トップへ 熊野古道索引へ 第1回へ
 世界遺産・熊野古道・伊勢路を歩く

【第4回】 三木里~熊野速玉大社~神倉神社

日 時 2012年11月23~25日  近鉄鶴橋 7:10集合
参加者 赤木、碇(CL)、泉尭、富美子、川津(SL)勉、一、久保田、高橋、豊島、藤原、
      森野、田中(一般)   参加者12名

熊野古道とは、紀伊半島南部にあたる熊野の地と伊勢や大阪・和歌山、高野及び吉野とを結ぶ古い街道の総称で、「熊野街道」とも呼ばれています。伊勢神宮と熊野速玉大社を結ぶ街道を伊勢路と称しています。今回で最終回です延べ歩行距離175.8kmを完歩致しました、皆さんのご協力感謝いたします。

1日目 11月23日 コースタイム
近鉄鶴橋7:18~松阪~JR三木里12:19
三木里12:25-ヨコネ道登口12:50-三木峠登口13:20-三木峠13:40-羽後峠登口14:15-
羽後峠15:05-案内板15:30-賀田民宿(まさはる屋)15:53
:所要時間 3時間28分、:歩行距離 5.7km、:時間当たり 1.64km、:天候 曇り
歩行記録
 今回が最終回の伊勢路歩き、それにしても鶴橋より特急電車を利用しなかったら三木里までは所要時間5時間01分も要した、紀伊長島の駅で≒30分の待機時間、その間ホームより地元の祭りの見物、駅のホームには祭りに参加の高校生らしき若い女性が𦜝出しルックで走り回っていた目の保養、箕面の家を出る時には土砂降りの雨だった三重県にはいると雲も切れ天気も回復している、いよいよ前回のゴールの三木里駅より出発する、三木里の集落を少し南下し車道より賀田湾の見晴らしの良いヨコネ道に入り桃太郎石等を見ながら山道を進む一度国道に出少し先の今回最初の世界遺産の参詣道三木峠(120m)は急坂の苔むした石段の連続1/8 ~8/8三木峠展望所からは賀田湾の景観の堪能する、しかし少し残念ながら前回登った八鬼山は雲の中に隠れている、峠を越し民家の脇の猪垣ここでも猪と攻防の遺構跡がある、其処から再び羽後峠(150m)1/9 ~9/9へ登る 此処でも立派な苔むした階段や猪垣が延々と構築れている峠を下れば賀田の集落、民宿まさはる屋さんへ直行する、入浴後の楽しみは民宿まさはる屋ご夫妻もてなしの地元で取れた沢山の魚料理の数々をビールと焼酎の湯割で堪能す。

2日目 11月24日 コースタイム
朝食6:00-賀田(まさはる屋)6:40-曾根次郎坂・太郎坂登口7:14-行倒れ巡礼供養碑7:35-
甫母峠8:17-登り案内板9:50-二木島駅10:05-15二木島峠登口-10:33-二木島峠11:00-
逢神坂峠11:26-新鹿側登口12:40-波田須の道13:40-波田須神社14:00-
大吹峠登口14:46-大吹峠15:05-大泊側登口15:45-大泊(民宿)16:13
:所要時間 9時間33分、:歩行距離 15km、:時間当たり 1.57km、:天候 晴、
歩行記録
 昨夜と同じ魚拓に囲まれて6時より朝食を頂き6:40賀田の民宿をスタート天候も良くまだ少し薄暗い賀田駅前を通過し曾根町の立派な公衆トイレ前より曾根次郎坂・太郎坂の急坂の参詣道1/39~39/39 を熊に注意の看板を横手に見ながら登る、猪垣や石切り場跡、鯨石等を見ながら▲305mの急坂の苔むした階段をあえぎながら登る、45分ほどで甫母峠に到達する、峠よりの下り石段は未だ苔が濡れた状態、此処にも立派な猪垣ある、階段を慎重に下ると二木島湾は綺麗な漁港だ、駅の近くトイレを借用しばし地元の方との語らい、先を急ぐので早々と出立、二木島駅の山手より二木峠道・逢神坂峠道1~30/30 に入る40分で二木峠を通過25分ほど苔むした階段をアップダウン繰り返しながら逢神坂峠(290m)へ苔むした階段道を慎重に峠を下ると新鹿の集落は美しい海岸が有り夏には海水浴で賑わう所だ、砂浜脇で小休止を取り鎌倉期の石畳が残る波田須の道を通り大吹峠(205m)に1 ~14/14 登りは比較的ゆっくりとした峠越えで下った先は大泊町である、明日に行く鬼ヶ城に夕日が美しく又空には無数のトンビが舞っており美しい漁港だ、漁港にある民宿早苗さんにほぼ予定通り到着、入浴を済ませ今回の旅の最終の宿、釣り宿である民宿の料理は豪華な船盛料理はイセエビやたい、ひらめ等を堪能する女性方の浴衣もピンクの花柄で夕食は大いに盛り上がった。

