トップへ 熊野古道索引へ 第2回へ
 世界遺産・熊野古道・伊勢路を歩く

【第1回】 伊勢神宮 内宮~川添 (37km)


日 時 2012年6月9~10日  近鉄鶴橋 8:10集合
参加者 赤木、碇(CL)、御旅屋晴子、瑛一、川津(SL)、久保田、高橋、藤原、森野、
      一般(田中、平林)  参加者11名

熊野古道とは
紀伊半島南部にあたる熊野の地と伊勢や大阪・和歌山、高野及び吉野とを結ぶ古い街道の総称で、「熊野街道」とも呼ばれています。
熊野古道には伊勢と熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)を結ぶ➀伊勢路、大阪から和歌山を経て熊野に至る紀伊路は田辺で熊野本宮に向かう②中辺路(なかへち)と、そのまま紀伊半島を海岸線沿いに那智へ向かう③大辺路(おおへち)、高野山から熊野本宮へ向かう④小辺路(こへち)、吉野から熊野本宮へ向かう⑤奥駈道(おくがけみち)とも呼ばれる大峯道などのいくつかのルートがあります。

1日目 6月9日 コースタイム 
  宇治山田(10:40)-伊勢内宮(11:20)-おかげ横丁・昼食(12:08-12:38)-猿田彦神社(12:50)-
  外宮(13:55)-柳の渡し跡(14:58)-田丸(16:58)
  所要時間 5時間40分、  歩行距離 15km、  時間当たり2.64km、
歩行記録
小雨の中を伊勢内宮の宇治橋を渡りいよいよ伊勢路歩きのスタート、気持ちのよい砂利道を歩き内宮で神妙に道中安全を祈願し参拝をする、参拝後に弁当持参組みと食堂組に分れ昼食を取る、おかげ横丁を出立時には雨も上がり気持ちよく再スタート少し進み猿田彦神社でトイレ休憩、商店や住宅の有る市街地を通りほどなく外宮に到着する、外宮に参拝後花菖蒲がきれいに咲いた庭園の見学、小休止し柳の渡し跡を目指し出発する、途中に小西満金丹の立派な木造建築を見ながら少し進めば広い宮川の土手に出る此処が柳の渡し跡、度会橋を渡り対岸の渡し跡の看板を確認後今夜の宿舎田丸を目指し途中に田んぼのあぜ道に有る三等三角点を見つける、田丸は大阪より来る伊勢本街道と熊野街道の分岐点になる場所である、昔の方達は此の田丸で装束を変え熊野を目指した場所である。今回は此の地の【料理旅館栄亭】を宿とし皆さんと夕食はなごやかにとり、早めに就寝する。

2日目 6月10日 コースタイム 
  田丸(6:36)-接待地蔵尊(6:59)-東外城神社(7:33)-永昌寺(8:12)-女鬼峠口(8:44)-
  女鬼峠(9:15)-相鹿瀬寺跡(9:36)-森ノ上遺跡(10:21)-下新田小学校昼食(11:00~11:30)-
  殿様井戸(12:39)-川添駅(13:18)
  所要時間 6時間42分、  歩行距離 22km、  時間当たり3.6km、

歩行記録
 早めの朝食6時よりいただき栄亭を出発、川を渡った所に立派な道標が建っている、  しばらくは車道歩き時間も早いので人影も無く車のみ、20分程で接待地蔵に出会い、東外城神社前を通過少し先に今回の道中唯一のコンビニで昼食を仕入れる、猿田彦神社ゆかりの碑の先にある古寺永昌寺で小休止する、裕福な集落か?多くの家が蔵持ちの集落通りを過ぎたら女鬼峠口、坂道には荷車を引いて登った轍の跡が残る岩道を登り峠の切り通し、かって人力で岩を砕き街道を整備したものであろう、女鬼峠の上(古道)からは天候も好く遠望は山々がつながる中に集落や田畑があり美しい眺めだ、峠を下った所が相鹿瀬寺跡、付近の道の脇に可憐な笹ゆりがそこかしこと美しく咲いている、集落に出た所からは舗装道路が続く、付近の畑は茶畑が沢山点在して有りお茶処と見受けられる、綺麗な宮川の川原での昼食場所を探すが適当な処が見つからずしかたく、下新田の小学校のグランド脇で昼食を取る、中新田には製茶家さん数件の工場が軒を並べて有る、車路を進むとバカ曲がりからめがね橋を通過し神瀬を過ぎると山道に入る、年中枯れることの無い【殿様井戸】の脇を通り杉の樹林帯を通過し下楠の集落から無人駅の沢添駅へ予定の電車時間まで36分の余裕でゴールできた、おかげで着替え等ゆっくりと余裕もって出来無事第一回の伊勢路歩き終了しました。 
                                                  報告者  碇 強


1日目 伊勢神宮にお参り


● 2日目 田丸の栄亭を出発