トップへ 熊野古道索引へ 第1回へ
 世界遺産 熊野古道・大辺路を歩く


第4回 古座~熊野那智大社【36.2km】
       世界遺産登録 大門坂
日 時 2013年5月25~27日(土、日、月) 集合JR新大阪駅 前7時25分
    JR新大阪発7:33→JR古座着11:10
参加者 赤木、碇(CL)、泉✕2、御旅屋、川津(SL)、木村、久保田、高橋、
      南埜、藤原、森野、 参加者12名

1日目(25日、土) 古座~田原    *天候 晴
コースタイム 
  古座・11:25-古座川町役場・11:56-虫食い岩・12:17-地蔵峠・13:02-
  佐部城跡説明板・14:38- 宿 国民宿舎あらふねリゾート着15:33   
  *歩行距離 11km、  所要時間4時間08分、 時間当たり2.66km、

歩行記録
  今回は新大阪より特急電車を利用し前回までと違い快適で早い、古座に到着直ぐに出発する大きな古座川の河口近くの古座橋を渡り橋の東側が分岐点で此処から山側のコースに入る、市街地を通りすぎ田植えが終わったばかりの田園風景の中に突然大きな穴ぼこだらけの岩山が見える近くに寄ると、国の天然記念物、高池之蟲喰巌の標識がある。見学後先を急ぐ工事現場の中を通り進むが立派な大辺路の標識は工事事務所の横に放置したままだ、地元の方もう少し古道歩きの方の身に為ってほしいと憤るが先を急ぎ急坂を上った先が地蔵峠は穏やかな表情のお地蔵さんが祭られている、小休止し古道の雰囲気が残る道を下り「いがみ滝」の脇を進み平維盛が植えた樹齢800年のムクロジの木が有る小さな集落を通り湯の谷川沿いに佐部の集落へ田園地帯を下った所に佐部城址の説明板が今日の目標地点、ここから約南へ2.5km下り今日の宿の紀伊田原の国民宿舎あらふねリゾートへ田園風景を見ながら歩き綺麗な砂浜のある海辺に出た所に在る、美しい海岸辺の国民宿舎に早めの到着、温泉や食事もビールも大満足でした。
             
2日目(26日、日)佐部城跡~湯川温泉→  *天候 晴 
コースタイム 
  国民宿舎7:45-佐部城址説明板・7:50-八郎峠登口・8:21-八郎峠・9:25-
  八郎山山頂・9:44-中里会館・11:00(昼食)-大泰寺・12:00-諏訪神社・12:24-
  市屋峠・13:00-与根河地蔵・13:22-分亀山城主墓14:55-「宿恵比寿屋」・15:04
  *歩行距離18km  所要時間7時間30分  時間当たり2.4km、  

歩行記録
 前夜フロントの方に交渉し、佐部までバスで送っていただく、おおいに助る佐部の口よりスタート八郎峠口を目指し田原川沿いに進む此の辺りにも休耕田が多く見受けられる、道標地蔵さんの脇から八郎峠へと急坂を登る65分で峠にはおふき地蔵が祭られている、峠より急坂の八郎山(249.5m)の山頂は360度見渡せる絶景ポイントだ、那智山から大雲取山方面の山々も望める、急坂の下山路の道標を確信しながら慎重に下る 子抱き地蔵分岐より川沿いの田んぼ道を進み地区の中里会館で昼食のお握りを頂き海側コースとの合流点の大泰寺を目指す、国宝薬師如来の霊場の広大な敷地の大泰寺で参拝し小休止を取る、綺麗な大和田川を渡り太田神社より少し先に市屋峠へ登口には立派な休息所やトイレがあり地元の方が休息を勧めてくれるありがたく小休止、市屋峠にもお地蔵さんを祭られている、急坂を下り与根河池へ川沿いに進み二河峠へ峠での休憩はゆかしき潟を望める所だが足元が悪く早々に下る下山路は小川と道が重なっており滑りやすい下山コースで二河川を渡れば車道歩きでゆかし潟脇を通り亀山城主の墓を確認し直ぐ先が湯川温泉の恵比寿屋さんには少し早めに到着する、早めの到着の連絡遅くお風呂はまだ準備出来ていないので、隣接の日帰り温泉のきよもん湯に急ぎ入浴する事にする、天然温泉でゆっくりと入浴が出来た、宿の恵比寿屋さんは老夫婦二人での営業、食事の準備等を急がす訳には行かないので予定の6時まで湯上りのビール等を頂き待つ事に料理は、心のこもった地元の食材を使って頂き美味しく頂きました。
                   

3日目(27日、月)湯川温泉~熊野本宮大社 *天候 晴 
コースタイム 
  湯川温泉・7:00-諏訪神社・7:10-加寿地蔵・7:32天満神社・8:06-
  那智駅・8:36 補陀洛山寺・8:45 曼荼羅の道道標・8:52-
  尼将軍供養等・9:40市野々王子・10:00多富気王子・10:42熊野那智大社・11:22-
  滝前神社12:06-(昼食)―紀伊勝浦駅14:36解散
  *歩行距離 13.5km  *所要時間  5時間06分 時間当たり2.65km

歩行記録
 古来熊野詣の方々は湯川温泉で「湯ごり」身を清め熊野詣に向かったそうで我々も故事に習い湯川を出立する近場の諏訪神社に参拝後駿田峠越えに向かう、峠には加寿地蔵が祭られている、峠よりなだらかな古道をくだり天満神社からは車道歩きで那智駅近くの熊野浜の宮王子跡から補陀洛山寺に参拝「展示している渡海船」を見学する、すぐ脇の熊野古道振分石は大辺路、伊勢路、中辺路の分岐点である。
此の分岐点より熊野那智大社へは中辺路になる、ここからは2007年3月に一度中辺路歩きで歩いたコースでもある、那智川沿いに歩き曼荼羅の道へ入る荷坂峠の尼将軍供養塔から野々市王子へ、此の辺り和歌山を襲った豪雨による爪あと随所に残っている。俗界から霊域への架け橋の振ヶ瀬橋から大門坂へと進み多富気王子からいよいよ今回の旅の目的地の熊野那智大社への参詣道を進む、参拝後に集合写真を撮り青岸渡寺から那智の滝を祭っている飛龍神社へ参拝する。紀伊勝浦駅にて解散後有志のみ勝浦の温泉に向かう無事「大辺路歩き完歩」できました。            報告者  碇 強

蟲喰巌と美女二名


湯川温泉の恵比寿屋さん


熊野那智大社に無事到着