山行報告・北アルプス トップヘ


◇◆私たちの!!テント泊裏銀座縦走◆◇


                                                                          班 宗重 絵美

参加者:CL宗重(BSL俣野(B)西山(B)織田(B)野坂(A

日時:2015年9月19〜22日(4日間)

<行程>

 ★ 19日(土)JR新大阪駅6:00発→ワイドビューしなの7:00発→10:20信濃大町→11:15高瀬ダム着→11:50登山口→14:40三角点
       →16:16烏帽子小屋泊

 20日(日)3:30起床→5:15烏帽子小屋発→8:20野口五郎岳→10:36東沢乗越→11:28水晶小屋→12:30水晶岳→13:20水晶小屋発
       →13:50ワリモ北分岐→15:00鷲羽岳→16:10三俣山荘

 21日(月)3:00起床→4:45三俣山荘出発→5:30三俣蓮華岳→5:47三俣峠→巻道を経て→7:24双六小屋→8:33樅沢岳→10:10右俣乗越
       →11:33千丈乗越→12:50槍ヶ岳山荘→13:40殺生ヒュッテ泊

 22日(火)3:00起床→4:45出発→05:00槍ヶ岳山荘→6:00山頂→7:08山荘→8:15殺生ヒュッテ発→9:15天狗原→10:00大曲
       →11:00槍沢ロッジ→11:40発→12:55横尾山荘→14:10徳沢→16:15上高地→16:50新島々行バス乗車→JR松本→23:30新大阪

「裏銀座」、その響きだけで通、玄人っぽい雰囲気を感じていた以前からの憧れのルート☆数年に1度の大型連休、裏に行ってみたい!テントで縦
走したい!そんな私のつぶやきにのっかってきてくれたのはB班の誇る強力女子&雪山女子達でした。実は泊まりのCLは初めて、しかもこんな長期ロ
ングルートに女子だけでテント泊。毎日10時間を超える行動時間に帰り着くまで緊張感でいっぱい。でもさすがこのメンバー!しんどいなかでも
誰一人弱音を吐くことなく、そして打ち合わせるでもなく気遣い、やり遂げた女子は確実に強くなったことでしょう。あまりの完全燃焼と身体のダ
メージによりしばらくお山熱があがらず。どうやらそれは5人全員だったようで、本当にお疲れ様でした!!ドMテント泊女子部員絶賛募集中です♡♡

 

19日 始発の電車に乗り込み大型連休の渋滞のなか新幹線、名古屋からの電車は超満員の3時間以上立ちっぱなしから始まった山行は登山口から
ぐったりでした。それでも快晴の天気のなか、これから始まるんだという胸の高鳴りにいざ烏帽子小屋へ!北アルプス三大急登と言われるだけあり、
これでもかという登り、9月と思えないくらいのうだる暑さとぶよに襲われながら紅葉のなか小屋へ。そこへ待っていたのはテン場争いの始まりで
した。見るとなんじゃこりゃ!?というくらいのテントで埋め尽くされたテン場。たまたま織田さんの山仲間(山岳ガイド!!)の方がテン場にな
りそうな場所を見つけ出し周囲にも場所をお願いしていただき、なんとか3テン2張を張れました。とは言ってもテント1つは半分段差にせり出し
て1人しか寝れない状態。3テンって4人でも意外と寝れるんですね。この日は西山さん担当の豚豆乳鍋!残りは個食となるためこれでもかっと具
材をかついできました。女子5人で豚800g、う〜ん、肉食女子♪

20日 起床3時なのに出発はゆっくり、撤収に時間がかかり反省だらけのなか出発。野口五郎から水晶小屋まで稜線歩きは絶景!ですが影なしで
暑い!!目の前に見えているのにあづい〜〜ともがき苦しみながら水晶小屋到着!ジュースに喉を潤し、荷物デポして水晶小屋へ。歩いているとま
ぶしいっ!水晶岳って本当にキラキラ水晶みたいなのですね。狭い岩場をあがりながら水晶岳からは雲の平がよく見渡せました。来年はあそこへ〜
なんて言いながら小屋に戻り鷲羽岳へ向かいます。これ三大急登に入れていいんじゃない?というくらいの連続したアップダウン。鷲羽にあがって
見えた三俣山荘はテント、テントの集落が!!またテン場探しに1時間以上かけ、なんとか寝床確保。テントって斜めでもガタガタでも寝れること
を勉強しました。

21日 小屋前はトイレ20分待ちのなか出発、さぁいよいよ今日は槍へ!珍しくガスっていたためやや寒い山行でした。双六岳のケーキセットに
後ろ髪引かれながら、急いで西鎌尾根を歩きます。疲労マックスのなか、ひたすらアップダウンに鎖場とぐったりしながらついに槍へ!!スタート
が遠すぎただけに感動〜!しかし槍は大混雑、昼から登るとピークまで往復4時間というディズニーもびっくりなくらいの恐ろしい状況。ピークは
明日にして殺生で久々にゆっくりまったり体を休めることができました。

22日 最終日、晴天の予報のため殺生から早朝から槍ピークを目指します。かなり早めに出ましたが案の定大混雑。往復2時間かけテン場まで下
山。夜明けの槍からの景色は最高で360度大パノラマが疲れた私たちを癒し感動をくれました。上高地まではご存知の通り歩いて歩いて歩き倒し、
最終日なのに行動時間は13時間!お風呂にも入れず終電になんとか滑り込み!みんなぐったり無事帰阪。お疲れ様でした!!