トップへ 熊野古道索引へ 第2回へ
 世界遺産 熊野古道・大辺路を歩く


第1回 紀伊田辺~紀伊富田 【15km】
 熊野古道とは、紀伊半島南部にあたる熊野の地と伊勢や大阪・和歌山、高野及び吉野とを結ぶ古い街道の総称で、「熊野街道」とも呼ばれています。
 熊野古道には伊勢と熊野速玉大社を結ぶ①伊勢路、吉野から熊野本宮へ向かう奥駈道(おくがけみち)とも呼ばれる②大峯道、高野山から熊野本宮へ向かう③小辺路(こへち)、紀伊路は田辺で熊野本宮に向かう大阪から和歌山を経て熊野に至る④中辺路(なかへち)と、そのまま紀伊半島を海岸線沿いに那智へ向かう⑤大辺路(おおへち)等のいくつかのルートがあります。

日 時  2013年3月3日  JR大阪駅いかりスーパー前6時50分、 青春18キップ利用
参加者  赤木、泉✕2、碇(CL)、御旅屋晴子、川津(SL)✕2、加藤、木村、久保田、合田、
       高橋、南埜、西山、豊島、藤原、森野、一般(田中)  参加者18名
コースタイム 
    紀伊田辺10:50・・北新町道標11:04・・闘鶏神社11:08・・大懸神社12:12・・
    櫟原神社(朝来駅)・・郵便橋14:19・・白鷺橋14:45・・日神社15:10・・15分 JR紀伊富田15:25・・15:47発
      歩行時間 4時間21分、  時間当たり3.45km、

歩行記録

 予定と通り紀伊田辺に到着し駅前のトイレを借用し、北新町の熊野古道中辺路コースとの分岐点を確認し闘鶏神社へ、神社内に入ると何やらお祭りらしき雰囲気、弁慶社の前で児子さん達4名が40名ほどのスーツを着たりハッピを羽織った方々の前で舞を踊っている、近くに居る方に聞く処によると今日は武蔵坊・弁慶のお祭りとの事だ、暫く見物し参拝後先を急ぐ、名喜理交差点の先に南海大地震の津波水位柱の前を通り、昼食を取る為に、大潟神社へ階段を上る途中に安政津波の碑があり少し上の境内脇に宝永津波の碑、1707年に起きた海抜13.8mの場所に大津波の碑が建てられていた、此の地は過去にも度々大津波を経験した事が判る、境内で穏やかな日差しを浴びながら昼食を取り、国道42号線脇を通り先に進むJR朝来近くの櫟原神社から冨田川西側のコースを南下、暫く進むと郵便橋の欄干には赤いポストが3基並んで建っている、その脇を通り川沿いの道を進む、庚申さんを探すが見つからず、白鷺橋をめざす、川幅の広い白鷺橋を渡り少し進んだ道脇に大きな鯉らしき上の乗った魚濫観音の像が建っている、少し先の日神社を目指すが神社境内にある樹齢500年の御神木を見てゆきたかったのだが電車の時間が迫っていたので、紀伊富田駅を目指し皆さん先を急ぐ事にし、御神木は次回に見ることにし、約20分の余裕でゴーすることが出来た天候に恵まれ上々な旅たちでした。    報告者  碇 強

●中辺路との分岐の道標・・・左くまの道