トップへ 熊野古道索引へ 第1回へ
 石見銀山 銀の道歩き「鞆ヶ浦から鞆の浦へ」

第3回 上下~尾道~鞆の浦
       歩行距離 約37k
参加
:碇CL、赤木、泉堯 泉富美子、久保田、豊島、高橋、森野、 計8名
行程:
7月17日(金) JR大阪発10:20→福山→上下 宿泊「矢野温泉」
7月18日(土) 矢野温泉→甲山→御調町 24km 宿泊尾道ふれあいの里 
7月19日(日) 御調町→尾道 13km 宿泊尾道グリーンヒル尾道
7月20日(月) 尾道→鞆の浦→ 高速バス福山発17:00→大阪着20:45


紀行:
第3回銀の道歩きは台風12号通過後の雨を覚悟の計画、前回の最終地点上下の矢野温泉からスタート、「笠岡道」から「尾道道」へとコースを変え広島県を南下する。地図にもないところも有り又腰から胸までの薮漕ぎや倒木等幾度も体験、なかなか進まない現地の少ないコース案内も頼りにし古道を探して歩く旅はハプニングだらけ。今回もあっちへ行ったりこっちへ来たり、親切な地元の人に教えてもらったり、わいわい、うろうろ。今回も地元の方との多くの出会いもあり台風後の炎天下や船旅、美味しい尾道地元食材の料理は最高、瀬戸内のクルージングや瀬戸内の島々の景観など等快適な旅を天気も良く無事3コース目も楽しく終えた。
【1日目】
天候曇天 9時梅田駅に集合、前日よりの台風12号の進路は四国に上陸再度岡山県倉敷に再上陸と台風情報を見ながらの計画変更、高速バスからJR在来線へキップ購入時にも在来線の山陽線が暫くすると福塩線の不通の知らせで新幹線は運行しているとの事だ福山まで新幹線に変更この間乗車券を購入に1時間も要した。福山では近場の人気の無い福山城や天守閣をゆっくりと見学し、台風後開通した1番電車で上下に向かう予約タクシーで矢野温泉へ泊り客の少ない宿でゆっくりと入浴とビールと夕食は明日への鋭気を養う。
【2日目】
天候曇りのち晴 曇天の矢野温泉を5時50分出発矢野から甲山への道は銀山街道ではない、矢野から備後三川を経て甲山宿には9:15に到着、甲山の宿は今高野山の門前町として又銀山街道の3日目の宿場として栄えた町だ、太田歴史館は生憎休館日、今高野山・瀧華寺に参拝し裏山の古城山に有る今高野山城址・三の丸跡の展望台に登る甲山の町並みや田園風景は素晴しい。少し進み近くの住人の林さんに道を尋ねた所丁寧に教えて頂く順調に進んでいる鳥越峠に差し掛かった11時30分ごろ我々を先ほどの林さん車で追っかけてくれ、地元の銀山街道の地図等の資料を全員に持参して頂く有り難い事です、林さんは世羅町教育委員会の学芸員をされておられる方でした。銀山街道を探しながら京樂古道の宇津戸に向かう近場の水田は素晴しく美しい、道脇の傍には、旅の苦労を慰めるように数多くの石仏が祀られている。箱地区での道を探すが見つからず観音寺から黒木の一里塚跡を経て宇津戸を過ぎ、尾道市に入ると銀山街道の標識が数多く設置されている地元の有志が3年ほど前から設置や管理をされているとの事だ1週間後には草刈等されるそうだが我々が通った宇根の古道はまったく踏み後もない腰や胸まで有る藪漕ぎの連続だ、公文の高台を過ぎると目指す宿舎の尾道ふれあいの里が遠くに見える畑や田んぼの中の道、往診中のお医者さんに宿に行く近道を教えてもらい、炎天下の中を進む16時16分やっと宿に到着実に10時間16分を要した予定より1時間遅れは藪漕ぎや、城址に登ったり、道を探す迷走だが大いに楽しめた12号台風通過後の天候に恵まれた1日だった、温泉に入浴後の夕食は実に美味しい生ビールで乾杯。天候曇りのち晴 曇天の矢野温泉を5時50分出発矢野から甲山への道は銀山街道ではない、矢野から備後三川を経て甲山宿には9:15に到着、甲山の宿は今高野山の門前町として又銀山街道の3日目の宿場として栄えた町だ、太田歴史館は生憎休館日、今高野山・瀧華寺に参拝し裏山の古城山に有る今高野山城址・三の丸跡の展望台に登る甲山の町並みや田園風景は素晴しい。