トップへ 熊野古道索引へ 第4回へ
 世界遺産・熊野古道・伊勢路を歩く

【第3回】 紀伊長島~三木里 (40,5km)
日 時 2012年10月6日~8日  近鉄鶴橋 7:10集合
参加者 赤木、碇(CL)、泉尭、富美子、御旅屋晴子、川津(SL)、久保田、高橋、
          藤原、森野、  参加者10名

熊野古道とは、紀伊半島南部にあたる熊野の地と伊勢や大阪・和歌山、高野及び吉野とを結ぶ古い街道の総称で、「熊野街道」とも呼ばれています。伊勢神宮と熊野速玉大社を結ぶ街道を伊勢路と称しています

1日目 10月6日 コースタイム 
近鉄鶴橋7:18~松阪~JR紀伊長島11:05
花広場11:20-志子小学校11:45-石仏道標13:10-島地峠12:50-加田教会前13:20-
一石峠13:40-平方峠14:00-古里民宿前14:13-
佐甫道展望所14:33三浦峠登り口15:05三浦峠15:15-三野瀬駅15:55-
始神桜広場16:20
所要時間 4時間40分(予定5:15)、歩行距離 16.6km、 時間当たり3.56km、
歩行記録
 列車少し遅れJR紀伊長島に到着する、予約の民宿の送迎バスで紀伊長島駅より前回のゴール地点の志子奥・花広場へ、準備後スタート志子奥の集落から下地に向かい途中の志子小学校では運動会の開催中だ、加田石仏道標より島地峠へ登るが峠の表示なし、加田集落から先の店舗脇の無料休憩所で小休止後一石峠を越え車道に出た所が平方峠だ、車道の坂道を下った先が古里地区、今夜お世話になる民宿はま風や古里温泉など民宿の多くある集落を通り過ぎ海辺の道を進む、海辺を通る佐甫道は通行止めに成っていたが海岸に突き出たサボ鼻水平展望台の東屋が斜面の崩落で全壊している、崩落した斜面より東屋の屋根を乗り越え強引に通過する、東屋の屋根上は紀伊の松島を一望出来る眺望の素晴しい場所であった、海岸線を1.5km程進み熊谷道の三浦峠への登り口へ(標識1/18~18/18)これより1.8kmほどは世界遺産に登録されている、峠(140m)までの、登りは急だが下りは緩やかな古道の坂道を下った先はJR三野瀬駅これより1kmほど先の始神峠の登り口にある桜広場が1日目のゴール、其処で地元の古道保存会の西村さんに会い地元有志の方々が古道の保全活動などの話を伺い記念に全員に手作りの熊野古道の木札を頂き記念写真など取っている内に民宿の迎えのバスが来る、二度目の宿なので様子も判り手際よく入浴など済まし、今回もたっぷりな魚介類やビール等の夕食を頂きました。

