トップへ 山行報告INDEXへ



屋久島 宮之浦岳

A班 野坂 奈美  

 

【メンバー】 田中()C/L)、野坂(S/L)、中嶋

【行程】

    717日(金)… 1100白谷雲水峡入口〜1240辻峠〜1250太鼓岩〜1340白谷小屋〜
                 15
05二代大杉〜1540白谷雲水峡入口

    718日(土)… 500民宿あんぼう〜(タクシー)〜600淀川登山口〜645淀川小屋〜
                 8
10小花之江河〜822花之江河〜844黒味岳分岐〜910投石平〜
          
1050栗生岳〜1107宮之浦岳〜昼休憩〜1209焼野三叉路〜
          
13412展望台〜1430新高塚小屋

    719日(日)… 545新高塚小屋〜645高塚小屋〜715縄文杉〜800ウィルソン株〜
          
1005楠川分かれ〜1125荒川登山口

 

 7/17朝の飛行機で出発を予定していたが、台風11号が直撃する予報だったため、急遽16日午後の飛行機で出発。鹿児島に1泊し、7/17AMに屋久島に移動できたため、白谷雲水峡を観光することにした。天気は快晴。苔に覆われた一面緑の世界、大きな大きな樹。緑の色が濃い。太鼓岩からは宮之浦岳が一望でき、もののけ姫の森を堪能した。

 翌日は生憎の雨。屋久島の天気予報はころころ変わる。淀川登山口からは霧状の雨にずっと降られた。予定していた黒味岳もパスして宮之浦岳を目指す。季節的に花はなかったが、たまに現れるヤクシカ・ヤクザルに癒される。たまにロープはあるものの特に難所はなく山頂へ。ここでお昼をとっているとガスが少し晴れてきました。チラリと見えた海、絶景。下山し始めると天気はさらに快方へ。緑色のなだらかな稜線にぽつぽつと奇岩。振り返ってみた山頂もイイ!ルンルンで新高塚小屋へ。着いたころにはまた雨・・。小屋の中は人数少な目でゆったりと過ごせました。

 一晩中降り続いた雨はやまず、雨の中スタート。下山は渡渉のある白谷雲水峡から荒川登山口に変更することに。縄文杉は独り占めできたが、ウィルソン株あたりから人が増え始め、すれ違いに時間がかかる。樹林帯なのにカッパがしっとり。トロッコ道は川のようになり、靴はびちょびちょ・・。なかなかに大変な道のりでした。

田中(久)

台風接近のため予定前倒しで神戸を飛び立ち、着いた鹿児島は快晴。柳川氷室でカキ氷を食べ、天文館で焼酎の飲み比べ。宮之浦岳縦走は、ロングコースに不安を隠せなかったが、ユンケルでなんとか乗り切った。台風のせいか人が少なく歩きやすかった。訓練不足で遅れを取りまくりしんどかったけど、憧れの屋久島を歩いているという感動で最後まで歩き通せた。トビウオの姿揚げ・屋久杉ジェラートなど屋久島グルメも堪能。遠くてなかなか行けなかった屋久島でしたが、今回無事に日程を終える事が出来てメンバーに感謝です。

中嶋

20107月に最北端の北海道の利尻岳に登って早や5年が経ち、最南端の宮之浦岳に思いが馳せる。今年に入って田中()に相談したところ屋久島行きが決定した。6月に入って心強い助っ人の野坂さんが参加表明され3人で行くことになりました。宮之浦岳の頂上からの展望はすばらしく、緑のじゅうたんや白く輝く岩肌を堪能することができました。霧雨の中にそびえ立つ「縄文杉」の前は私達だけ…思いのポーズで記念写真…なんと贅沢なことでしょう。もともと屋久島は雨が多いところ、雨は想定内であったものの台風は想定外でしたが、すべて予定通りの山行が出来て本当にラッキーでした。いろんな屋久島を堪能できて本当にすばらしい山行でした。

〜太鼓岩にて宮之浦岳をバックに〜