トップへ 熊野古道索引へ 第3回へ
 世界遺産 熊野古道・大辺路を歩く


第2回 紀伊富田~周参見 【25km】
     世界遺産登録2箇所 「富田坂」と「仏坂」

日  時  2013年3月30、31日(土、日)    集合 JR大阪駅いかりスーパー前6時50分
       大阪発7:06→紀伊富田着11:03 JR青春18キップ利用
参加者  赤木、碇(CL)、御旅屋、川津(SL)、木村、久保田、高橋、南埜、豊島、
       藤原、森野、田中(一般)   参加者12名

1日目 (30日、土)  紀伊富田 ~ 安居の渡し場   *天候 晴】
コースタイム 
  紀伊富田・11:03-富田橋・11:19-日神社・11・23-
  草堂寺・11:51-一里松跡・12:10-「七曲がり」12:35-
  富田坂茶屋跡・13:46-安居辻松峠・14:071-庚申さん15:34-
  安居の渡し場跡16:25-民宿前田屋 16:45-えびね温泉17:05-17:50、
    歩行距離  14.7km、  *所要時間  5時間23分、 時間当たり2.70km、  

歩行記録
 車中で昼食等を済まし、前回のゴール紀伊富田駅よりスタート1日目のコースは大辺路最大の険路を越えて日置川への熊野参詣道である、富田橋より少しバックし前回通過した宝永4年の大震災のときに発生した、大津波警報版の有る日神社に参拝し樹齢500年の御神木に拝礼し草堂寺を目指す、此処からは前回にはまったく無かった大辺路の表示が富田橋の脇に「世界遺産富田坂」の立派な案内板が設置されている、草堂寺の境内では桜が満開に咲いている思わぬ花見見物をさせて頂き寺の脇の道標「くまのみち」より登る古道を進む、一里松跡等の旧跡を通り暫く登ると「七曲り登口」此処からは九十九折の急な坂道の峠茶屋跡から富田坂頂上の安居の辻松峠までが世界遺産に登録された参詣道だ、狭く又急坂もありだが快調に登る、途中の眺望の良い所からは天候も好く白浜の空港まで綺麗に見渡せた、下り道で少し判り難い場所もあったが無難に下る事が出来た、三ヶ川沿いに梵字塔や庚申さんを確認し安居の集落に降りる明日お世話になる渡し船の船頭さんの軒先に渡しの案内板を見つけ拍子木を叩くが無人の様であったが在宅しておられ、明日の船の予約の確認し集落を過ぎたところの安居の渡し場から前田屋に連絡15分位で迎えに来てく民宿へザックを置き直ぐに車で近場のえびね温泉へ広い日置川沿いに在る眺望の素晴しい温泉でゆっくりと入浴できた、湯上後にのんびりと日置川沿いの道を山桜や美しい川面を見ながら宿まで散歩する。

2日目 (31日、土)
コースタイム 
   安居の渡し場~JR周参見駅 *天候  曇り一時雨
   安居の渡し場北6:46-安居の渡し場南側・7:09-仏坂登山口・7:13-
   桂松跡・7:54-仏坂茶屋跡・8:04-不動尊・9:26-地主神社・10:00-
   周参見王子神社・10:50-周参見駅・11:22、
       (帰路 青春18キップ 周参見駅15:14~20:00 大阪) 
    歩行距離  10.3km、 *所要時間  4時間13分 、時間当たり2.44km、

歩行記録
 民宿より安居の渡し場へ予定通りに到着する、予約済の川船で穏やかな日置川を船頭さん二人に早朝の7時から向こう岸まで送って頂く、我々の為に4名の関係者の方が川辺に出ておられた1人500-では申し訳の無い様な金額であり感謝する、安居の南渡し場を少し登った所から世界遺産登録の急坂の仏坂、参詣道の両側は良く手入れされた杉林、渡し場から仏坂茶屋跡までは高低さ約250m余り眺望の良くない木立の中を途中で休憩を取りながら登る、茶屋跡を少し進んで林道に出るが直ぐに登りにアップダウンを繰り返しながら尾根道を周参見に向け南下する、▲300m付近(○救30の標識)の最高地点で休憩中に突然雨が降り出す、最初は雨具上着だけと思い準備中大粒の雨に変わり完全装備に変わる、そこから不動尊を通り仏坂登山口への急坂を下り約一時間余り小雨の中を進む、登山口脇に有る地主神社はお社も何もなし山全体がご神体で御神木の榊が祭られている、仏坂登山口から駅までの4.5km程は時折烈しい雨が降る車道を歩く、周参見は古くから代官所が設けられた町で周参見王子神社や満福寺等あり古い町並みを形成している、駅前からすさみ温泉のリゾートホテルホテル ベルヴェデーレに連絡、送迎バスでホテルに行きランチと温泉と枯れ木灘の景観をゆっくりと堪能し帰りは駅まで電車の時刻に合わせ送って頂く。
報告者 碇 強

●草堂寺の道標、「くまのみち」

●安居の渡しに乗船

●仏坂登山口へ下山