トップへ 熊野古道索引へ 熊野古道第2回へ

世界遺産・熊野古道を歩く 1

報告:  A班  碇 強

日 時:  1月21日 (土)

参加者: 碇強 (CL)、市川信彌、内川隆雄、上口久男、川津(一二三、勉)、手島肇、
       武藤幸夫、森野ますみ、一般2名、 計11名

コースタイム:

八軒家船着場跡 8:48―石崖―熊野古道案内版―坐摩神社御旅所(窪 津王子 )8:59―釣鐘屋敷9:03―太閤背割下水道―坂口王子伝承地9:25―榎木大明神 9:31―近松門左衛門の墓9:47―井原西鶴の墓9:59―高津之宮址(郡戸王子址)10:12―上之宮址(上野王子址)10:33―四天王寺・熊野権現礼拝石11:16―堀越神社・熊野第一王子之宮11:26―阿部王子神社12:02―住吉大社・12:40(昼食) 津守王子跡(墨江小学校)13:43―境王子址14:31―反正天皇陵―仁徳天皇陵 15:24
                (所要時間 : 6時間36分   歩行距離 : 22,5km)

前日迄は、 大阪市 内でも寒波来襲の大雪の予報で、登山靴・雨具・スパッツ等、防寒対策をしての就寝でした。明けて見れば雪も無く暖かな朝、曇天、当日の再度の予報では雨は無く、第一回目の熊野古道に挑戦する、これからの旅は楽しくなると確信する。

京阪・天満駅に8時30分に集合、11名参加者、自己紹介の後、出立するコースタイムのように、 大阪市 内の名所旧跡巡りや各所王子を探しながらの旅立ちでした。

出立後、天気も次第に回復し、青空も望め気温もしだいに上がり、絶好のハイキング日和に、楽しい旅の第一日目になり、この道を千数十年前に白川上皇や鳥羽上皇が聖地熊野三山を目指して旅をした、熊野古道を我々も今日歩いている事を実感しながら、ほぼ予定通り全員完歩の旅でした。