トップへ 
熊野古道索引へ
熊野古道第6回へ
世界遺産熊野古道を歩く第 5回  

〜紀ノ川から熊野−の鳥居があった海南へ〜  

A 班 手 島 肇
2006 年 5 月 14 日

☆コースタイム

JR和歌山線布施屋(ほしや)駅(9:30START)・…・川端王子(9:35)‥‥和佐王子(10:10)‥・・平緒王子(11 : 00)‥・・伊太祁曽神社(11 : 35 (昼) 12 : 10)・・・奈久智王子(12 : 20) ・…松坂王子(13 : 20)…・松代王子(14:10)…・菩提房王子(14:27)・‥祓戸王子(14:55)‥‥JR海南駅 (15:20GOAL)
           

☆参加者(敬称略)
碇強・市川伸彌・内川隆雄・上口久男・御旅屋瑛−・御旅屋春子・ 川津 勉・
川津−ニ三・塚本順三・藤田壽則・赤木サナエ・武藤幸夫 ・ 高橋 美明・
田中チサエ・渡遵守・佐野住江・手島 肇 以上 17名

 

 寒い 1月から始まったこのシリーズも、はや5回目。紀ノ川を渡って前回からいよいよ紀の国に入ってきました。そこで今回は、8つの王子跡を訪ね、2つの峠を越えて熊野−の鳥居があった海南まで雨の中を全員完歩しました。では、その道中記録を…・

 天気予報通り朝から雨。布施屋駅から雨具をつけての出発です。
和歌山県に入ったからか、標識の数が随分と増えているので迷うことなく順調に進む。途中、和佐大八郎という江戸期の弓の達人の墓へ寄る。矢田峠を越えてミカン畑の中に入っ いくと、しっとりと濡れたミカンの白い花が我々を優しく迎えてくれた。

 伊太祁曽神社で昼食。ここの御祭神の五十猛命(いたけるのみこと)は高天原から樹木の種を持ち、天降ってきた神様。その後日本全国に木の種を播いたことから、古来より「木の神様」として崇められているそうだ。どうりで木の鳥居は立派であったし、神域の木々には木の名札がつけられていた。また紀州のことを、きのくに(木の国または紀の国)と呼ぶのもこの地に五十猛命がお鎮まりになったからだそうだ。

 午後も、しとしと雨。阪和自動車道の下をくぐってしばらく進むと海南市と入ってくる。汐見峠は京から下った貴族たちが初めて海を目にした場所らしいが、今は無理。考えたら当時は海岸線が今よりずっと内陸にあったし、高い建物がなかったからだろう。・

 海南の駅に近づいた所に「熊野−の鳥居跡」の石碑がある。熊野三山への入口なのでここにはかって大鳥居があったらしい。都人には「熊野」いう聖域に足を踏み入れ、これからの厳し い旅を思うと想像を超えた緊張感があったのだろう。

 一方、現代の一行は祓戸王子の場所を確認したあと、駅へ向かった。車内で宴会(?)の姿もあったようで、とにかく平和な熊野詣の−コマでした。そういう私も電車待ちの時間に駅前の寿司屋で地元の「なれ鮨」を少し頂き、小さな幸せを噛みしめた。

 次回は宿泊プランで、しかも峠をたくさん越えるハードコース。いよいよ熊野の聖域に入るので気を引き締めていこう。リーダーをはじめ参加者の皆様これからもよろしくお願いします。