トップへ 熊野古道索引へ 第1回へ
熊野古道 小辺路歩き 第2回
              (三
宮)


月  日 3月19日(土)〜21日(月・祝)
参加者: 赤木サナエ、碇強
(CL)、御旅屋瑛一、御旅屋晴子、川津勉(SL)、川津一二三、川戸せつ、
    神田幸枝
(会計)、久保田明、高橋美明、手島肇、豊島順子、藤原千恵子、森野ますみ、
    (一般)甲斐あゆみ、田中みゆき  計16人


〔1日目 19日〕
 蛍池駅前12:00マイクロバス→谷瀬吊橋→16:00十津川村風屋(民宿)

〔2日目 20日行程〕 A班 藤原千惠子
  民宿6:45 マイクロバス→三浦口→吉村家跡→三十丁の水→三浦峠→古矢倉跡
  →出店跡→矢倉観音堂→西中バス停→14:50十津川昴の郷15:00十津川温泉(民宿)

どんより曇った空を見上げて「どうか少しでも雨が降るのが遅くなりますように・・・」と願をかける。天気予報は曇りのち雨。出発を15分早め645分に民宿を出る。30分程で三浦口に到着。軽く身体をほぐし、船渡橋を渡り石畳が残るいかにも古道らしい山道へとさしかかった。

絵本に出てきそうな大きな杉の木は吉村家の防風林だったとか。この吉村家、今はなく、ただこの大きな杉の木だけが何年もの間この地を通る旅人を見守って来たのだろう。石垣で囲まれた棚田もかつての集落の跡を想像させてくれる。三十丁の水、ちょっと見落としそうになったけれど、のどを潤すには十分だ。

 20分ごとの小休止を取ってもらい、ゆっくりと登ってゆく。休むたびに何かを口に運ぶ。だからなのね・・・山から帰ったら、太っている!エネルギー、エネルギー!

登り始めて2時間15分、三浦峠(1080m)に到着。高低差約700mをクリアーした。トイレもあって大助かり。ここで軽食タイム。昨夜の民宿でおにぎり3個がみんなに配られたが、持ってきていたサンドウィッチをかたづけ、暖かい紅茶を飲んだら元気が出てきた。さぁ〜これからは下るのみ。足取りも軽やかにドンドン歩く。雨も今のところ大丈夫だ。1150分、矢倉観音堂に到着。耳の観音様との事。頭をなでて健康をお祈り、そして2度目のランチにする。今度はおにぎりを食べる。美味しい!

 ひょこり、自動車道に出た。もう西中バス停だ。山道はおしまい。舗装道路を歩かなくてはならない。バスが待機してくれている。しばらくは全員で歩いたが、雨が途中降り出し6名がバスへ、後の10名は歩き組へと分かれる。約2時間、小雨の中を黙々と昴の郷まで歩いて、到着したのは午後3時少し前だった。

 前半の小辺路歩きができず残念だったけど、明日はいよいよ果無峠越えだ。
雨よ、今夜中目いっぱい降っていてね。そして明日は雨が上がりますように!

 

〔3日目 21日行程〕A班 手島 肇
  民宿7:45 →登山口→果無集落→観音堂→果無峠→花折茶屋跡→三十丁石→七色分岐→林道出合→
 八木尾バス停→道の駅奥熊野古道ほんぐう→三軒茶屋跡→祓所王子→熊野本宮→本宮駐車場
16:30
 18:10蛍池駅前

天気予報通り目覚めれば激しい雨。今日の行程は諦めざるを得ないかと頭をよぎる(私だけかも?)。 回復傾向にあるという予報を信じて、朝食を済ませたあと出発を少し見合わせる。すると、みんなの願いが叶い見事に雨は上がった。

 参加者のテンションは大いに上がり(少なくとも私は)、果無山脈を越えて熊野本宮に向けて好スタートを切ったのである。あとはリーダーの適切な指示のもと、適宜休憩を取りながら(そのたびにおやつを頂き感謝!!) 順調に進んでいった。

三十三の観音様に見守られながらのコースで、天候の回復は観音様のご加護に違いないとあちこちから聞こえてくる。歩きながら浮かんで来た想いをお二人から頂きました。 

霧木立 いにしえの道を ふみしめて はてなき夢を 古代にはせて

                           藤原千恵子

小辺路講 祈りの道や 三十三仏(ミソミブツ)

                           明平楽(久保田 明)

果無山脈を越えた一行は、ペースを上げてその後も順調にゴールを目指した。そして、予定より少し遅れた1540分無事に熊野本宮に到着したのだった。私は適度な疲れを感じながらも、無事に歩き終えたという開放感に浸っていた。これで中辺路、奥駆道に続いて小辺路も完歩。リーダーをはじめ多くの方々に支えられてこそ達成できたことで、今ここに私が立っていること自体に感謝の気持ちを新たにする(勿論今回の震災の事がこの想いを強くしている)。あとは、各自が好みのお土産や車内のお供を購入してバスに乗り込んだのだった。参加者の皆様どうもありがとうございました。