トップへ 熊野古道索引へ 第3回へ
 世界遺産・熊野古道・伊勢路を歩く

【第2回】 川添~紀伊長島~志子奥花広場 (40km)
日 時 2012年9月15~17日  近鉄鶴橋 7:10集合
参加者 赤木、碇(CL)、泉尭、富美子、御旅屋晴子、瑛一、川津(SL)勉、一二三、久保田、
     高橋、豊島、藤原、森野  参加者13名

* 熊野古道とは、
紀伊半島南部にあたる、熊野の地と伊勢や大阪・和歌山、高野及び吉野とを結ぶ古い街道の総称で、「熊野街道」とも呼ばれています。伊勢神宮(内宮)と熊野速玉大社を結ぶ街道を伊勢路と称しています

1日目 9月15日 コースタイム 
 近鉄鶴橋7:18~松阪~川添10:15
 JR川添駅10:28-道標地蔵 10:59-八柱神社11:55-三瀬砦後12:30-
 民宿大黒屋12:40~13:00-道の駅大台(昼食13:09~13:45)多岐神社14:03-
 峠口 15:09三瀬坂峠14:40-峠口15:09-瀧原宮15:40~50-
 阿曽駅17:08-17:33-三瀬谷駅17:44
 所要時間 6時間37分、 * 歩行距離 19.5km、 時間当たり3.07km、
歩行記録
天候にも恵まれ予定通り前回のゴール地点川添駅をスタートする途中には庚申さんや道中安全祈願地蔵などがある田舎道を三瀬谷目指し快調に進む2時間10分程で今日のお宿の大黒屋に到着、荷物を預け三瀬坂峠を目指し出発少し先にある道の駅で小休止、店の方よりこの先ヒルが多いい事を聞く、ヒル対策の塩を購入し宮川に架かる有形文化財の船木橋を渡り多岐原神社へ参拝後いよいよ今回最初の三瀬坂峠(▲260m)へ約1.1kmの急坂を登り小休止ヒルの情報が有るので素早く下山路へ足元には石がごろごろ有るがこけむした急坂を気持ちよく登山口へ下る、舗装路を30分程で瀧原宮へ参拝予定であったが参道だけ往復1kmあり次の列車に余裕がなくなるので神社前で拝礼と記念撮影を撮り大内山川沿いに熊野古道コースを古い町並みや大滝峡の遠望をたのしむ、時間が有れば寄って見たい阿曽温泉や立派なケヤキの有る阿曽観音堂等を見、少し余裕をもち無人の阿曽駅に予定通り三瀬谷の大黒屋に到着、入浴後夕食はビールで乾杯。

2日目 9月16日 コースタイム
 大黒屋旅館・・・三瀬谷~阿曽8:04
 JR阿曽8:06-大岩公園8:46-雨具着用10:37-一里塚11:03-大内山駅舎11:46~
 12:20中組常夜燈12:21-小公園13:23-峠登山口14:04-ツヅラト峠・展望台-
 山の神15:14-分岐記念碑15:45-志子奥花広場15:59-送迎バス16:20 
 所要時間 7時間53分、 *歩行距離 20.5km、  時間当たり2.6km、
歩行記録
三瀬谷より阿曽駅に列車で移動、無人の駅前より今日のハイライト世界遺産指定の
ツヅラト峠へスタート、遠くを通過中の台風の余波で厚い雲に覆われ雲の流れも速い、昨日
と同じ大内山川沿いに歩き始める少し進んだ所から小雨が時々ぱらつく、岩船公園で小休止後も時折急に降ったり止んだりが続くかなり大粒の雨、近くの納屋を借り雨具を着用する、一里塚辺りより雨は上がり快調に川沿いを歩く大内山駅舎の中で昼食を取り雨具も脱ぎ、珍しい木組みの常夜灯等を見ながら川沿いの道を道標に従い何ヶ所もの橋を渡り下里の小公園でトイレ休憩しいよいよ鬱蒼とした林道を通りツヅラト峠口へ向かう、登山口から世界遺産登録地内に木製の伊勢路標識が約100m間隔に設置されている、ツヅラト峠には0/18~18/18の標識が設置されてある「後に熊野古道センターに問い合わせ判明した」、登山口から6/18でツヅラト峠(▲350m)に到着する、展望所からは長島港や遠くに熊野灘が雲の覆われた下方に見える、しばし眺望と休息を取る其処で藤原さん久保田さんがヒルに噛み付かれているのが判明し大騒ぎとなる、下山ルートは九十九折の石畳で雨の後なので滑り倒れ無い様に慎重に急な坂道を志子奥の花広場をめざし下る、花広場までは民宿はま風の送迎バスが迎えに来てくれた。
風呂上りの夕食は地元で取れた大きな岩カキや煮魚等大いに堪能する。

3日目 9月17日
夜間相当な雨、朝には雨も上がっていたが台風余波の降水確率予想90%参加者の総意により予定を中止し返る事にする、松阪で下車し昼食に地元のお勧めの石焼きの松阪牛を頂き帰阪する。                                                       報告者  碇 強

 


1日目 皇大神宮(内宮の別院)瀧原宮前


● 2日目 ツヅラト峠よりの遠望 低い雲に覆われている
       ツヅラト石畳 昭和45年4月には町指定文化財、今や世界遺産に指定されている