山行報告・南アルプス トップへ

B班・山行企画部コラボ山行 

                            編笠山・権現岳

・日時:109日(金)夜〜11日(日)


・コース:9日東梅田2200発近鉄バス(甲府行)ー中央道小淵沢10545ー(タクシー約     20分)−観音平(朝食)645〜押手川分岐〜編笠山1020〜青年小屋1105(     昼食等)1150〜権現山山頂1335〜青年小屋着1530 11日青年小屋635〜     押手川分岐〜観音平930〜八ヶ岳横断歩道〜JR甲斐小泉1110解散 


・参加者:
CL佐野SL吉田、赤木、有森、泉、川戸、杉本、箕林、吉岡、
        福家、計10


・報告・感想:9日夜東梅田に集合した小屋泊8名、テント泊2名の計10名。当初の計画は編笠山〜青年小屋〜権現岳〜三ツ頭〜天女山でしたが、CL佐野さんから山行二日目天気が崩れるため、予定を変更して一日目編笠山〜青年小屋〜権現岳ピストン、二日目は直接甲斐小泉に下山と告げられ、明日は青年小屋までと軽く考えていた私はドッキリ。権現岳〜赤岳縦走予定の2名も縦走を取りやめ全員同一コースをとることになりました。10日朝タクシーを降りて観音平駐車場から編笠山に向けて出発。天気は快晴。トリカブトが咲き、ドウダンツツジ、ナナカマド…、木々の紅葉も始まる中をごろごろ岩の登りが続きます。最後は直登してパッと視界が広がり編笠山頂上▲2415m。東に富士山がくっきり、目の前に北岳はじめ南アルプスの山々、そして御岳、乗鞍、北アルプス…。久しぶりのアルプス♪長いブランクを取り戻した気がしました。下りは火山岩を踏み越えて青年小屋へ。荷物を置き軽装で権現岳に向け出発です。てっぺんに尖った岩が並んで見えるのが権現岳。ノロシバを過ぎると鎖場が始まり気が抜けません。目の前に赤岳の急峻な山容が迫り、ホシガラスがすぐ近くまで飛んできたのに写真を撮る余裕もない。権現岳頂上▲2715mは狭く切り立っていて、高所恐怖の私は岩にへばりつくのみです。下りは鎖場が長く感じられました。足ガクガクで青年小屋に到着。気を取り直して「乙女の水」を汲みに行きました。おいしい水、お勧めですよ!小屋泊女子は談話室でこの水を沸かしたコーヒーを囲み、夕飯までのひとときを楽しみました。青年小屋は心づくしの食事といいスタッフの何気ない心配りといい、居心地のよい小屋でした。夜半に雨の音で目覚め、佐野CLの好判断に感謝。小屋で朝食を取り、小雨の中、紅葉の美しい樹林帯を甲斐小泉に下り解散。大泉のパノラマ温泉組、帰阪組等それぞれ帰途につきました。(福家) 

  

◆「晴れのち雨 雨もまた良し 秋の山」

―久しぶりのテントで重たかったです。(杉本徹次郎…初参加)