トップへ 熊野古道索引へ 第2回へ
  石見銀山 銀の道歩き「鞆ヶ浦から鞆の浦へ」


第1回 鞆ヶ浦~石見銀山~赤名
        歩行距離 52.2km
加者: 碇CL、赤木、泉堯 泉富、久保田、高橋、豊島、森野、福家 
行程: 
5月8日(金) 夜行バスJR京都駅23:30発~出雲市駅6:35着 
5月9日(土) 出雲駅6:51→JR馬路駅8:03~鞆ヶ浦~要害山(山吹城址)~石見銀山 
        歩行距離13.5km 
5月10日(日)大森8:00~世界遺産センター~箱茂の松~やなしお道~湯抱別れ~
        やなしお坂(林道出合)~粕渕「尾道道」 
        歩行距離17.5km 
5月11日(月) 粕渕5:03~赤名12:02「尾道道」 赤名(バス)→三次(高速バス)→大阪22:17
        歩行距離21,2km 

紀行:
島根県石見銀山の銀開発は16世紀前半に遡ります。その良質の銀は世界に知られ、最盛期には銀山とその街道周辺には約20万人が暮らしたと言われています。今回の旅は銀の輸送路のうち、石見銀山(大森町仙の山)を起点に、日本海側の鞆ヶ浦港までを結んだ「鞆ヶ浦道」と、瀬戸内海側の鞆の浦港までを結んだ「尾道道」を一本につないで辿る古道歩きの1回目です。石見・出雲の風土と歴史の重さを感じつつ、全行程52.2㎞の古道歩きを満喫しました。一行は明るく賑やか女子5名とパワーあふれる男子4名の計9名、ハプニングと笑い満載の楽しい旅でした。

【1日目・2日目】金曜夜JR京都駅に集合、出雲行き夜行バスに乗る。翌早朝、電車に乗り換え無人のJR馬路(まじ)駅に降り立つと、どんより曇り空、その後天気は回復。鳴き砂で有名な琴ヶ浜を通り抜け、ひなびた漁村を過ぎ、小さな入り江に出た。石見銀山の銀鉱石を積み出した最初の港、鞆ヶ浦だ。古色蒼然とした趣。管理をしている方が説明に来てくれた。当時銀山のある大森地区には銀を精錬する技術がなく、牛馬で運ばれた銀鉱石はこの港から精錬のために博多に送られたという。大内氏支配下の戦国時代のことだ。船を係留するために岩盤をくりぬいた「鼻ぐり岩」や銀を隠した洞窟跡が当時の面影を残す。その後大森で精錬が可能になると、銀は瀬戸内側の尾道に運ばれ、鞆の浦経由で大阪に向けて積み出されることになる。今日はここから始まる「鞆ヶ浦道」を石見銀山まで歩く。碇CLが地形図に落とした赤い点線が頼りだ。とっつきは草ぼうぼうの山道、しばらく登ると琴ヶ浜の優美な湾が望めた。JRの踏切を越えてからは、蕗や三つ葉が生い茂りアザミの咲く心地よい古道もあれば、険しい山道もある。牛馬を引いた行列はこの道を通ったのか…。道はわかりにくく、国道(県道?)に出てから、道を探して行ったり来たり。目印の「祓井戸」を過ぎて、やっと口屋峠に出た。初めて遠くに三瓶山が見えた。峠を越えて昼食。シャクヤクが美しい上野集落を通る。所々新しい標識や木の階段も据えられているが、古道歩きの人には誰にも出会わない。古い塔やお地蔵様が我々一行を見守ってくれた。柑子谷に沿って下り永久鉱山跡を過ぎ、要害山の急勾配の階段を延々と上る。▲414mの頂上に広がる山吹城址に出た。ここは銀山争奪を巡る大内・尼子・毛利氏攻防の地だ。しんどい思いをして登ったかいあり眺望は抜群。日本海、三瓶山、仙の山(銀山)、下方には緑の山々に囲まれて大森の町が見える。昼寝したくなるほど気持ちいい所だが、ひと休みしてすぐ大森地区の龍源寺間歩(坑道)方面に下る。
観光客がチラホラ。ここまで来て初めて他所から来た人に会った。 この辺りに全部で600を超える間歩(坑道)が点在するという。ノミで削った跡の残る間歩を見学して当時の苛酷な労働に思いを馳せた。銀山川に沿って下り、古いたたずまいの家が並ぶ大森の町へ。丹精込めた山野草が町並みによく似合う。通りがかりの人が銀山紹介の自作DVDを下さった。この地区で一軒だけの宿に着く。この辺の店は5時閉店というので近くの食堂で早めの夕食。だが翌日の昼食が調達できず、聞けばコンビニは「車で15分」…。まあ何とかなるさ!ビールとつまみはある。日本海の馬路駅から石見銀山まで歩いた一日目、締めはやっぱりビールでした。