3日目 11月25日 コースタイム 
大泊(民宿)6:06-松本峠登口6:35-鬼ヶ城6:45-鬼ヶ城先端7:10-千畳敷・朝食7:25-
城址登口7:52-城址(三角点)8:28-東屋8:52-松本峠9:00-熊野市9:20-獅子岩10:00-
花の窟神社10:10-25パーク七里御11:05昼食-六部の墓12:30-紀伊井田13:58-
成川橋15:00-熊野速玉大社15:16-神倉神社15:43-新宮駅16:50
:所要時間 9時間44分、:歩行距離 24km、:時間当たり 2.47km、:天候 晴、
歩行記録
 天候がよければ、世界遺産に登録されている鬼ヶ城から熊野灘に揚がる日の出を見る為に民宿の朝食はお弁当に宿を6時6分にスタート鬼ヶ城まで3kmの道を急ぐ松本峠口を確認し、猪ノ鼻岬先端より急に明るく成りだしたので急ぐ、辛うじて先端より少し離れた所の熊野灘からのオレンジ色の太陽が雲ひとつ無い大空に昇るのを写真の収めた、幸せの一時だ、鬼ヶ城はリアス式海岸最南端にあり凝灰岩の岩壁が波食を受けたのち隆起したため大小数十個の洞窟が連続する奇観を七里御浜や獅子岩が望める飛渡り付近まで進み、千畳敷まで引き返し日の出の太陽を背に朝食を取る、センター東口より35分で急坂の鬼ヶ城址に登る展望所からは雲一つ無い太平洋を望み、七里御浜が最も美しく見える東屋に進む、東屋の展望所からは七里御浜や新宮から那智方面や大雲取山方面が一望に出来た天気もよし苦労して来て良かったと実感する、東屋から松本峠へ進み峠を下り熊野市市街地から海岸の七里御浜は玉砂利のでは歩行困難な道だ中々進まないどうにか獅子岩から岩が御神体の花の窟神社へ参拝し、道の駅パーク七里御浜へ向かう、道の駅で少し早めの昼食後七里御浜を歩く、六部の墓の海岸で小休止後紀伊井田より山麓のコース取り成川の橋から最終目的地へ世界遺産の紀伊山地の参詣道を歩み今回も参加者全員無事、元気に熊野速玉大社へ参拝する事が出来た感激の万歳だ、新宮駅までの帰に道に世界遺産の神倉神社に立ち寄る最後の急階段538段の御神体のゴトビキ岩にお参りを済まし予定時刻の列車に乗り無事全工程終了いたしました。
                                                    報告者 碇 強

●釣人の宿 民宿まさはる屋で楽しい夕食


●民宿早苗の船盛料理と波田須神社前の新鹿港から大崎半島を望む


●熊野速玉大社に無事ゴールイン