トップへ 熊野古道索引へ 熊野古道第10回へ
第九回 熊野古道を歩く

紀伊田辺〜稲葉王子〜滝尻王子〜高原熊野神社

藤田壽則

10月21日(土)9時40分 紀伊田辺駅集合

参加者 碇(CL)、内川、神田、川津(一、勉)、佐野、手島、高橋、中西、武藤、藤原、
      藤田 計12人

歩行距離 16,7km  歩行時間6時間18分  天候 晴  王子跡 6箇所

コース 紀伊田辺〜稲葉根王子〜滝尻王子〜高原熊野神社

清く澄み渡った快晴の南紀の山、紅葉にも誘われて自然道を歩きました。
定刻に全員集合。久しぶりの人、碇さん始め元気な皆さんの笑顔に再会を喜びました。乗り場で待機していた予約のタクシーで出発。積もる話もそこそこに着いた所は「畑を守る稲荷社」稲葉根王子近くのコンビニストア。ここで朝間食?の支度。
前に広がる花満開のコスモス園で腹ごしらえも整い、10:30熊野古道に向け出発。
国道311を東にのどかな街道を歩き始めて間もなく、ログ仕様のモダンな建物の一ノ瀬郵便局があり、一寸気を取られる。富田川の橋を過ぎた辺りグラウンド、老人センター、公民館等すっきりと新しい印象に、古道も整備されていると思われた。
杉林で日陰になった車道の川沿いで目にした「楠木が目標」の一ノ瀬王子。スタンプを押した人も綺麗な印に感心。 11:20出発。わずか日陰の川沿いから少し急な坂を登り降り。民家の軒下や畑の間を進み花折地蔵へ。平野三郎国綱の墓を通り過ぎて国道沿いの鮎川王子に。バス停にトイレ、休憩所があり一休み。 11:45前の橋を渡り杉、檜、橡の大木のある住吉神社到着。神社奥の樹齢6〜700年の大木は「オガタマの木」とあり、初めて聞く名前だった。少し歩いて道路際角にポツンと立つ藤原定家の碑に「そめし秋を暮れる‥‥」との一句があった。道の脇に栗の木があり実が割れているので揺らして実を落した。崖下にアケビの実が3〜4個あり一個採る。これを見て、初めてアケビを知ったという人もいた。
揺れない吊橋を渡り、急な登り坂を過ぎると「純粋で一途」の清姫の墓がある。
ここで昼食。少し先の清姫茶屋に立ち寄り朱印と木札を頂いた人も数人。民家を抜け、橋を渡った所に滝尻五体王子、滝尻王子があり、茶店の冷水が美味しかった。
 ここからは、いよいよ登りのきつい山道になる。登り始めた所の棒の大木の根っこが大きな石に跨っているようだ。「和合の木」との看板がある。自然と樹齢に感心。
この先の急坂の上に胎内くぐりの岩があり、何人かはくぐりぬけた。中は暗く小さな穴で、通れない人もいた。
今日のメインの登山道は、水森かおりが歌っている「熊野古道」の「足を取られる木の根道 杉の木立に見え隠れ つまづきながらもまた一歩 峠越えれば石畳己は強く成るという」ようだ。急な登りが終わり頂上に。ここから少し下り、高原熊野神社に全員無事到着。予定の電車に間に合うかと心配しながら待っていた予約のタクシーで一路紀伊田辺駅へ急いでもらう。電車出発の10分あまり前に到着。予定の通りに乗ることができ、無事に終了しました。
秋空澄み渡るお天気に恵まれ、トラブルもなく皆様と楽しく歩けたことが喜びです。碇さん、ご苦労をかけ、お世話になりました。大変お疲れさまでした。
「碇さん、イカリないで次回もよろしくお願いします」