トップへ 熊野古道索引へ 第2回へ
 熊野古道 小辺路歩き 第1回
           (高野山〜三浦口)


月 日:515日(土)〜16日(日)

参加者:碇強(CL)、赤木サナエ、泉堯・富美子、伊藤由美子、御旅屋瑛一・晴子、上口久男、
    川津勉・一二三、川戸せつ、神田幸枝、高橋美明、田中サチエ、手島肇、豊島順子、
    向谷恵理子、森野ますみ  計18人

【1日目行程】  A班 御旅屋 晴子
    蛍池7:00高野山金剛峯寺9:45薄峠10:55水ヶ峰分岐13:00今西辻14:55
    平辻
15:0516:00大股

 「いいお天気でよかった」と喜びながら旅の無事を願おうと金剛峯寺の門をくぐった途端、皆の「オー」という驚きの声の原因はシャクナゲ!何処を見ても盛りと咲き誇るピンクの塊に迎えられ幸先のよいスタートをきりました。
 高野山からの古道なので深い杉並木の間を歩くとイメージして来たのですが結構広けた明るい路で路肩を見ると丁度食べ頃の蕨(わらび)がチョコチョコ出ています。こうなると採らずにはいられませんよね。左右キョロキョロしながらでもなだらかなので路ははかどります。「くまの本宮より17里」と刻まれた丁石をすぎ御殿川を渡り大滝集落の広場で食事です。
 中辺路を歩いたときは「王子」址が沢山あったのですが小辺路には全然ないのに気がつきました。小辺路は王侯貴族用の中辺路と違い商人と庶民の使った路で、広場の案内板を見ると高野山から本宮までほぼ一直線に山道を南下していてアップダウンがかなりのものです。庶民は迂回する暇も惜しかったのでしょうか。70Km強の距離を何日かけて歩いたのでしょうか。「昔の人は足が強かったので一日に40Km歩いたと思うから二日で歩いた。」「いやー 上り下りがあるし荷物もあるから三日かかる。」「今まで宿らしいものがなかったので野宿かな。(二日目の行程に宿や茶屋の址があるので泊まれたのですね)」昔の旅を偲びながらの食事です。
 ここからは高野龍神スカイラインや林道と合流したり離れたりの繰り返しです。開けた所からは遠い山並みが見え、どれが大峰か大台かと賑やかに歩きます。平辻を過ぎたあたりから朱色の山ツツジがチラチラ目を楽しませてくれ 足元にはギンリョウソウが現れました。
疲れたなーと思う頃今日の目的地大股到着。野迫川温泉の車で温泉に送迎してもらい、すっきりした後の夕食は焼いたアマゴ・ゴマ豆腐・イタドリの他にすき焼きです。採ってきたばかりの芹と三つ葉が山盛りなのでこういう珍しいものは食べなくてはと意欲満々で鍋に向かいます。芹、三つ葉はアクもなく軟らかくておいしかったですね。
 18人泊まると満員で仏間までお借りしてゆっくりと寝かせてもらいました。

【2日目行程】   A班 向谷 恵理子
     津田旅館7:22発→萱小屋跡8:18着→桧峠9:17着→伯母子岳分岐9:55着→ 
   伯母子岳頂上
10:20着→伯母子峠の山小屋10:40昼食→11:20発→上西家跡12:11着→
   水ヶ元茶屋跡
13:17着→待平屋敷跡14:30着→伯母子岳登山口15:10

 山の幸たくさんの美味しい朝食を満喫した後、早速ザックを背負っていざ2日目出発です!いきなり急登だったのでゆっくりゆっくり登ることに・・・。二人静(ふたりしずか)がちらほら、オオカメノキの白い花がちらほら、コブラのような葉っぱがちらほら(名前忘れました・・・)、いろいろな草花がたくさんあり、みなさんが評論しているのを、ただただ聞いて得ることしか出来ない知識のない未熟な私は、とてもいい勉強になりました。
 下りになるとやっぱりホッとして、これまたブナ林の空気が最高に気持ち良くて体中にしみわたりました。平坦な道になると見渡す限りの美しい新緑の全模様!!本当に空気が気持ちいい最高なハイキングでした。
 伯母子岳頂上は見事な絶景で、思っていたよりも高くて、ぐるりと360度の新緑山々が見えました。ここはテンションがピークに上がりました。
 昼食には津田旅館よりの美味しいお弁当を食べて再び歩きます。家跡・屋敷跡を通り見ながらお迎えのバスが見えた時には「やった〜、降りた〜」と思いました(私だけ? 帰りは大塔温泉「夢乃湯」で入浴。よく歩いた体の疲れを癒しました。
 今回は歩いてみたい熊野古道を山の先輩方と歩き、草花や鳥などのいろいろな話が聞けて楽しかったです。そして空気が最高によくて体が気持ちよかったです。旅館も美味しい山の幸料理、とても美味しかったです。川津さんはじめ、碇さん、他みなさま、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。