最初の一滴がここから始まる)−8:20/35杉尾峠−8:50/55櫃倉谷の下、ドロンコの靴を洗う、顔も洗う−9:00/10須後を6時に出た中川さんと出会う。冷たい水とアンミツをいただく。−10:00サカ谷出会−10:15中ノツボ出会い−中ノツボ瀧−10:35中ノツボ出会−10:40横山峠−10:50/11:20林道(昼食)−12:50須後


プロローグ…ろくろを使って椀や盆を作り、商人を通じて交易はするがあまり里人との係わりはなかった山棲み人がこの芦生の山奥に棲んでいた。灰野や野田畑湿原には家の跡や石垣などが残っている。"ろくろ轆轤"姓を持つ人もいるようである。椀・盆・テーブルなどの材料を求めて山中を移動したのである。京大の芦生演習林は京都北部の由良川源流を取り巻く、福井県若狭と接する位置にあり、その多くは原生林に覆われている。うるおい豊かな自然が一杯です。自然の中には危険も潜んでいる。マムシやヤマカカシなどがいた。自分の前を猛烈なスピードでへびが横切るとゾーっとする。
共同装備としてテントを分担した。
山行記…9月5日(金)19時 蛍池を2台の車で出発。池田・能勢・園部・周山街道を繋ぎ、美山町須後○P22:00着。トロッコ道を小ヨモギ作業所まで歩く(泊)。 先客が1人いた。ここはイチョウ・メタセコイヤ・ケヤキなどの植林をしている。


9月6日(土)各自で朝食を作った。6:50に出発。小ヨモギ谷、大ヨモギ谷を左に見ながら由良川本流に沿ってカヅラ小屋にいたる。トロッコ軌道の橋は朽ちて渡れない。谷の方へ下って渡る。また軌道の道を七瀬谷出会いまで行く。軌道はここでなくなる。沢シューズに履き替え本流を渡渉して右岸に渡った。山道に入る。山道といっても木地師が通ったであろう杣道のようなもので、20〜30cm幅の狭い急な登下降の道で片方は谷へ落ち込んでいる。坦々とした山道ではない。テント泊用の荷物・食料を入れたザックは重い。気が抜けない。本流を歩いたり山道に入ったりしながら進んだ。今日は水流が少ないようだ。行ける所まで本流を遡行することにした。大谷出会いも腰のあたりまでの水深でなんなく遡行できそうだ。ホソ谷、ツボ谷、岩谷と順調に遡った。水の中のほうが気持ちがよい。流れのすぐ横も歩ける。トチやブナの巨樹が続く。ようやく中山に到着。ここから林道に上がり、足どりも軽く長治谷作業所へ。テントを設営。今日は一日しっかり歩いた。心地よい疲れがでた。テントに入るなり寝てしまった。多量の雨が降ったようであるがよく分からなかった。

9月7日(日)昨夜は充分寝た。みんな晴れやかな顔をしている。7時出発。野田畑湿原から上谷へ入った。丸太棒を組み合わせた橋を渡って上谷の左岸にでた。ウツロ谷、岩谷、桝上谷の各出合を過ぎた。きれいな水の中を気持ちよく歩いた。湿地状のヌタ場が広がっており沢シューズが埋まってしまうほどである。岩谷の手前で濃緑色の苔に包まれた、とてつもない大きなトチの木に出合えた。その横には負けじとばかり大樹のミズナラが突っ立っている。緑が深い。モンドリ谷を過ぎて上谷(上谷と名前が変わっているが由良川の最上流である)の幅が急に狭くなった。見上げると急な峠道である。杉尾峠の頂上が見え始めた。上谷の流れが急に少なくなった。そしてやがて流れがなくなった。ここが由良川の最初の一滴が湧き出ている源頭である。ここから原生の森を自由にうねっていくのである。生き物を育て、自然林を育てる。天を突くような巨樹が頭上を覆う緑ゆたかな森を育てているのである。ツキノワグマ・日本カモシカ・ヤマネコ・シカなどの大型の動物を育て、多くの草木を育むのである。由良川源頭を登り詰めた所が杉尾峠でした。日本海(若狭湾)が見えるはずですがあいにく曇っていた。ここから一旦林道に出てすぐ櫃倉谷の下り道に入った。急な下りを細心の注意を払って下りた。ひと息入れた。小さな流れで汗を拭き頭を冷やした。ゴンゾウ谷の出会いを過ぎたところで、6時に須後を出発した中川さんにひょっこり会いました。冷たい水とアンミツを差し入れていただいた。生き返りました。ここからは中川さん共々8人で流れの中とその横の河原を下っていった。途中、中ノツボの大きな瀧を見に行きました。立派な瀧です。滝壷に入りしばしの涼を得た。元の出会いに引き返し、横山峠へ向って急な登りを進んだ。ここを登り切って反対側へ下りた。すぐそこに林道があった。10時50分であった。早めの昼食をした。お湯をかけてインスタントラーメンを作った。美味かった。長い林道を下って演習林正門横にでた。

エピローグ…林道を須後へ下りていく時に三田村さんのお知り合いの方に合った。シイタケの原木を処理されていた。この方が芦生原生林の植生について長時間講義してくださった。ブナよりもイヌブナのほうが害虫などから自分の身を守る方法をよく知っていること。山口県と島根県の境にも原生のブナ林があること。白神山地がどのようにして世界遺産に登録されたか。…等々。大変興味深く聞きました。この芦生演習林は大正10年に99年間の期限付きで国から借りて地上権が設定されている。京都大学農学部の学術研究、実習に使用するためである。今西錦司・西堀栄三郎・森本次男その他がこの芦生を初めとする北山の発見者・パイオニアーと言われている。後にこれらの方々は中国・韓国・ヒマラヤの山へ遠征するなど日本の登山界を引っ張って行ったのである。私は"芦生"の地名を知りませんでした。2〜3年前から自然環境へ関心が行き何となく"芦生"を覚えた。いつしか源流に行ってみたいと思っていた。今回、はからずも希望が叶った。芦生の森を愛し、何回も下見をされ、今回リーダーを勤められた三田村さんに感謝します。