山行報告・北アルプス トップヘ


◇◆花咲く上高地から残雪の稜線へ◆◇

                                                                     孤高の変人 羽馬芳壽

コースタイム

28日(土) 上高地バスターミナル530 河童橋 542/600 明神700/705 徳沢 757/803 横尾 903/920 横尾本谷橋 1020/1040 休憩 1112/1118 休憩1153/1158 休憩 1255/1300 涸沢小屋 1330

29日(日) 涸沢小屋 650 休憩 750/755 休憩 835/845 穂高岳山荘 1010/1140 涸沢岳 1210/1250 →穂高岳山荘 1315

30日(月) 山荘から一歩も出ず

31日(火) 穂高岳山荘 400 涸沢岳 425/515 穂高岳山荘 535/635 休憩 705/710 涸沢 740 横尾本谷橋 845/900 横尾 947/955 徳沢 1050/1057 明神 1145/1155 河童橋 1235 上高地バスターミナル 1245

 28日(土)曇り→夕方晴れ 

 夜行バスでは、いつもながら寝付けなかった。寝付けないようで意味不明の思考をしているということは、トロトロっと寝たのだろう。乗務員から「まもなく上高地」とのアナウンスがあり、目を開くと釜トンネル前の信号待ちだった。

 トンネルを抜け、前方に穂高の稜線が見えたが雲がかかっていた。また、大正池には期待の霧がかかっていなかった。大正池での下車はやめて終点まで乗ることにする。

 土曜日なので河童橋の辺りに、朝早いながら数人の観光客がいた。椅子に座り持参のオニギリを食べ、涸沢に向かい歩き始める。目的の一つ、ニリンソウは花期が過ぎて他の野草の背丈が伸びて目立たない。

 小梨の花は、やや盛りを過ぎたようだが、明神、徳沢では満開。横尾から山道に入る。ムラサキヤシオツツジの花が美しい。本谷橋で残りのオニギリを食べて涸沢に向かうが、この辺りから道も険しくなり夜行の疲れがどっと出てきた。

 雪道になり涸沢ヒュッテの吹き流しが見える辺りになると、立ち止まる回数が増える。涸沢小屋でなく手前の涸沢ヒュッテに泊まろうかと弱気になる。天候は回復してきて晴れ間が出てきた。

 涸沢小屋は基本的に「要予約」だったが、宿泊客が少ないため泊めてもらえた。大部屋に私と、カップル2組、他2人でゆったりくつろげた。夜は満点の星空を撮影する。涸沢のテントは10張り以下で5月の連休のことを思えば寂しい風景だ。

29日(日)晴れ

 起きて小屋のベランダに出ると、空には星が残り、屏風の頭の空は赤く染まっている。やがて奥穂の頂上が赤く照らされ、徐々に雪渓の染まった部分が涸沢の底の方へと下がっていく。

 横で写真を撮っている女性が「彩雲が出ている」と声をあげた。見上げると、そう言われれば雲が七色に染まっているようだ。1コマだけ写して、朝食に着く。古い車と同じで馬力は落ちたが食欲だけは昔と変わらず、ご飯をお代わりする。

 荷物をまとめて、雪の上を穂高岳山荘のある白出沢乗越に向かい歩き出す。気温が高く雪は緩い。一晩、寝たら元気になるのかと思っていたが、脚が重いのは昨日と変わらず喘ぎながら登る。残酷だが容赦なく歳を思い知らされる。

 ザイテングラード末端まで上がって見渡すと、コースをアズキ沢の中央に取りすぎていると気がついた。アズキ沢は落石、雪崩が多いのでザイテングラード寄りへ向かう。

その時、上の方から音も無く50cm超の石が滑ってきて、10mほど右側を抜けていった。余り、ザイテングラード寄りすぎるのも危ないと思った。もし、これが下りで音も無く背中に当たったら、と思うと怖かった。

何度もピッケルを杖代わりに立ち止まりながら穂高岳山荘の前にでた。先ほど追い抜いていった登山者が「彩雲が出ている」と、同じセリフを叫んだ。見ると鮮やかに雲が虹色に染まっていた。40年以上、山登りをしていて初めての体験である。

一休みして奥穂に向かう。2段のハシゴを登った時に思い直した。単独行の上、他の登山者もほとんどなく、心細いので断念して涸沢岳へ登る。

涸沢岳より山荘へ戻る頃、だんだん、雲が出てきたので小屋に入る。公称250人、最高に詰め込むと800人が泊まれるという小屋に宿泊者は私一人だった。そのため、食堂でなく図書室でたった一人の食事・

30日(月)

 朝から雨である。晴れれば明神まで下って徳本峠に入りW・ウエストンの通って新島々までの道を歩きたかったが、穂高岳山荘に連泊することにした。

午前中はたった一人でDVDを観て過ごし、午後は本を読み、眠たかったら居眠り。今は最前線で働いているが退職したらこんな生活になるのだろう。

昼過ぎに4人のパーティが登ってきて宿泊者は5人となった。

31日(火)晴れ

 午前3時前に目を覚ますと満点の星空。外に出て夜間撮影。1時間ほど続けたがさほど寒くはない。1時間ほど小屋に入り、再び涸沢岳を目指す。よく晴れた空は、前穂の横に富士山まで見えた。

 朝の雪面が締まっているうちに、下山したいとあわただしく朝食をすませて荷物をまとめアイゼンをつけて涸沢へ下る。やはり、気温が高いため踏み出す足音が湿って柔らかい音だ。

 一昨日、3人のパーティがザイルを結んでいたのはアイゼンの効きが悪くて、怖かったのだろう。

 慎重には下ったが転びもせずに、1時間足らずで涸沢ヒュッテに着いた。ヒュッテを横目に止まらずに横尾に向かう。たった、二日で雪が相当溶けていた。

 徳沢の小梨の花は健在だったが、明神館の前の小梨は花吹雪だった。平日ながら河童橋は観光客が多く、盛りの過ぎた小梨の花を手前に入れて奥穂を写し、今回の山行の締めくくりの写真とした。朝霧の大正池、ニリンソウの絨毯、ウエストンの思いをはせて新島々へ下る夢はまたの計画としよう。