トップへ
熊野古道索引へ
熊野古道第7回へ

第 6回 熊野古道を歩く

海南から紀伊内原
海南から紀伊内原までを 6月10日(土)〜11日(目)の二日間で歩きました。

A班 御旅屋 晴子

コース
( 10日)
JR海南駅9‥00・‥(祓戸王子)…藤代王子9:30‥・塔下王子 10:35…橘本王子11:15…所坂王子11:28‥・ 一壷王子 12:15…蕪坂党下王子13:30‥・山口王子14:00・= JR 紀伊宮原駅

( 11 日)
JR 紀伊宮原駅 6 : 47 …糸我王子 7 : 25 …逆川王子 8 : 20 …久米崎王子 9‥35…津兼(井関)王子10‥45‥・河瀬王子11‥30…東の馬留王子 11:40…沓掛王子14:10…西の馬留王子14:50‥・内ノ畑王子 15:25・‥高家王子15:45‥・JR紀伊内原駅16:15

参加者  碇 強( CL)・浅井 賢二・赤木 サナエ・内川 隆雄・御旅屋 瑛一・
           御旅屋 晴子・川津 勉・佐々木 雅博・神田 幸枝・佐野 住江・塚本 順三・
           中西 妙子・藤田 寿則・森野 ますみ・高橋 明美・ 田中 チサエ・手島 肇・
            藤原 千恵子   以上 18名

 先月来なかった方は祓戸王子へ立ち寄り 他の者は鈴木屋敷(全国の鈴木姓の発祥の地)へ先行して一休み、合流してから出発。藤代神社には茨城鈴木族が訪ねてきた記念の碑があり遠くからルーツを探してくるものだと感心してしまう。

 有馬皇子の墓を過ぎると塔下王子までの登りの急な事。 C班の中西さん(健脚)が引っ張るので A班の中でも鈍脚の者は息が上がってしまいへばりそう(二日間で一番きつかった登り)でした。道の両側は枇杷だらけ。電車を降りた時遠くに白い花の咲いた木が見えたので みかんの花にしては遅いし柿の花はあんなに大きくないしと不思議がりながら行くと枇杷の実を袋がけしている白い袋が花に見えたと判明。みかんに負けずに枇杷が栽培されており 和歌山が枇杷の一大産地だと知りました。道路わきに 100円で枇杷が 15個ほど入った袋が無人販売されており「まだ歩き始めなのに」と言いながらも手が出てしまい リュックが重くなりました。

 所坂王子では野老・草蘇が「ところ」と読まれそれが自生していたから名づけられたと説明されているものの誰もが「ところって何だ?わからん。」調べるとヤマノイモ科の蔓で横に伸びた茎からひげ根が出るとあり いわゆる山の芋や長芋みたいな芋はなく「食べる人もいるが苦い」と牧野博士は解説していました。

 一壷王子は山路王子とも言われ山路神社には土俵があり 毎年テレビでおなじみの 10月10日の赤ちやんの「泣き相撲」の舞台です。さ−てまたまた登りにさしかかりましたが先ほどよりは楽。爪書地蔵では弘法大師様が爪で仏像を刻んだといういわれなのに「これお地蔵さんに見える?」「爪で書いたらすぐに爪が磨り減ってしまって書けた筈がない」等等罰あたりなハイカーです 。そうこうするうちに今日の終点紀伊宮原駅に到着。電車に二駅乗って初島駅の民宿へ−目散 。お風呂に入ってご馳走の待つ広間に集合すると出て来る出て来る海の象 鮭の湯引き・刺身の船盛り(初めて食べる太刀魚のおつくりが感激でした)・イシダイの煮付け・‥ お腹一杯で寝てしまいました。

 夜中に目がさめると不吉な雨の音。でも起きた時は曇り 。一番電車で紀伊宮原駅に戻るので朝はお弁当を頼んでます。出発までに全部食べた者・一部を食べた者・全然食べなかった者と色々ですが ここで女性は中西さんに教えてもらって白ご飯は梅干や塩混布を芯にしておにぎりにし おかずもビニール袋に入れて行動食に変化させてし まいました。

 6:39初島発の電車で宮原駅まで戻って熊野詣を再開。途中で少々雨が降り出し傘をさしたりささなかったりしながら今日の最初の峠越えです 。峠手前の休憩所では神田さんに水気たっぷりのオレンジをふるまって貰い元気になりました 。雨もほぼやみ 逆川王子を過ぎると再び有難い弘法大師様が教えてくれた井戸が祭ってぁります。湯浅市に入ってすぐに川底の工事現場から出土した 800年前のとても大きな楠を感心して眺めてから 古い町並み見物です 。家々の外壁に花が飾ってあったり昔の細細した道具類がガラス張りの箱に収めて展示してあります 。昔のお医者さんが使っていた鉄?へら?私には用途不明の物ながら時代を感じさせますね 。醤油屋さんでスタンプを押していたら 資料館を開けてくださったので昔の樽や搾り機など見せてもらいました。

 湯浅駅を通過し後半戦開始。久米崎王子跡の公園でやっと今日の朝食(と言っても皆ちょこちょこと食べてます)です 。東の馬留王子で昔は駕籠から牛馬の背に乗り換えですが我々はそのままテクテクと峠を目指します。途中「字の良くなる地蔵さん」と聞き 張り切ってお参りしたのですが本当は「痔の地蔵さん」とわかりげんなりです。金魚を飼っていて旅人を慰めたという金魚茶屋跡を過ぎたあたりから黒竹の産地となり右を見ても左を見ても黒竹がびっしりと生えています 。枝を落とした長い竹が沢山立ててあり 地の方が 40cmぐらいのが「10本で100円」「長いのも買って行かないか」と声をかけるのですが無理ですね 。代わりと言ってはなんですが売り物にならないという酸っぱいみかんを頂き荷物が重くなりました 。

 終わり近くなり内ノ畑王子跡の今熊野神社の 107段の階段を一気のぼりし「よくやった」と自分を誉めてみたものの疲れました。最後の高家王子で最後尾の一人が見つからないと連絡があり捜索隊を出したのですが 結局紀伊内原駅に先に着いているのが判りやれやれです。二日間で 38kmの行程でした。駅前の自動販売機は酒類は一切なし。柿の葉寿司も何にもなし。 3分で乗り換えの和歌山駅でただ一人内川さんが缶ビールをゲットし素早さに脱帽したところで今回の熊野歩きは終了です 。