トップへ 熊野古道索引へ 熊野古道第9回へ
第八回 熊野古道を歩く

印南駅から紀伊田辺駅

中西妙子

日時 9 月 9 日(土)〜 9 月 10 日(日)

参加者 碇 強、内田隆雄、御旅屋春子、川津勉、川津一二三、神田幸枝、 藤田壽則、
      森野ますみ、高橋明美、田中サチエ、中西妙子、手島肇、武藤幸夫、
      藤原千恵子  計 14 名

コース 
(9/ 9 日)
印南駅10:20――斑鳩王子10:45――切目王子11:00――中山王子11:45――光照寺(昼食)12:35――岩代王子13:30――千里王子14:40――三鍋王子16:20――国民宿舎紀州路みなべ17:00

(9/ 10 日)
みなべ6:05――芳養王子(朝食)6:55――出立王子8:00――秋津王子8:50――万呂王子9:40――三栖王子10:20――八上王子11:05――稲葉根王子12:15――さと湯 12:40――紀伊田辺駅15:20


電車の中で急に雨が降ってきましたが、駅に着く頃にはやみました。前回印南駅から見えていた、真っ赤なアーチ型に黄色のカエルがのっているは何だろうと思っていたのですが、今回よく見ると橋でした。印南とカエルなにか関係があるのでしょうか。

 駅から斑鳩王子には国道を行き途中から左に入りはどんどん登っていくと、後ろには海が広がっています。汗をかきながら登って王子跡立って見る海は優美であり壮大でもあり疲れを癒してくれました。

 雨は降ったりやんだり傘をさしたりとはっきりしない空です。蒸し暑く舗装道路をひたすら忍耐をもち歩きました。光照寺で昼食です。食欲も出ないが、これからまだ歩くので、無理に口にいれました。もう雨の心配はなさそうです。

 岩代王子に向う途中には、マムシ注意の看板があり、先頭に行くのは怖いと言う人もいました。岩代王子を過ぎると海岸道であり、そして千里浜に降りたち、浜辺を歩いて行くと、海岸にある千里王子です。今までの歩行中で最高の景色です。疲れが吹っ飛んでいきます。波打ち際の砂が引き締まって歩きやすいので、だいたいそこを歩いて行きました。川を渡るのに靴を脱いで渡りました。冷たくて気持ちが良かったです。左手にはJRの線路が見えています。

 このあたりは、南部梅の産地です。みかんより梅の木があちこちに植えられています。春に訪れたいものです。歩いているとどこからともなく梅干しの匂いがただよってきます。よく見るとビニールハウスの中においしそう大きな粒の梅がたくさん干してありました。国道筋にでると梅の工場やお店がありました。紀州梅干館に入り試食し冷たい水を飲んで、今日最後の三鍋王子に向いました。

 今夜の宿、国民宿舎「みなべ」に 5 時に着きました。温泉はすぐ前が海です。海を見ながら汗を流しました。夕食のビールの美味しかった事、梅のワインもいただきました。

 翌朝、 6 時出発朝食は前日コンビニで、購入しておきました。海を見ながら、早朝で、涼しく芳養王子に向かいました。津波の看板が海抜で表示して電柱につけられています。「あの高台まで逃げるのかな」と言いながら前へ進みました。

秋津王子は、田んぼの側にひっそりとあり、麻呂王子跡は、梅林のあぜ道を入った所で、道標もなく見逃しそうです。オリエンテーションのようです。

 三栖王子から小さい峠を越えます。この道は古道の趣があり、アップダウンを繰り返しながら、山道を下り切るとトンネルの車道に出ました。八上王子まではすぐです。予定よりかなり早く着いたので、八上王子は西行の歌碑があり大休憩ゆっくりしました。後は、稲葉根王子のみになりました。富田川で潜橋を見ながら川に沿って行くと、水垢離場跡があります。これはこの川で体を清めてお参りしたそうです。すぐ側に稲葉根王子がありました。予定より 2 時間早くつきました。これで今回の行程はすべて終わりです。

予約していたタクシーで温泉弁慶さと湯に向かいました。新しい温泉です。ここではゆっくり入り食事もしました。皆さんさっぱりした顔です。タクシーで駅に行く前に神社でスタンプを押してもらう為によりました。弁慶と田辺の関係はなんだろうと疑問でしたが、弁慶のおとうさんの出身地だと運転手さんの説明でした。大阪まで長い電車はおしゃべりと睡眠でした。碇さんお世話になりました。  

次回からいよいよ中辺路になります。楽しみです。