トップへ 熊野古道索引へ 第1回へ
 世界遺産 熊野古道・中辺路を歩く


第5回 熊野那智大社から大雲取越え・小雲取越え熊野本宮大社へ
日 時 2013年9月21~23日(土、日、月) 集合JR新大阪駅 前8時20分
    JR新大阪発9:03→JR紀伊勝浦12:51
参加者 赤木、碇(CL)、御旅屋、川津(SL)、佐野、木村、久保田、高橋、豊島、
    藤原、森野、田中(一般)  参加者12名

1日目(21日、土)新大阪-那智山    *天候 晴
コースタイム
  紀伊勝浦・12:51-中ノ島・13:15-山頂・13:37-紀伊勝浦・15:06-那智山16:00 
歩行記録
 今回は格安で特急の往復座席指定、一般参加の中野氏新大阪で列車を待つ時に突然に不幸の連絡あり残念ながら引き返す、指定席は席がばらばらなので自由席に移動するJR紀伊勝浦へ、ホテル中ノ島の専用の送迎船で中ノ島ホテルへ、島の最高峰に登りしばし眺望を楽しむ下山後ホテルの大浴場で露天風呂を我々だけの貸切状態で温泉に入浴後ホテルから勝浦に船で移動しバスで那智山に向かう、途中前回歩いた那智駅からの大辺路と中辺路の分岐点から熊野古道中辺路を進み那智山終点で下車、民宿は直ぐ近く有るザックを預け那智大社と青岸渡寺に参拝する18時からの夕食はかなり豪華版だった ビール等十分に頂き早めの就寝する。   宿 民宿見滝山荘

2日目(22日、日)熊野那智大社~小口  *天候 晴 
コースタイム 2日目(22日、日)熊野那智大社~小口  *天候 晴 
  民宿7:50-熊野那智大社・8:14-高原トイレ・9:07-道標.3・9:28-道標.8・10:39-船見茶屋・10:48
  (昼食)-船見峠(▲883m)・11:24-色川辻・11:44-林道合流・12:18-
   地蔵茶屋・12:48-石倉峠・13:21-越前峠・14:00-楠の久保旅籠跡・15:24-円座石・16:00-
    登山口・16:31-(宿)小口自然の家16:42到着58分遅れ
   歩行距離 15km  所要時間 8時間28分(予定時間 7時間30分)  時間当 1.7km
歩行記録
 予定通り7:50に民宿スタート那智大滝をバックに記念写真を撮り大雲取越えは青岸渡寺の脇より急階段を登る立派な道標が500m置きに設置されている、第1番の道標を通過し那智高原の3番道標でトイレ休憩の後、山道に入る、延々と登りの階段が続く道標を確認しながら進み登立茶屋跡を通過し喘ぎながら進む道標9はスタートより約4.5km地点3時間の登り最高地点▲883m、眺望の良い船見茶屋跡の東屋で休息と少し早めの軽く昼食を取り再スタート船見峠の表示板を横手に見ながら色川辻の林道まで急坂を下る林道脇の道標八丁の掘割とある、アップダウンを繰り返しながら林道交差から道標11近くで舗装された林道に合流する、其処から地蔵茶屋跡までの間は約2kmの舗装道路の歩きとなる川を挟んで対岸にハイキング道があるが道は崩落し寸断又橋は壊れている通行は不可能な道だ、地蔵茶屋跡の東屋で休息を取り石畳の急坂を500m登った先が石倉峠、急坂のアップダウンを繰り返し▲850mの越前峠へ登る後は小口までの約800mの急坂下りは休息をとりながら進む、地蔵茶屋辺りから所々に大雲取越えに関わる歌を詠んだ立派な歌碑が道脇に設置されている古道を詠んだ歌碑や道標の数を確認しながら楠の久保旅籠跡や中根の旅籠跡・円座石等をじっくり楽しみ大雲取り登り口から川を渡った先が今回の中継地点の小口自然の家に計画より休憩時間を多く取り58分遅れの16時42分に全員余裕を持って到着し入浴後18時から夕食をいただく。

3日目(23日、月)小口自然の家~熊野本宮大社 *天候 曇り後晴
コースタイ 
  宿・6:45-小和瀬橋・6:58-小雲取越え登山口・7:06道標.30・7:12-桜茶屋跡・9:28-桜峠・8:53-
  石堂茶屋跡・9:28-百件ぐら・10:20-松畑茶屋跡・10:54道標50・11:20-熊野川を望む・11:38-
  請川・12:14-大斎原・13:00-熊野本宮大社13:15-紀伊田辺駅16:24
  歩行距離 15.2km  所要時間 6時間20分 時間当たり 2.4km 
歩行記録
 朝食6時より45分に出発は予定通り小口自然の家を曇天の中出発する、小和瀬橋の手前で小雨がぱらつき始め大粒になり傘を準備するが通り雨の様で、小雲取越えの登山口で既に雨は上がっていた石段を9分間登った所に苔むした尾切地蔵さんが祭られている此処から昨日同様に急な石段が続く登始めて約1:30で桜茶屋跡へ雲の間より一部光が差し熊野の美しい山並みを見る事が出来た、茶屋跡から桜峠までは高低差100mの急登はかなり厳しい桜峠は▲約460m地点ここまで約400mの登りであるアップダウンを繰り返し石堂茶屋跡には東屋があり休息タイムを取る少し進んだ所に賽の河原地蔵が祭られている標識は無いがこの付近が小雲取山▲450mと思われる、そこより下り林道を交差し如法山中腹の眺望の素晴しい百間ぐらで小休止「ぐら」とは高い崖の意味らしい、そこからは下りに入る、伊勢路との合流点の万才峠分岐から松畑茶屋跡を通り請川までは約4kmの下り坂を進む熊野川が見渡せる場所に差し掛かるが川はかなり濁り美しい川とは言えない光景だ、程なく請川から車道を通り熊野本宮旧社地の大斎原から大鳥居を潜り熊野本宮大社へ予定時刻に到着する無事参拝を済まし道中の無事を感謝する。本宮大社からは予約の車で渡良瀬温泉へ直行し1時間の入浴タイムの後土産を購入後JR紀伊田辺駅からは予定の特急列車に乗車する。     報告者  碇 強


那智大滝をバックに撮影後スタート


小口自然の家 玄関先 3日目スタート前


熊野古道大辺路・中辺路 1回~5回で149km無事完歩