2日目10月7日 コースタイム 
古里民宿6:30-広場6:50-始神峠登山口7:00「江戸道」-始神峠7:38-明治道-
東屋8:45(休)-庄次屋9:40(休)-船津駅10:10-相賀神社11:39-便ノ山橋-
相賀神社11:40昼食-馬越峠登山口13:20-馬越峠(280m)14:05-
天狗倉山(522m)14:53-峠15:25-登山口16:00-行者堂16:05―北川橋16:20-
民宿(風帆)16:25
所要時間 9時間25分、歩行距離 25km、時間当たり 3.4km、
歩行記録
 古里の民宿よりバスで昨日の始神峠口まで送って頂き、準備体操後6:55に桜広場をスタートすぐに世界遺産の始神峠道の江戸道に入る、峠までは高度さ147m余り50分で苔むした古道を峠の展望所へ登頂する、峠からは紀伊の松島の島々が点在し素晴しい眺望を楽しむ、峠からは宮谷池まで約2kmの明治道を下った先に立派なトイレと民家の庭先に古道歩きの方々の為に立派な東屋を提供して頂いているしばし休息し、大船川の川中の道を通りぬけ、旧道脇に有る庄次屋さんの庭先にある東屋に立ち寄ると親切な奥さんとご主人が出て来られ冷たいお茶を勧められしばしご夫婦と我々とで地元の事など歓談する、お礼を述べJR舟津駅前から相賀の町まで進み相賀神社境内で昼食を取る、此の地点より新宮まで70kmの標識がある、1.5km程進んだ所に便ノ山橋ここから宝泉寺や便ノ山神社等をコース外であるが30分ほど散策し銚子川を渡り世界遺産の馬越峠道(2.8km、標識1/22~22/22 )へ歩を進める、峠道は大きく重厚な自然石を折り重なるように敷き詰めた石畳が延々と続いている馬越峠までは役40分の登り、峠より天狗倉山へは高度差200mの急坂の登り山頂には巨大な石が折り重なって有り山頂からは尾鷲港から太平洋まで見渡せる絶景の場所でしばし眺望を楽しみ峠に下り休息タイムを取る、尾鷲港を目指し一気に南下する古道の石畳は登りコースよりやや小ぶりの石が使用されている、馬越公園から行者堂を通り大きな墓地を下れば今日のゴール地点北川橋である、川沿いに港に出た所が今日の宿である民宿風帆だ、便ノ山地区と天狗倉山を廻り道したので予定よりかなり時間オーバーになる、夕食はボリュウムたっぷりの魚の煮付けや貝類などを美味しく頂き明日の八鬼山越えに備え早々と就寝する。

3日目10月8日 コースタイム 
尾鷲民宿6.40-北川橋6:50-やのはま道7:30-八鬼山登山口8:20九木峠10:30-八鬼山峠11:10-八鬼山山頂11:13―展望の丘昼食11:22~45-登山口13:32-名柄バス停13:32三木駅13:50
所要時間 7時間00分(予定6:15)、 歩行距離 14km、 時間当たり2km
歩行記録
 此の日も6時よりの朝食をお願いし八鬼山越えに備えたっぷりと朝食を頂き、玄関前の漁港でのこれから登る八鬼山をバックに記念写真を撮り出発する、北川橋からスタート尾鷲の駅まで行き昼食を購入、尾鷲市内の古い旧家や立派な造りのお屋敷等を見ながら又くねくねした、やのはま道を通り石油の備蓄タンクの脇から八鬼山登山口の広場へトイレと準備運動を済ませ熊野街道の西国一の難所と言われた八鬼山越え、気を引き締め世界遺産の道案内板や1/63の標識の確認し登り始める、いきなり綺麗に敷石を並べ苔むした石畳道を進むことになる、暫く進むと行き倒れ巡礼供養碑や丁石のお地蔵さん等があり又休憩場所であった駕籠立場などで早めの休息を取りながら、急坂を登っているのだがメンバーの皆さん余り疲れを感じない様子、石畳を敷き詰めたつづら折れの七曲の急坂も難なく通過し桜茶屋の1里塚は27/63の標識へ、30/63には蓮華石と鳥帽子石等見所の多い古道を登って行くと所々で丁石の地蔵さんが迎えてくれるその先が九木峠だ、次に登り詰めた所が八鬼山峠に八鬼山▲627mが迎えてくれた、山頂近くの眺望の素晴しい広場で賀田湾や二木島湾を見下ろし昼食を取り三木里を目指し慎重に下山路を下る、下山路脇の杉の木に世界遺産登録反対の白ペンキで多くの木々に大書しているのを見て少し憂鬱な気持ちにさせられた、気を取り直し少し下れば三木里の町に出る市街地を通り三木里の駅に急ぐ、今回の伊勢路歩き3日間とも天気に恵まれ8箇所の峠の内4箇所は世界遺産の道を予定通り順調な楽しい旅になった。
                                         報告者 碇 強


● 1日目 始神峠古道保存会の西村さんと   撮影者 川津勉さん


● 3日目 
民宿風帆玄関前の尾鷲漁港、バック左奥の山が八鬼山