トップへ 熊野古道索引へ 第4回へ
 世界遺産 熊野古道・大辺路を歩く


第3回 周参見~古座【42.6km】
      世界遺産登録1箇所「長井坂

日 時 2013年4月27~29日(土、日、月) 集合JR大阪駅 前6時50分
     JR大阪発7:06→JR周参見着11:25
参加者 赤木、碇(CL)、泉✕2、御旅屋、川津(SL)✕2、木村、久保田、高橋、
     南埜、藤原、森野、 参加者13名

1日目 (27日、土) 周参見 ~見老津    *天候 快晴】 
コースタイム 
  周参見・11:25-国民宿舎周参見・11:40-生コン工場・12.05-観音様・12:24-
  西の庚申さん(タオの峠)・13:02-和深川王子神社・13:50-長井坂西登口・14:14-
  長井坂東登口・16:07-見老津駅・16:12 バス16:34→すさみ温泉・16:48-宿舎・16:50
  *歩行距離 11.1km  所要時間 4時間47分  時間当たり2.32km、
  *宿 国民宿舎 枯木灘すさみ   

歩行記録
 前回と同じく車中で昼食等を済ませ今夜泊まる国民宿舎「枯木灘すさみ」へ海岸沿いに行き手荷物を預け出発する。枯木灘の美しい海岸を見ながら進み、大串峠へは生コン工場の中を通り山道に入る登りきった所に海に向かった観音像が立っている。山道をアップダウンの繰り返しながら進み車道に出、少し進んだイルカの形をした家を見ながら集落の山側を進むが急斜面の畦道や崩れた道、猪避けの柵などあり迷路になっている、近くの民家の方の案内でどうにか通過し工事中の車道に出る事が出来た。その折地元の方に美味しい八朔を全員に頂き感謝~少し先に和深王子神社で休息する。
1km程で和深川口より長井坂は約5kmが世界遺産に登録されている長井坂の古道はツツジの花が非常に綺麗、其処かしこに咲きほこり足を止めては写真撮影しながら進む。最高峰は328mの古道からの枯木灘の美しい眺めを木々の間からの遠望を眺めながらと進む大辺路には版築道(道の水平を保つ為に土を固めた道)等が有り5kmの道がすごく短く感じた、急坂を下った先がJR見老津駅である電車の本数少なく今回はバスでスタート地点の周参見まで引き返す。国民宿舎は天然温泉ゆっくりと入浴。                 

2日目 (28日、日) 周参見→見老津~田並→串本  *天候 晴】
コースタイム 
  国民宿舎6:30-周参見発7:08-電車移動・・・見老津・7:17-スリの浜・7:52-
  松の内地蔵・8:33-・9:11-江住駅中平見の地蔵・9:58-木の本神社・11:03-
  和深駅・12:00-田子駅・13:09-田並バス停・14時57分 バス田並15:43~串本15:59
  *歩行距離18km  所要時間7時間30分  時間当たり2.4km
、 *宿 民宿葵屋

歩行記録
 宿での朝食を取らずお握り弁当6時30分に国民宿舎をスタート今日も穏やか快晴だ、宿舎前で集合写真を撮り砂浜の綺麗な風紋の感触を楽しみながら砂浜を歩きJR周参見駅へと進む一駅だが7時08分の電車しか無い、7時25分JR見老津駅をスタート国道42号線沿いに岩礁の枯木灘を見ながら進み25分程で「スリの浜」へ砂利の海岸を歩く此の海岸太平洋の荒波に晒らされ大きな玉石がごろごろとして歩きにくいが延々と続く岩礁の景観は素晴しい太平洋の水平線も綺麗に見え素晴しい所だ、海岸沿いの住宅地を通ると道路沿いに在る住宅ほとんどが空家である散歩中に地元の方の話では此の辺り空き家が非常に多いとの事で景色は良いが住むにはかなり不便な所だと実感する。道分け地蔵をより車道を進み江須の川を渡り少し先に松の内地蔵が坂ノ上に祭られている、この辺りには随分と多くのお地蔵さんが在るが大切に扱われている様に見受けられる、上平見より下った先が江住駅で休憩を取り30分程で宇の平見から「この付近から串本には海岸沿いの台地に平見と呼ばれる高台が多くある」中平見の地蔵さんへ、大平見の地蔵さんより六坊浜の海岸へ砂浜の上での昼食、海岸より国道42号線へ少し進んで串本町への境界・雨島平見から西の平見へJR和深駅で小休止を取る。市街地を通り東の平見から舟並漁港へ進み、新田平見から安指平見太子堂へ田子を通り富山平見からはひたすら国道脇をバス停田並駅を目指す。田並から串本駅に串本へはバス16分で到着する。民宿から近場の日帰り温泉のサンゴの湯へ入浴に行き食事前に橋杭岩の夕焼けの撮影に行く、夕食は楽しくいただき明日は早立ち早めの就寝をする。

3日目 (29日、月)串本発6:35~田並6:51~古座  *天候 晴】
コースタイム
  民宿・4:30-橋杭岩撮影ポイント・4:44~5:35-串本駅・5:47~6:35-バス停田並・6:54-04-
  有田川・8:02- 鐸信坊の道標(串本海中公園)・8:30-
  伊串漁港・11:00(昼食)- 原田小堂・12:11- 古座・12:35  
  *歩行距離 13.5km   所要時間 6時間00分  時間当たり 2.44km

歩行記録
 天然記念物である橋杭岩を近くから日の出を撮影したく4時30分には民宿をスタートし、撮影ポイントへ急ぐ橋杭岩の直ぐ近くの撮影ポイントで日の出を待つ4時50分頃から徐々に朝焼けになり5時12分に太陽が少しずつ水平線に現れ始め幻想的な様相を見ることが出来又沢山の写真撮影も出来て天候に恵まれ至福の一時だ、十分に橋杭岩の景観を堪能する。駅前近くでお弁当を購入し駅前の広場で朝食を済ます、串本から田並へバス停よりスタート、旧道へ入り古い民家の間を通り大辺路コースはいきなりの山道に入る、立絵地蔵から有田漁港を見下ろせる高場平見の展望所からは穏やかな港の風景を眺めることが出来た、有田川を目指し下る。有田川の水は綺麗にすき透り多くの魚も泳いでいる、暫くは車道歩きが続く串本の海中公園で休憩を取る、袋港までは車の多い42号線脇を進む途中にトルコのお守りのタイル張りの目玉のお守りの広場が有り、少し進むと袋港脇からくじの川コースに入る。車は時折通るだけの田んぼ道をくじの川に沿って登る辻地蔵の分岐よりJR紀伊姫へののんびりとしたコースを行く。姫の手前より展望所へ登る事に展望所からは橋杭岩を又別の角度からの眺望を見ることが出来た。鐸信坊道標地蔵から少し先の紀伊姫駅を通過42号線脇の旧道を進む伊串漁港付近の海岸で遠くに橋杭岩を眺めながら海辺でのんびりと昼食を取る、そこからは住宅地を通り原町の小堂から今回のゴール古座駅に向かう。今回の大辺路歩きの旅3日間とも天候に恵まれ又気温も上がらず快適な歩行を楽しめた。念願の橋杭岩も色々な角度から見ることが出来て堪能する。楽しい良い旅でした。               報告者  碇 強

造成地の観音さん


枯木灘 スリ(シュリ)の浜


日の出 橋杭岩