トップへ 熊野古道索引へ     熊野古道第8回へ
第 7回 世界遺産・熊野古道を歩く

紀伊内原駅から印南駅まで

A班 川津 勉

7月22日(土)

参加者: 赤木サナエ、碇 強、石川博一、内川隆雄、御旅屋晴子、川津一二三、川津勉、
           神田幸枝、田中チサエ、藤田壽則、高橋美明、武藤幸夫、手島肇、
           中西妙子( C)  計14人

コース

紀伊内原駅 9:55・・・・善童子王子10:25・・・・愛徳山王子10:45・・・・11:00 ・・・・道成寺 11:40 ・・・・海士王子・・・・岩内王子 12 : 55 ・・・・ 13:35 塩屋王子(美人王子) 13:55・・・・上野王子15:35・・・・清姫の腰掛け石15:40・・・・津井(叶)王子 16:20・・・・16:40印南駅16:57



昨日までの雨もあがり、暑くなりそう。前回の続きで、紀伊内原駅からスタート。
約 40分で最初の王子、善童子王子に到着。広い道路から草ぼうぼうで、今にも蛇が出てきそうな道を少し行くと、うっそうとした竹やぶの中へと続き、この先の草におおわれた広場(明治の末頃までこの広場で祭りの催しのひとつとして馬駆け(馬競争)が行われていた)に善童子王子があった。きれいに手入れがされた道もあれば、このような荒れた道もある。

この後、愛徳山王子に寄り、安珍・清姫の悲恋物語で知られる道成寺で早めの昼食をとった。朝、出遅れた内川さんとここで合流。次は海士王子に寄り、野口新橋を渡り日高川を越え、暑い中を黙々と歩く。休みたくても木陰の広場がない。塩屋王子(美人王子=美人絵馬を奉納すると美人の子が授かるといわれているそうだ)でやっと休憩。 この辺りから海が近くなってきた。海産物卸問屋「はし長」でスタンプをもらうため休憩。海産物だけでなく、野菜、果物も安い。「車ならスイカを飼って帰るのに」という声も出ていた。海をバックに集合写真を撮ってから次の上野王子へ向かう。先日の大雨で川の水が橋を越えたためか、通行止めの柵があったが乗り越えて進んだ。

上野王子の少し先に「清姫の腰掛石」があった。石の真ん中がくぼんでいる。清姫のお尻は石も凹むほど硬かったのだろうか。今日最後の津井王子到着の後、印南発の電車の時間が気になる 016:57分の次は17:44分で一時間近く後だ。全員疲れた体に活を入れ印南の駅へ急いだ。お蔭で 20分近く前に到着。汗で汚れたシャツを着替えることもできた。今日の 22kmは、ほとんど舗装道路で暑く厳しい行程であったが一人事故もなく完走できました。皆さんお疲れさまでした。帰り、大阪まで長い電車のもビールでのどの乾きを癒しながら、おしやべりに花が咲き短く感じました。