トップへ 熊野古道索引へ 熊野古道第3回へ

世界遺産・熊野古道を歩く  2 

報告:  A班  碇 強

日 時: 2月18日 (土)

参 加 者:  碇強 (CL)、内川隆雄、上口久男、川津(一二三、勉)、 高橋美明、手島肇、
               藤田壽則、武藤幸夫、森野ますみ、渡邊守   11名

コースタイム

仁徳天皇稜8:37―石神社9:30―大鳥大社(大鳥新王子)10:15― 一の鳥居12:05−聖神社12:15―篠田王子跡12:32―昼食―平松王子跡13,40―泉井上神社14,05―井ノ口王子跡14,20―池田王子(久米田駅付近)―麻生川王子(三和製作所)―唐間池15,55―東貝塚駅16.05  

所要時間 : 7時間18分 歩行距離 :23,5km


•  第二回目熊野古道への旅、今回は 堺市 の任徳天皇稜前よ りスタートし、各々の王子跡を探し尋ねる歩く旅でしたが、王子跡は少ない区間でした。

当日の天候は少し肌寒いながら、素晴らしい天候に恵まれ、終日良い天気のもとでの歩行となり、3箇所の王子跡、2箇所の王子跡付近、及び大鳥居神社他3箇所の神社巡りの旅をしました。
今回はリーダである、私の勘違いにより、道を間違えかなり大廻をする破目になり、又聖神社の場所を通り過ぎ、ご近所の方々に尋ねながらやっとの思いで、聖神社にたどり着くなどハプニングもあり冷や汗を掻きながらの旅でした。 堺市 内の道路沿いには、多くの熊野古道の表示(石柱)があり、熊野古道を歩いている事を実感させてくれました、又 和泉市 内には入れば、熊野古道の別称「小栗街道」の表示が見受けられる様になる等、旧街道沿いには多くの古い旧家や、立派な造りの豪邸などがあり、色々と楽しみながらの、ほぼ予定通りの旅になりまし た。