トップへ 熊野古道索引へ 第3回へ
  石見銀山 銀の道歩き「鞆ヶ浦から鞆の浦へ」

第2回 赤名~三次~上下
       歩行距離 約64.8km
加者:碇CL、赤木、泉堯 泉富美子、久保田、豊島、高橋、森野、福家 計9名
行程: 
:6月12日(金) 阪急バス梅田発7:30→三次着12:33→赤名 宿泊「憩いの郷衣掛」
6月13日(土) 赤名~赤名峠~下布野(道の駅) 22.3km 宿泊 君田温泉森の泉  
6月14日(日) 三次・上布野~三次~三良坂 23.5km 宿泊とみしの里「小富士荘」
6月15日(月) 三良坂~上下着12時20分 19km 上下(バス)→府中 
        高速バス府中発17:00→大阪着22:00   天候:概ね晴れ

紀行:
第2回銀の道歩きは第1回目の最終地点、島根県赤名からスタート、「尾道道」を歩き、赤名峠を越えて広島県を南下しました。少ない情報をもとに、地図に何もないところを探して歩く旅はハプニングだらけ。今回もあっちへ行ったりこっちへ来たり、地元の人に教えてもらったり、わいわい、がやがや、うろうろ。新しい発見や出会いもあり、碇さんの古道歩きならではの楽しさを満喫できました。

【1日目】
朝7時半の高速バスで三次へ。しょっぱなからワイナリーでワインの試飲。いける口のメンバーにはカップが小さすぎたけれど、赤、白、甘口・辛口と何度も回って夜用のワインを選定。皆ごきげんで赤名の宿への送迎バスに乗り込んだ。
【2日目】
朝5時出発。赤名宿は江戸時代、大森を出た銀・銅の荷の受け渡し場所として栄えたところ。銀山街道はここで出雲街道と合流する。しばらく国道54号を歩き、左に折れる。山道ばかりの鞆ヶ浦道と違い、穏やかな里山の風景を楽しむ。力比べをしたことから相撲取りの元祖と言われる野見宿祢の故郷野見野。風土記に由来する地名が残る街道を立札や標識を見ながら歩くのが楽しい。国道に戻り、赤名峠の入口へ。「尾道道」中最大の標高で難所と言われた所だ。何の鳥かピーッピーッと鳴き交う声を聞きながら林道をしばらく上り赤名峠▲630mに着いた。島根県と広島県を結ぶ旧国道の峠で、下を赤名トンネルが通っている。「日本100名峠」の1つだ。銀・銅だけでなく、日本海から三次方面への海産物の運搬道、また出雲大社参詣の峠であったという。国境を示す標柱の前で出雲人の赤木さんと広島人の碇さんが固い握手。道すがら数々のおもしろ出雲話を聞かせてくれた赤木さんから碇さんへバトンタッチだ。峠を三次方面に下っていく途中、「旧出雲街道」の標識があり、細い道が左奥に通じている。行きかけて引き返し、更に下って国道に出て少し進んだところに同じ「旧出雲街道」の標識を見つけた。あの道はここに通じていたのだ!残念だがそのまま通り過ぎて、石州瓦の民家が点在する中を国道沿いに歩く。お地蔵様までが立派な石州瓦を載せている。収穫に忙しいアスパラガス農家の前を通りがかった時には、男性が「ここを歩いていたらダメ!」と強い調子で言うのにびっくり。私たちが銀の道歩きなのを知って、昔の古道が反対側の山の中にあることを教えてくれたのだ。アスパラガスを刈る道具を振って熱心に話してくれる。通り過ぎた古道は仕方がないが、少し先にも古道が残っていると聞いて、行ってみることになった。教えられたとおり瀬戸の郵便局を山側に上がって行くが、古道の入り口が見つからない。進むべきか躊躇しているところに、向こうから軽トラックに乗ってアスパラガスの男性が。私たちのために地元の歴史資料を持って来てくれたのだ。やっと古道を見つけ山を上がって行くと右手に牧場が見え、峠を越える。その先は少々荒れた道を下り、布野川の橋を渡り、国道に戻る。布野町中村地区。アスファルト道を歩き、道の駅ゆめランド布野へ。広島で最初の食事はダチョウのサイコロステーキと惣菜バイキング。今日も送迎バスで君田温泉へ。夕食のお楽しみは地元の名物ワニの刺身、そう、「因幡の白ウサギ」でウサギがだまして皮を剥がれたというあのワニだ。かつては日本海からあの峠を越えて来たのだろう。
【3日目】
宿の送迎車で神之瀬よりスタート。早朝の空気が清々しい。広々とした風景の中、山家一里塚を過ぎて開店前の産直の店先で休憩。ゆるやかな坂を下って西城川にぶつかった。大きく曲がる川に沿って歩き、橋を渡って三次の市街地へ。ここは大森を出て尾道に向かう3泊4日の銀輸送の2泊目の宿だ。町の中心部にある「卯達のにあう町」は江戸時代に栄えた町の名残がそこここにあり、素通りできない。辻村寿三郎人形館で人形を鑑賞し大満足。でも大幅に時間オーバー。今日のお目当ては昼食代わりのモーニングサービスだが11時まで。もうあと15分しかない。若さ?を過信して迷走する女子2人を尻目に、重いザックを背に機関車のように走ったのは70代半ばの男子2人。恐れ入りました。おかげさまで560円でたっぷり、おいしい昼食にありつけた。午後は三良坂を目指して馬洗川沿いに歩くのだが、地図を見て、人に尋ねて…、さすがに疲れました。昼に少し飲んだワインのせい……かな?
【4日目】
4富士(とみし)山頂の宿を6時出発。夜露に濡れた草をかき分け林道を歩いてアスファルト道に出る。川向こうの線路を一両のみの電車が通り過ぎた。馬洗川を渡り川沿いに宿場町の面影を残す吉舎の町へ。ここから東に進んで、目印の小学校で銀山街道は南方面の「尾道道」と東方面の「笠岡道」に分かれる。8時。私たちは「笠岡道」を進み川に沿って長い道を歩いた。川の向こうを一両だけの電車が右から来て駅に止まった。今日2回目の電車か。幕府の天領として栄えた上下の町に着く。白壁の町並みを散策。バスで府中へ、高速バスで大阪へ。忘れられない旅になった。(福家)

※君田温泉でワニ料理を味わう