少し進み近くの住人の林さんに道を尋ねた所丁寧に教えて頂く順調に進んでいる鳥越峠に差し掛かった11時30分ごろ我々を先ほどの林さん車で追っかけてくれ、地元の銀山街道の地図等の資料を全員に持参して頂く有り難い事です、林さんは世羅町教育委員会の学芸員をされておられる方でした。銀山街道を探しながら京樂古道の宇津戸に向かう近場の水田は素晴しく美しい、道脇の傍には、旅の苦労を慰めるように数多くの石仏が祀られている。箱地区での道を探すが見つからず観音寺から黒木の一里塚跡を経て宇津戸を過ぎ、尾道市に入ると銀山街道の標識が数多く設置されている地元の有志が3年ほど前から設置や管理をされているとの事だ1週間後には草刈等されるそうだが我々が通った宇根の古道はまったく踏み後もない腰や胸まで有る藪漕ぎの連続だ、公文の高台を過ぎると目指す宿舎の尾道ふれあいの里が遠くに見える畑や田んぼの中の道、往診中のお医者さんに宿に行く近道を教えてもらい、炎天下の中を進む16時16分やっと宿に到着実に10時間16分を要した予定より1時間遅れは藪漕ぎや、城址に登ったり、道を探す迷走だが多いに楽しめた12号台風通過後の天候に恵まれた1日だった、温泉に入浴後の夕食は実に美味しい生ビールで乾杯。
【3日目】
天候晴 ふれあいの里を8:06に出発、高台を下った市宿の町、人影は少ない江戸期には繁栄していたと思われる、立派な常夜灯や建物もある。町外れでコースを少し外れ引き返す事になる、岩室観音を過ぎてからの山道に標識は有るが倒木ありふみ跡も無い畑の古道は藪漕ぎを進み畑の峠を越え畑村の集落へ進む、国道を横切り再び槇ヶ峠への古道を登る、下った先は市原の集落立派な常夜灯のお堂で昼食を取る、この辺りのどかな田園風景だ、昼食後木庄東小学校より南のコースに入り山陽自動車道の下を通り藤井川を渡る史跡の御旅所跡から六地蔵・常夜灯へと進む13時を廻り尾道市街地に入ると日陰が無い、車道歩きとなる一里塚より番所跡を通過する、市街地の中いよいよ道は判りにくくなる尾道高校グランドより国道184線へ尾道駅まであと≒3.5kmだが体感気温どんどん上がる熱中症が心配無理せず14:00バスに乗り尾道へホテルでシャワーさっぱり爽快になりゴール予定の住吉神社から逆コース進む尾道は夏祭りの神輿行列を見、福善寺から多くの観光客とケーブルに乗り千光寺へ参拝、文学のこみちを尾道市街地へ下る、予約していた海辺の寿司屋の2階座敷で鞆ヶ浦から尾道までの銀山街道をひたすら歩き無事完歩出来た事に感謝し地元の料理とビールや地酒で祝杯を揚げる。
【4日目】
天候晴 朝食後ホテルの1階船着場より潮待の港、鞆の浦までの海上クルージング、江戸時代は尾道から大阪までは石見銀山の銀を船による輸送の海の道だ。海は波も穏やか晴天の中を1時間の快適なクルージングを楽しむ、鞆の浦へ船着場より波止場の突端に行き海上よりの観光名所の常夜灯等を見物し、ザックを預けボランテアによる1時間の街中の観光案内を受ける。裏山の医王寺へそれよりさらに583段の急な階段を登って太子殿(▲135m)に登る此処は一般の観光客は行かない瀬戸内の島々が見渡せる絶景のポイント、バスで福山へ食材等を調達し高速バスで一路大阪へ。

**今回のコース尾道市内に入り楽々かと思っていたが藪漕ぎや炎天下のアスファルト舗装歩き等大変なコースであったが参加者全員のチームワークで無事完歩し、日本海から瀬戸内海までを1本の腺でつなぐ事が出来た。

所要日数12日間、歩行日数 1回目3日間 52.2km、 2回目3日間 64.8km、3回目2日間 37km、 全行程8日間延べ歩行距離154km、 【報告 碇】

※備後の矢野温泉を出発

※銀山街道のゴール、尾道の住吉神社

※鞆ヶ浦から鞆の浦へ、銀の道歩き最終地点の鞆の浦の島々