【3日目】朝8時大森を出発、晴れ。「尾道道」を歩く。まず五百羅漢の寺を経て世界遺産センターへ。展示を見学後、売店で昼食用に「押しずし」を買ってひと安心。中国自然歩道に入り、倒木だらけの山道やアスファルト道を行く。鯉のぼりが泳ぐ広い丘陵地帯を経て、やがて大森から美郷町へ。目印の「箱茂のお松」は枯れていたが、振り返ると石見銀山の山々が一望できた。別府公民館軒下で昼食。来た道を右に曲がり、橋を渡って「尾道道」最初の難所「やなしお道」へ。『歴史の道百選』の1つだそうで、標高およそ280mの道が約7㎞続く。慶長年間に作られた道は真砂土と粘土を塩水で突き固め、「タケノコも生えない」ほど強固だというが、四百年を経て草ぼうぼう、タケノコだらけのところもあった。両脇には木々が植えられ、十王堂跡、七本槙、ポウポウ坂、大名石…と古い言伝えの残る遺構。説明板を読んで往時を偲ぶ。時々左手に三瓶山が眺められた。山野草もいっぱい。キンラン・ギンラン、カンアオイ、花の終わったカタクリ、イカリソウ…。ゆっくり見たいが先を急ぐ。湯抱別れを過ぎ、気が付くと三瓶山がぐっと近くに見え歓声をあげた。道は林道?に合流し、尻無川沿いに粕渕の町へと下る。今日の宿は設備の整ったコテージだ。温泉につかり併設レストランで夕食。地元のどぶろくもおいしくて、宴は盛り上がる…。

【4日目】朝5時出発、今日も晴れ。粕渕の町を抜け、ゆったり流れる江の川を右手に歩く。「尾道道」はほぼJRの線路に沿って続く。皆地形図を手に、農道を通りお地蔵様に手を合わせ、民家の庭先に入り込む。今日も9人全員快調だ。馬の荷を半分にしたという難所「半駄が峡」を越えて江の川と別れ、沢谷川沿いに東に進みJR沢谷駅で休憩。駅で出会った交流センターの方が貴重な資料を下さった。少し先のセンターで待っていてくださったが、残念ながら時間がなく、手を振って挨拶のみで通り過ぎる。西の原古道は藪漕ぎを強いられ撤退、途切れ途切れの古道を歩いて九日市本陣に着いた。大森を出た銀輸送の行列の最初の宿泊地だ。一行は馬300頭と500人。近辺の農民が集められ寝ずの番をしたという。九日市を過ぎて酒谷地区の県道を上る。日が照りつける中、歩いても歩いても上り坂は続き、アスファルトの道が足にこたえる。途中湧水に癒され、出雲の国との境を越えてほっとした。古道歩きの私たちに街道沿いの人たちが声をかけてくれる。おかげで予定にない素晴らしい古道を歩くことができた。やがて赤名の町に到着、12時。靴を脱ぎ小上がりで足を投げ出して「焼きそば、から揚げ、…、ビール!」次回の旅はここから始まる。赤名からバスで三次へ。高速バスに乗り継ぎ10時過ぎに大阪帰着。小雨が降っていた。(福家)


※ 銀を積みだした最初の港 鞆ケ浦


※ 三瓶山を望む


※ 赤名に残る銀の道


※ 銀の道傍の荷置石