トップへ 熊野古道索引へ
第十一回 熊野古道を歩く

熊野川下り〜熊野速玉大社〜勝浦〜熊野那智大社
〜 中辺路 最終回 〜

武藤 幸夫

日時  3月2日(金)〜4日(日)
参加者 碇強(CL),池田喜美代、御旅屋(瑛一・春子)、川津(勉・一二三)
      佐野住江、高橋美明、田中チサエ、中西妙子、藤原千恵子、渡邊守、
      森本諄子(一般)、武藤幸夫  計14名

■昨年、大阪天満橋から熊野本宮大社までの約240qを10回に亘り歩いて辿ったその先で、99王子のうち、残り6王子を探しながらの旅。川下りあり、熊野那智大社等熊野三山の参拝、ホテル浦島・渡瀬温泉での入浴、揺れる谷瀬のつり橋渡りと変化に富んだ南紀の初春を楽しみました。

■2日・3日[庄内駅〜熊野川下川原乗舟場〜熊野速玉大社〜勝浦町]
☆コースタイム
  庄内駅22:00〜道の駅下川原3:00(仮眠)〜熊野本宮大社6:55〜下川原乗舟
場9:55〜新宮横川原舟降場11:50−熊野速玉大社11:55(昼食)−神倉神社1:10
−阿須賀王子2:00−浜王子2:30−佐野松原4:00〜勝浦・民宿わかたけ4:25
 (歩行・11q)

☆夜を走り、貸し切りバスで道の駅下川原着。仮眠の後、乗舟までの間に、20
q上流の熊野本宮大社へ昨年11月に続き再びお参りをし、近くにある明治22年大水害で流出した旧神宮跡地を探索しました。川原に戻って、皆が、橙色の救命胴衣と山笠の似合う姿に変身し、昔、川を利用して熊野詣に訪れた川下りをすべく2艘の舟に乗り込みました。水は少ないものの、奇岩、史跡、20mの深さを保つ川淵などを約1時間55分に亘って下り、語り部の説明、伝説等の話が興味深く聞かれ、時の移りと共に奇岩等も変わるとの説明も有りました。
 新宮まで下り、川原で下舟すると、近くの森に熊野速玉大社がありました。境内で、昼食をとりましたが、当地名物の「本家めはりや」のめはり寿司(漬けた高菜でご飯を包んだおむすび)を買い求めてほうばる人もありました。出発の後は、急勾配の石段を一気に駆け下りるお燈祭りで有名な神倉神社の歩いてもしんどい石段を、火を持って駆ける人を偲びながら登り下りしました。
これより、JR新宮駅、阿須賀王子、浜王子を過ぎると、王子が浜沿いを辿りましたが、荒々しい波が大きな音と共に打ち寄せて、さすが南紀の太平洋の凄さを思い知りました。
浜は高野坂手前で終わり、坂の後も市街地の海よりを歩き、佐野松原で迎えのバスに乗り、宿泊所の紀伊勝浦駅前の民宿わかたけへ辿り着きました。休む間もなく、町の南にある観光桟橋から舟に乗り、ホテル浦島へ行き、波が浴槽の前の岩に打ち寄せる洞窟温泉玄武洞を初め各種温泉で汗を流しました。人のまばらな勝浦も週末のホテル浦島だけは大いに賑わっておりました。
民宿では、イルカの刺身、マグロのカマ・胃袋味噌和え等の珍味に舌鼓を打ち、碇さん持込の、熊野古道の王子横で生育の原種のみかんの木から取れた実から造ったみかん焼酎を味わい、酒もすすんで、話も大いに弾みました。

■4日[勝浦〜那智〜熊野那智大社〜渡瀬温泉〜谷瀬のつり橋]
☆コースタイム
  勝浦6:30〜佐野松原6:50−佐野王子7:10−浜の宮王子9:13−市野乃王子
10:30−多富気王子11:20−熊野那智大社11:55〜渡瀬温泉1:55〜谷瀬のつ
り橋3:00〜蛍池駅8:00 (歩行13q)

☆昨日の終点佐野松原から出発し、佐野王子を過ぎ、海辺に波乗りを楽しむ若者達の姿を見て赤石海岸を辿ると、那智駅近くの浜の宮王子に至り、これより、いよいよ那智大社への曼荼羅の道を辿ることになりました。白もくれんの咲き乱れる山あいの集落の中の道を進み、市野乃王子を過ぎると樹齢800年の夫婦杉などの古い杉の木立と石段が約640m続く大門坂を登り始めました。多富気王子の付近で、赤い時代衣装(貸衣装)を着た綺麗な娘さんが1人下りて来たので、入れ替わりながら一緒に写真を撮らせて貰いました。
 この坂を登り終えて、更に表参道の石段を約467段登ると、熊野那智大社と青岸渡寺があり、無事熊野三山のお参りが出来た御礼を言い、みんなで記念写真を撮りました。大社・神社の屋根と同じ高さになっていると言われるやや離れたところにある那智の滝は今は水が少なく細く眺められました。
表参道の下の駐車場へ戻り、バスで熊野川沿いを本宮方面へ戻り、約1時間余で渡瀬温泉に到着、入浴と昼食を済ませました。
その後、十津川、五條経由で大阪へ向かいましたが、途中谷瀬のつり橋を訪れました。高さ54m、長さ297mの鉄製の日本一長い吊り橋は下を見ると怖く、揺れてスリルに富んだものでしたが、昨年の改修で橋板も綺麗に張り替えられ、揺れもやや少なくなったとのみやげ物店の人の話でした。
日の暮れた奈良盆地を一路大阪へ向かいましたが、リーダーの碇さんのご尽力と、ご参加の皆さんの纏りで、楽しい熊野三山詣での旅が出来ました。