トップへ
熊野古道索引へ
熊野古道第4回へ
【第 3回 世界遺産・熊野古道を歩く】

東貝塚〜山中渓(約 20km )

〜熊野道の王子跡・豪農屋敷・古戦場・陣屋をたどる〜

A 班 武藤 幸夫

日時   3 月 18 日(土)

参加者 碇強( CL),市川信潔、内川隆雄、御旅屋春子、上口久男、川津(勉、一二三)
      神田幸枝、高橋美明、藤田寿則、森野ますみ、武藤幸夫 12名  

コースタイム
東貝塚駅 8:30一近木王子9:28−鶴原王子9:40一佐野王子10:53一樫井王子12:00−厩戸王子(昼食)12:25一倍達一ノ瀬王子1:46一長岡王子1:55一地蔵堂王子2:35 一馬目王子 3 : 07 −山中渓駅 3 : 15



907年に始まる「熊野御幸」と呼ばれる皇族方の熊野詣のいにしえの道を、年内に大阪・天満橋から熊野本宮までの約 250bnを自分達の足でたどろうと企画をして頂き、今年1月から月 1回ペースで歩き始め、これまで2回約46kmを終え、第3回目となる大阪府最後のコースを歩くこととなりました。

 今回も目指すは、約 100に及ぶ「王子(上皇の休憩所)跡」のうち上記の9箇所、街道に残る多くの「社寺」、歴史上その名を知られる人達の「お墓」、昔が偲ばれる「旧家」・「古い町並み」・「その他の歴史遺産」、現在の「美しい自然」の探訪です。そして、貝塚市,泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市の泉南地区の市町の海岸寄りをたどる 20kmでした。

 「王子跡」は石碑、馬頭観音、表示板などの姿で残り、各々を確認しながら進みました。「旧家等」としては、貝塚市には有名な疳医者だった「長谷川氏の屋敷」があり往時の家並みの面影を色濃く残す「長谷川ノ坂」があり、田尻町には、 17世紀の豪農の家である「奥家住宅」が国指定重要文化財の白壁に囲まれて雄雄しく佇んでいました。阪南市の山 中渓駅近くには「旧庄屋屋敷」があり、また、紀州の殿様が参勤交代の休憩所とした「山中宿本陣」が立派な甍を見せて、殿様がこられる時は 3,000人もの与力等が集まり炊き出し、清掃などに励んだという往時が偲ばれました。

 また、「古戦場等」としては、田尻町の明治大橋のたもとには「大阪夏の陣・樫井古戦場」の碑が立ち、その北方約 800m付近にある勇将「塙団右衛門」や「淡輪六兵衛」の墓が路傍に立ち、負け戦に散った大阪方の武将の心意気が偲ばれました。

 勿論、こちらは農業の盛んな地域で、集落を抜けると、道の両側には、今が収穣時期の大きなキャベツが畑狭しと並んでいたはか、多くの玉葱苗が、大きく育っておりました。

 天気は、予想より早い 10時過ぎからの雨ながら、小降りでまずまずの探訪となり ました。ただ、やや冷たい雨に煙る藤の素晴しい古大木やお寺の見事な庭園の桜の蕾を目にし、やがて訪れる素晴しい開花を思い浮かべながら一同は古道を後にしました。

 次回は、いよいよ和歌山県入り。これまでは山道ならぬ舗装道路の多い約 66キロを歩き終えて、ご参加の皆さんの意気は更に高まってきているように思われました。