トップへ 山行報告INDEXへ



  
  「九重山〜坊がツル・由布岳」


日程:2015年6月12日(金)〜6月15日(月)      
参加:(CL)中嶋、(SL)神田幸、(会計)村瀬、(渉外)田中久、(アシスタント)野坂、
     井畑、舛井、神田定、箕林、澤井、杉本、吉村、古川、柳瀬昌、柳瀬安、
     十河、北村、合田、加藤、長谷川
行程:
6/12(金)神戸六甲アイランド港19:50 フェリー「さんふらわあ」→
6/13(土)大分港7:20→《マイクロバス》→牧の戸峠登山口9:22→沓掛山9:55→
      扇ヶ鼻分岐10:35→西千里浜10:47→久住の分かれ11:05→
      久住山頂11:55(昼食)12:20→北千里浜13:00→ 
      法華院温泉山荘(泊)14:05→坊がツル散策16:00 
6/14(日)法華院温泉山荘7:05→分岐7:20→雨ヶ池越8:20→長者原登山口9:20→
      《マイクロバス》→由布岳登山口11:00→合野越(昼食)11:45→マタエ13:35→
      由布岳西峰13:53 / 東峰13:52→マタエ14:15→合野越15:30→
      由布岳登山口16:05→《マイクロバス》→大分港19:15→
6/15(月)神戸六甲アイランド港6:35

<一日目>
時間通り大分港に到着。フェリーでは、隣の船室には大阪の山の会の団体(約20名)が宿泊していて今日も我々と同じ法華院温泉山荘に泊まるそうだ。バスに揺られること一時間半、牧の戸峠登山口に到着すると、係員が登山届などの注意事項をマイクで流している。今日は昼過ぎから天気が崩れる、とのことで出鼻を挫かれるが、気を取り直して出発する。なかなかミヤマキリシマにお目にかかれなかったが西千里浜に着くと、星生山の頂上近くに群落を見ることができた。久住分れを過ぎ九重山の登りに差し掛かった頃、雨が降り出し急いで雨具を着ける。九重山の頂上での昼食となったが、雨の中、皆、パンやおにぎりを急いで頬張るだけで、楽しい食事にはならなかった。頂上から阿蘇の涅槃像が見られるのを楽しみにしていたが残念。またおいで、ということなのか。久住分れに戻り北千里浜に向かおうとしていた時、少し前の事故の救助のため、ヘリコプターが北千里浜に降りようとしていた。同じことにならないよう慎重に慎重に降りて行った(特に小生は)。北千里浜を過ぎ、眼下に坊ガツルが見えてきたが赤い色はまったく見えなく、法華院温泉山荘に着いた頃には、雨は本降りになった。坊ガツル散策を諦め、ビールで盛り上がっているうちに雨は上がり、女性陣から散策に行こう、との誘いがあるが、中嶋会長と桝井さんの両酒豪のみ参加で他の男性はその気配なし。桝井さんによると、空気がおいしくてとても良かったようだ。明日天気が回復することを祈って早めに床についた。(井畑秀敏)

<二日目>
出発は小雨でホッとした。しかしすぐに降ったり止んだりで足元は溶けたチョコレートみたいにドロドロで歩き方が下手な私はレインパンツの太ももまで泥だらけ。大雨だったら由布岳登山を辞めて湯布院温泉はどうかと提案があったらしく心引かれるも、絶対に由布岳登るだろうなと考えていたら長者原登山口に到着。レインパンツを水で洗い流した後マイクロバスに乗り込む。由布岳登山口では完全に雨が止んでいた。由布岳は西峰と東峰があり西は鎖場があり危険と説明があり、私は動けなくなり迷惑かけると思い東を選択した。昼食後西峰チームは早いスピードで登り、東峰チームはゆっくりと登り初めた。すれ違う人達に景色が綺麗だし登って良かったと思うから頑張ってね、後少しよと励まされたり、元気な80才台の男性に今年は槍ヶ岳行くと自慢されたりしながらマタエ到着。東西別れて登頂開始。風が強く西峰チームが帽子飛ばされても取りに行かないように命の方が大切と言われていた。途中西側を見ると岩にへばり着きながら登るのを見て震え上がった。東側はガレていましたがとても楽しく山頂へ。西峰より早くマタエに戻るとお水一口飲んだら直ぐに下山と言われ先に出発したが直ぐに西峰チームに追い抜かれた。走るようなスピードで下山する姿は西峰を登り終えた人達のプライドを感じた。ミヤマキリシマが山肌に咲いて綺麗だったのに古いカメラが充電切れの無惨な表示が出たので、防水軽量コンパクトで画質が良く、使いやすい新しいカメラが欲しいと思った。今回九州登山企画委員会メンバーが企画から宿を取るために三時間電話繋がるまでかけ続けたり、道中の手続きや行程管理、誰よりも先に行動しまとめて下さったお陰で楽しい思い出が沢山出来ました。有難うございます。(合田弓美)



●お目当てのミヤマキリシマ



●久住山頂上の皆さん1



●久住山頂上の皆さん2



●由布岳東峰の皆さん



●由布岳西峯の皆さん