トップへ
熊野古道索引へ
熊野古道第5回へ
<第 4 回 世界遺産 熊野古道を行く>

山中渓〜紀ノ川、布施屋(約 14km )

 熊野古道の王子跡、川辺の渡し場跡、紀ノ川

A 班 内川 隆雄

日時   4 月 8 日(土)

参加者 碇強( CL )赤木サナエ、浅居賢一、石川博一、御旅屋瑛一、晴子、上口久男、
          川津一二三、勉、神田幸枝、高橋明美、手島肇、南埜知代、武藤幸夫、
     藤田寿則、森野ますみ、田中チサエ、塚本順三、渡辺守、内川隆雄、
     一般参加者 2   22名

コースタイム
山中渓  8 : 55 〜馬目王子跡 9 : 16 (前回も行きました)〜山中渓桜見物 9 :25 〜 9 : 40 〜日本最後の仇討ち場跡 10 : 06 〜山中王子跡 11 : 09 〜山口王子跡 11 : 02 〜山口神社・昼食 11 : 37 〜 12 : 22 、〜 川辺王子跡12 : 59 〜中村王子跡 13 : 24 〜力侍神社 13 : 24 〜布施屋の渡し場 14 : 12 (昭和 30 年半ばまで交通の要所であった)〜吐前王子跡 14 : 23 〜 JR 布施屋駅 14 : 45


1 月 21 日、大阪天満橋、八軒家船着場跡(昆布処永田屋前)から始まり今回で第 4 回 目で 14 . 3km です、過去 3 回は 20km 以上のハードスケジュールでしたが、今回暖かな陽気の中、のんびりんとしたスケジュールで熊野古道は、桜満開の 1 日でした。

又、参加者が、 22 名と多数の参加者になりました。 出発点は前回の終点 JR 山中渓駅前で、今回は、14km と余裕があり、まずは、山中渓の桜見物からです。

山中川に沿って 20 分程度、桜見物で、そのままシートを敷き、酒、ビールで花見をしたいと誘惑にかられるも和歌山、紀ノ川、.布施屋に向かって 9 : 45 分に出発、県道和歌山貝塚線を阪和自動車道に沿って長いのぼり道を歩く。やがて大阪府も終わり和歌山県に入りました。

そこには日本最後の仇討ち場跡があり、 1863 年、土佐藩士広井磐之介が父の仇討ちをしたそうです。

紀州路に入り最初の王子、山中王子跡がありそこから雄ノ山峠にかかりかっては熊野古道難所の一つであったそうですが、現在はゆるやかな登り道で周りの山々の見事に美しい山桜、眼下には紀ノ川、 JR 阪和線等見渡せました。

やがて湯屋谷集落に入り山口王子跡、そして山口神社につき、 AM 11 : 37 分桜を見ながら昼食をとり 12 時 22 分出発、強い風と黄砂の中、県道粉河加太線に出て小さな石の鳥居の川辺王子跡に、そこから 30 分程歩いて中村王子跡がある力侍神社につき、 50 分程歩いて川辺の渡し場跡に着く(昭和 30 年代半ばまでは、交通の要所であったそうです)。

そこから下流にある川辺橋で、大台ケ原を水源にする紀ノ川を渡り今回の終点 JR 和歌山線布施屋駅にPM14 : 45 到着次回は、ここが出発点となります。 4 回で、約 80km 歩き終えました。

例により、 CL と有志で梅田にて今回の反省と次回の計画を、話し合い第 4 回も終了いたしました。