トップへ 熊野古道索引へ 熊野古道第11回へ
第十回 熊野古道を歩く

高原熊野神社〜 熊野本宮大社(約36,5km)
〜 熊野道の中辺路・上多和茶屋跡・三越峠を越え本宮へ 〜

碇  強

日 時  平成18年11月3日、(金)4日(土)
参加者  碇強(CL)、内川隆雄、御旅屋春子、川津(勉、一二三)、神田幸枝、
       佐野住江、中西妙子、高橋美明、手島肇、藤田壽則、藤原千恵子、
       森野ますみ、武藤幸夫  以上14名

907年に始まる「熊野御幸」と呼ばれる、皇族方の熊野詣のいにしえの道を、18年度中に、大阪天満橋・八軒家船着場跡から熊野本宮までの約240 kmを自分達足でたどろうと企画、今年1月から月1回ペーで歩き始め、今回は中辺路の本宮大社への世界遺産に指定された、熊野古道歩きの旅、今年度最終回。

*1日目(3日金)、コースタイム 13、3km 5時間25分
新大阪6時29分発〜紀伊田辺駅(9、45発)〜高原熊野霧の里(10、45)〜大門王子
(食事12、03)〜十丈王(12、13)〜上多和茶屋跡(13、05)〜大坂本王子〜近露王子  (14、55)〜比曽原王子〜継桜王子(16、10)〜野中の清水(16、34)バス野中山荘へ。

高原熊野霧の里に到着すると何時もは住宅も少ない山間の集落に大勢の方が、我々を迎えてくれた、何事かと思えば、高原熊野神社のお祭り、二十数名の市女笠(平安時代の女性の旅装束)で着飾った女性の方や神官の方、今日は時代祭りの当日に丁度出くわした、天候にも恵まれ、太鼓の合図と共に市女笠の行列は南に我々は東にと熊野古道の今回の第一歩を太鼓の合図で歩みだす、何とも幸運な旅立ちであった。今回のコースは、案内の標識も多く、スタート時には既に高度650mぐらい、旧旅籠通りから歩きはじめ、さほど汗もでず、気持ちよく安心をして全員余裕を持って歩く事が出来た。大門王子で昼食、悪四郎屋敷跡から、十丈王子、大坂本王子、から牛馬童子ふれあいパーキングで小休止、ほどなく牛馬童子像を見、箸折れ峠を下り近露王子、給水や行動食を取りながら、比曽原王子を通り過ぎると間も無く1日目の予定地、継桜王子に無事到着する。
樹齢1000年を越える巨杉か立ち並ぶ野中の一方杉、少し下り野中の清水「名水百選」に選ばれた水で、歴史を感じながら、渇いた喉を潤して居ると、今日の宿の、のなか山荘の車が迎えに来、車中人となる、ほどなく着いた、のなか山荘は、趣のある小さな家庭的な宿でゆっくりと入浴、夕食後に全員で囲炉裏端に集まり、炭を突きながら、焼酎を片手に楽しいおしゃべり、今回の熊野古道の最終日を楽しみに早めの就寝。

*2日目(4日土曜日) コースタイム 22、1km 8時間19分
のなか山荘(5時35分)〜継桜王子(6、00)〜中川王子(6、13)〜子広王子(6、56)〜熊瀬川王子(7、09)〜岩神王子(8、15)〜湯川王子(9、29)〜三越峠(9、56)〜船玉神社(食事10、50)〜猪鼻王子(11、33)〜発心門王子(11、52)〜水呑王子(12、24)〜伏拝王子(13、02)〜祓所王子(14、11)〜熊野本宮(14、19)・弁慶の里湯(15、57)田辺17、19発

5時35分マイクロバスで、第1G出発、第2Gと合流後、少しは早目の出立ちの準備をしていたら、山荘から連絡が入り、山荘の女将さんが寝床の中より財布、キップが出てきたと、軽自動車で追っかけ持参してくれ大助かり、予定通り6時継桜王子前を、ヘッドランプを装着し出発、闇の中を歩く内に、ほどなく山の中に中川王子立っていた。先に進み、薄明かりになって来たが周囲はまだまだ闇の中、暫く歩き、すっかり明るくなり、空も晴れ今日は良い天候になりそうだ。
程なく次の子広王子は、民家の横にひっそりと立っていた。古道は、アップダウン繰り返しながら、熊瀬川王子に到る、少休止の後、子広峠、草鞋峠、岩神峠の厳しい難所の山道をあえぎながら、進みようやく岩神王子に到る、ここからは暫くは下り、坂の先に湯川王子にて小休止の後、先に進めばまたまた、急坂の三越峠関所越え、山を下り船玉神社に到着、神社前に旧くからに使用されていた、川舟が保存されている、その横で昼食、歓談をしながらしばしの休息。
猪鼻王子を過ぎると、再び急登になる、あえぎながら上り終えた所が、格別な崇敬を受けた五体王子の一つ、発心門王子は今までの古道と違い、これまで会わなかった、観光客の多さにはびっくり、発心門王子からの古道は」良く整備され観光客も多く、のんびりと歩きながらももう今年の一月から歩き始め、熊野古道歩きも最終に入ったと感じながら、水呑王子から伏拝王子最後の祓所王子は14時11分に熊野本宮大社は直ぐ目の前、いよいよ念願の本宮大社にほぼ予定通りに到着、全員でお参りの後に記念撮影、帰りは弁慶の里湯・温泉で一年間の汗を流し帰途につく。
あとがき
この計画に協力して頂いた皆様に感謝を申し上げます。全工程93箇所の王子跡を延べ13日間で、八軒家船着場跡から熊野本宮までの約240kmの熊野古道の旅、無事完歩する事が出来ました、参加者の皆様大変お疲れさま。
記録 全コース歩行   4名、当日参加出来無く後日歩かれた方 3名  計7名
  延べ 参加者  193名
  延べ日数    13日間 
  延べ歩行時間  87時間08分
  歩行距離  約 240km